オリンピック・パラリンピック

前回の東京オリンピックは、1964年という高度成長期の入り口、日本が戦後の復興から経済大国への道を歩み始めるタイミングで開催されました。今回、東京での開催が決定した、東京2020オリンピック・パラリンピックについて、ニッセイ基礎研究所では、オリンピック憲章に明記されている「スポーツを文化と教育と融合させる」というように、経済だけでなく芸術や文化など様々な視点で考察したレポートを提供していきます。

年で絞り込む

2016年08月25日

東京オリンピック2020への期待 -「五輪メダル」よもやま話(その3)

53687_ext_03_0_S.jpg

日本時間の8月22日に閉幕したリオ五輪2016では、日本は史上最多となる金12、銀8、銅21の合計41個のメダルを獲得した。オリンピックは個人または団体に...

続きを読む

土堤内 昭雄
2016年08月24日

メダリストが魅せる“ガッツポーズ”-「五輪メダル」よもやま話(その2)

53685_ext_03_0_S.jpg

リオデジャネイロオリンピックが8月22日(日本時間)に閉幕した。日本は史上最多となる41個のメダル(金12、銀8、銅21)を獲得した。柔道も過去最多12個...

続きを読む

土堤内 昭雄
2016年08月22日

東京の都市力2020年の展望と課題【再掲】

53669_ext_03_0_S.jpg

東京はどう変わるか、主要都市における都市の力、2020年東京五輪開催によるランクアップシミュレーション、東京五輪2020の経済波及効果、東京の都市構造の組...

続きを読む

2016年08月16日

民泊の完全解禁によるホテル市場への影響~宿泊施設の供給過剰は起こるのか?

53631_ext_03_0_S.jpg

民泊ビジネスが活況を呈しています。5月19日の「規制改革に関する第4次答申」、6月2日の「日本再興戦略2016」そして6月20日の「「民泊サービス」のあり...

続きを読む

竹内 一雅
2016年07月25日

スポーツのサーブ権交代のルールは勝敗にどう影響しているのか-各種球技のサーブ権のルールの意味合いを知れば、オリンピックをより楽しめるかも-

53454_ext_03_0_S.jpg

いよいよ8月5日から、ブラジルでリオ・オリンピックが開催される。ブラジルは、現在、政治が混乱し、経済が低迷していることに加えて、ジカ熱の感染拡大や豚インフ...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2016年07月12日

急増する訪日外国人のホテル需要と消費支出-2014年の訪日外国人旅行者数は前年比+29%増、外国人延べ宿泊者数は同+34%増、消費額は同+43%増で2兆円を突破

訪日外国人旅行者数の急増に伴い、ホテルや消費における外国人の存在感が高まっている。2014年の訪日外国人旅行者数は前年比+29.4%の増加で、国内ホテルの...

続きを読む

竹内 一雅
2016年07月11日

ロンドン2012大会 文化オリンピアードを支えた3つのマーク

53352_ext_03_0_S.jpg

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)が4年後に迫る中、懸案だったエンブレム(以下、東京2020大会エンブレム)は去る...

続きを読む

吉本 光宏

吉本 光宏

社会研究部

2016年07月05日

地域アーツカウンシル-その現状と展望

本稿は2015年5月に「基礎研レポート」に発表したものである。その後、地域アーツカウンシルに関して、文化庁は「平成28年度文化芸術振興費補助金」の「文化芸...

続きを読む

吉本 光宏

吉本 光宏

社会研究部

2015年12月22日

民泊トラブルの増加と規制の動き

51563_ext_03_0_S.jpg

今年の夏頃から、個人の住宅やマンションの空き部屋に有料で宿泊者を受け入れる「民泊」に関するトラブルが大きく報道されるようになっています。高級タワーマンショ...

続きを読む

竹内 一雅
2015年12月15日

東京五輪にみるパラダイムシフト-「成熟社会」へのマイルストーン

51556_ext_03_0_S.jpg

ブラジル・リオの五輪開催が来年8月に迫り、2020年東京五輪も徐々に現実味を帯びてきている。一方、2017年9月に開催地が決定される2024年五輪の候補都...

続きを読む

土堤内 昭雄
2015年10月09日

中期経済見通し(2015~2025年度)

【要旨】世界経済は新興国を中心に減速している。世界経済に占める新興国の割合(ドルベース)は上昇を続けてきたが、2015年は景気減速とドル高の影響から低下す...

続きを読む

経済研究部
2015年05月29日

地域アーツカウンシル――その現状と展望

■要旨文化政策の分野でアーツカウンシルへの関心が高まっている。5月22日に閣議決定された「文化芸術の振興に関する基本的な方針(第4次)」では、「日本版アー...

続きを読む

吉本 光宏

吉本 光宏

社会研究部

2015年03月17日

海外資金の国内不動産取得動向・2014年~投資市場の活況がリーマンショック前のピークに迫る~

■要旨2014年の国内不動産取引は非常に活発であった。J-REITによる物件取得が目立った2013年に対し、2014年は仲介会社による媒介や入札などの開か...

続きを読む

増宮 守
2015年02月03日

変貌するロンドンの不動産投資・開発状況

■要旨2012年に夏季オリンピックを終えたロンドン市街では、金融危機後に着工した大型不動産開発が相次いで竣工している。今後も複数の大型プロジェクトが竣工す...

続きを読む

加藤 えり子
2015年01月29日

景況感はさらに改善するも海外要因を注視~不動産価格のピークは2017年までが大勢~第11回不動産市況アンケート結果

<要旨>第11回不動産市況アンケート(年1回、実務家・専門家対象)において、現在の不動産投資市場全体(物件売買、新規開発、ファンド組成)の景況...

続きを読む

増宮 守
2014年10月16日

中期経済見通し(2014~2024年度)~需要不足と供給力低下に直面する世界経済

世界経済は回復基調が続いているが、そのペースは依然として緩慢なものにとどまっており、主要先進国のGDPギャップはリーマン・ショック以降、ほぼ一貫してマイナ...

続きを読む

経済研究部
2014年06月23日

「観光立国」目指す“おもてなし”-異文化理解から始めよう!

2013年の訪日外客数は1,036万人と初めて一千万人を突破した*。そのうち観光客796万人、商用客146万人だ。国籍別では、韓国246万人、台湾221万...

続きを読む

土堤内 昭雄
2014年06月11日

北京のオフィス市場~アジア最大の賃料上昇を経て供給増加局面へ~

<要旨>中国の首都である北京は、かつては上海に比べ経済的発展が遅れていたものの、2008年のオリンピック開催などを経て著しい経済成長を遂げた。...

続きを読む

増宮 守
2014年03月17日

“都市景観”というオリンピック・レガシーの創造-東京五輪2020の都市像(その3)

近年の五輪開催にあたり重視されるのが、オリンピック・レガシーである。オリンピック・レガシーとは、五輪開催都市や開催国が長期にわたり継承・享受できるオリンピ...

続きを読む

土堤内 昭雄
2014年03月14日

女子はそんなに強いのか?-近年2回のオリンピックを比較して感じること

気がつけば、もう3月半ば。昔から1月は行く、2月は逃げると言うが、今年の2月はソチオリンピックがあったこともあり、特に逃げ足が早かったように思う。ソチオリ...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

レポート

アクセスランキング

オリンピック・パラリンピックのレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

オリンピック・パラリンピックのレポート Topへ