2020年08月13日

スマホ時代の動画視聴の3つの特徴-好きなときに、好きなモノを、好きなように-

生活研究部 研究員   廣瀨 涼

Z世代 若年層市場・マーケット などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

「令和元年度情報通信白書」によると、個人の「スマートフォン」の保有者の割合が64.7%であった。また、参考値ではあるがNTTドコモ モバイル社会研究所の「一般向けモバイル動向調査」によるとスマートフォンの年代別保有率では男性15歳~49歳、女性15歳~49歳が9割を超え、特に女性20~24歳は100%であったなど、スマートフォンは我々の生活に密接な機器となった。15歳から59歳の男女(n=2,712)を対象としたMMD研究所の「2019年版:スマートフォン利用者実態調査」では一日の利用時間は全体で「2時間以上3時間未満」が21.8%と最も多く、次いで「1時間以上2時間未満」が16.9%だった一方で10代では「3時間以上4時間未満」が最も高く、特に10代の女性では「10時間以上」と回答した割合が1割を超えるなど、若者の利用時間が長い。

■目次

1――はじめに
2――スマートフォンと動画
3――スマホ時代の動画視聴における3つの特徴
  -「好きな時に」、「好きな物を」、「好きなように」
4――「好きなように」がもたらす懸念
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
61776_ext_01_0.jpeg

生活研究部   研究員

廣瀨 涼 (ひろせ りょう)

研究・専門分野
消費文化、マーケティング、ブランド論、サブカルチャー、テーマパーク、ノスタルジア

アクセスランキング

レポート紹介

【スマホ時代の動画視聴の3つの特徴-好きなときに、好きなモノを、好きなように-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

スマホ時代の動画視聴の3つの特徴-好きなときに、好きなモノを、好きなように-のレポート Topへ