2017年10月13日

医療費支出の概要~男女差に着目して

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   村松 容子

医療保険制度 医療・介護制度改革 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

医療の高度化や寿命の延伸等によって、医療費は毎年およそ1兆円ずつ増加しており、2015年度には42兆3,644億円となった。2016年度の医療費は、14年ぶりに減少に転じる見込みであるが、これは高額医薬品の価格引き下げによる一時的なものであり、今後も医療費が増加基調であることに変わりはない。

国民一人ひとりの生涯医療費も増加しており、2015年度は、男性でおよそ2,580万円、女性でおよそ2,820万円だったと女性が多かった。

本稿では、国全体の医療費支出動向、および、男女差に着目しながら個人の医療費支出動向を紹介する。

■目次

1――はじめに ~2015年度国民医療費は42兆円3,644億円
2――国全体の医療費支出の動向
  1|国民医療費の範囲
  2|医療費支出動向
3――個人の医療費支出の動向
  1|70歳以上で生涯医療費のおよそ半分
  2|生涯医療費も増加
4――おわりに
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
54_ext_01_0.jpg

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

村松 容子 (むらまつ ようこ)

研究・専門分野
健康・医療

レポート

アクセスランキング

【医療費支出の概要~男女差に着目して】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

医療費支出の概要~男女差に着目してのレポート Topへ