2017年08月15日

医療機器の生産・出荷と輸出入-医療機器の輸入超過は、どの程度進んでいるか?

保険研究部 上席研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   篠原 拓也

医療保険制度 保険会社経営 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

日本の成長戦略の重要な分野として、医療機器の製造が挙げられる。医療機器には、コンピューターや、高度な精密機械技術を要するものがある。また、体内組織を代替する人工物の製造には、素材・材料技術が活用されている。医療機器の製造には、これらの技術力を生かすことができる。

今後、日本をはじめ、各国で高齢化が進み、医療の需要は高まることが必至である。それに伴い、医療機器のニーズは、量と質の両面で、高まっていくこととなろう。

本稿では、医療機器について、生産と輸出入の動向を概観する。そして、日本の医療機器開発の強みや課題を見ていくこととしたい。

■目次

1――はじめに
2――医療機器の生産・出荷と輸出入の概要
3――医療機器の種類別の状況
  1|国内向け出荷では、処置用機器が大きく伸びている
  2|輸出では、医用検体検査機器が大きく伸びている
  3|生産では、処置用機器が最大の金額となっている
  4|輸入では、生体機能補助・代行機器が首位となっている
4――医療機器の種類別の輸出入の超過状況
5――おわりに (私見)
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
30_ext_01_0.jpg

保険研究部   上席研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

篠原 拓也 (しのはら たくや)

研究・専門分野
保険商品、保険計理

レポート

アクセスランキング

【医療機器の生産・出荷と輸出入-医療機器の輸入超過は、どの程度進んでいるか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

医療機器の生産・出荷と輸出入-医療機器の輸入超過は、どの程度進んでいるか?のレポート Topへ