「市民社会・NPO」分野の受託調査実績

代表者 タイトル

2009年度

吉本 光宏

文化・芸術による地域政策に関する調査研究
アーティストを学校や福祉施設などに派遣してワークショップ型の事業を行うアウトリーチは、全国各地で定着している。本調査研究では、それらが教育や福祉、地域づくり等の分野で効果を発揮していることに着目し、児童・生徒や教師へのアンケート調査、国内外の参考事例調査などを行い、教育や福祉等との連携を視野に入れたこれからのアウトリーチの戦略や展開方法、今後の方向性を検討・提示した。

※ 報告書を公開しています。

財団法人地域創造

2008年度

土堤内 昭雄

「公園」を舞台とした地域再生

(財)東京市町村自治調査会

2007年度

土堤内 昭雄

地域力の向上に関する基礎調査

東京都市長会

2004年度

吉本 光宏

芸術文化の中間支援組織に関する調査研究
今後、我が国の芸術文化振興においては、国や地方自治体、民間企業メセナといった、従来の文化政策の中核機関に加え、NPOなどを含めた中間支援組織が重要な役割を担うものと考えられる。本調査研究では、米国事例を中心に芸術文化のインターミディアリ機関に関する事例調査を行い、目的や事業内容、組織、収支などを分析・整理した。

※ 報告書を公開しています。

静岡県

2003年度

土堤内 昭雄

高齢者生活支援型ビジネスモデル構築事業
川崎市における高齢者の生活支援ビジネスの可能性を探り、既存企業や商店街等との連携による事業環境整備とその実現化に向け、地元事業者等からなるワークショップを重ねるとともに、地域のNPO等の事業者へのヒアリングを実施し、具体策を検討した。

川崎市

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る