書籍詳細

  • SETOUCHI TRIENNALE 2016―瀬戸内国際芸術祭2016
    SETOUCHI TRIENNALE 2016―瀬戸内国際芸術祭2016
    著者:
    瀬戸内国際芸術祭実行委員会 (監)/北川 フラム (監)
    出版社:
    現代企画室
    発行年月:
    2017年7月
    定価:
    ¥3,000(税抜き)
    研究員:
    吉本 光宏 社会研究部
     

    ※当研究所の吉本光宏が「瀬戸内の島々に広がる未来への希望―Hope for the Future is Spreading through the Islands of Seto Inland Sea」を寄稿。

    「瀬戸内国際芸術祭2016」は、「海の復権」をテーマに、瀬戸内海の12の島々と2つの港周辺を舞台に、会期を春、夏、秋の3つに分けて、2016年3月20日から計108日間開催しました。
    「瀬戸内国際芸術祭2016」は、魅力ある作品・イベントの展開に加え、「海でつながるアジア・世界との交流」、「瀬戸内 の『食』を味わう食プロジェクト」、獅子舞や盆栽など地域文化の独自性の発信にも力を入れた芸術祭でした。
    「瀬戸内国際芸術祭2016」は、春、夏、秋の3会期合わせて100万人を超える来場者数を記録。本書は、新たな段階に入った「瀬戸内国際芸術祭2016」の全作品&イベントを収録した公式記録集です。

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る