書籍詳細

  • 叢書・働くということ 第7巻 女性の働きかた
    叢書・働くということ 第7巻 女性の働きかた
    著者:
    武石 恵美子(編著)
    出版社:
    ミネルヴァ書房
    発行年月:
    2009年6月
    定価:
    ¥3,675
    研究員:
    松浦 民恵 生活研究部

    ※当研究所松浦民恵が、第7章「派遣という働き方と女性のキャリア形成」を執筆。


      「女性が働く社会」を展望する 社会システム、雇用制度、個人の意識…… 女性が活躍する社会に向け、働き方の変革を提言 働くことを希望する女性が、職業を通じて能力を発揮し、充実した人生を送るためには何が必要か。働く女性をめぐる現状、企業や社会の受け止め方、働き方の変革の状況など、多様な視点から実証的に明らかにする。

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る