伊藤 さゆり

経済研究部 上席研究員

伊藤 さゆり(いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

著書

  • EUは危機を超えられるか―統合と分裂の相克
    EUは危機を超えられるか―統合と分裂の相克
    著書:
    岡部 直明(編著)/EU研究会(著)
    出版社:
    NTT出版
    発行年月:
    2016年10月
    定価:
    ¥2,400(税抜き)

    ※当研究所、伊藤さゆりが第2部 第10章「雇用の構造不安は解消するか」を執筆。


    今、EU問題で考えるべきことは何か?

    英国のEU離脱後、分裂の危機を深めるEU。ユーロ危機、難民問題など様々な問題にどう対処していくのか。大戦の反省を踏まえて出発したEUという壮大な試みの前途を予測するべく、EU問題のエキスパートが総結集して徹底的に分析する。

  • EU分裂と世界経済危機―イギリス離脱は何をもたらすか
    EU分裂と世界経済危機―イギリス離脱は何をもたらすか
    著書:
    伊藤 さゆり(著)
    出版社:
    NHK出版
    発行年月:
    2016年10月
    定価:
    ¥740(税抜き)

    ※当研究所、伊藤さゆりが執筆。



    分裂へと向かうEUが、世界経済に与える影響とは? いま知りたい疑問に答える!
    英国民が「EU離脱」の道を選択すると、市場はパニック状態へと陥った。先行き不透明な状況はいまだ変わらず、他方で世界経済は金融緩和と規制強化によるリスクを抱えている。EUはこのまま分裂してしまうのか? 今後、リーマン・ショックのような危機は再来するのか? 欧州経済に通じる専門家が、EUで顕在化した危機の深層と世界経済のこれからを見通す。

  • シリーズ・現代の世界経済3 現代ヨーロッパ経済論
    シリーズ・現代の世界経済3 現代ヨーロッパ経済論
    著書:
    久保 広正/田中 友義(編著)
    出版社:
    ミネルヴァ書房
    発行年月:
    2011年4月
    定価:
    ¥3,360

    ※当研究所、伊藤さゆりが第II部第6章『 EUの雇用戦略 』を執筆。


      世界に大きな影響を与えるヨーロッパ経済の中で、拡大と深化を続けるEU。世界経済の動向をつかむためには、ヨーロッパ経済の歩みと将来を学ばなければならない。

      本書は、地域統合までのプロセス、通貨統合、社会保障と雇用問題、環境政策、中・東諸国やアジアとの関係など、激変するEUの最新経済動向を多くの側面から解説し、あわせてヨーロッパ経済の先行きや直面する課題とその処方箋を分析する。リーマン・ショックによる世界金融危機やギリシャ財政危機を乗り越え、確かな統合へと向かう道を探る入門書。

  • 現代の金融 -世界の中の日本
    現代の金融 -世界の中の日本
    著書:
    藤原 洋二(編)
    出版社:
    昭和堂
    発行年月:
    2009年5月
    定価:
    ¥2,730


    ※ 当研究所伊藤さゆりが、第6章・1節「アメリカの金融事情」、2節「ヨーロッパの金融事情」を執筆。


     最初に金融理論の仕組みや基礎概念などを詳述したあと、現代日本の金融構造とその歴史的経緯を概観し、後半では国際金融を扱う。とくに「国際金融事情」についてもアメリカ・ヨーロッパ・アジアを中心にして、広い視野にたって金融現象など、最新のトピックスも交えてわかりやすく説明。ビジネスマンや学生に最適のテキスト。

  • 新版 金融入門
    新版 金融入門
    著書:
    藤原 洋二(編集)
    出版社:
    昭和堂
    発行年月:
    2003年6月
    定価:
    ¥2,730


    ※ 当研究所伊藤さゆりが、部分執筆。


    金融の基礎理論から、金融システムの国際比較、現代の問題まで幅広く取り上げ解説。

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る