櫨(はじ) 浩一

経済研究部 専務理事 東京工業大学大学院社会理工学研究科特任教授

櫨(はじ) 浩一(はじ こういち)

研究・専門分野
マクロ経済・経済政策

著書

  • 日本経済の呪縛―日本を惑わす金融資産という幻想
    日本経済の呪縛―日本を惑わす金融資産という幻想
    著書:
    櫨(はじ) 浩一(著)
    出版社:
    東洋経済新報社
    発行年月:
    2014年3月
    定価:
    ¥1,728

    ※当研究所、櫨(はじ)浩一が執筆。


      なぜ世界一の金持ち国で大停滞が起こってしまったのか?「動学マクロ経済学」の立場から、日本経済の「失われた20年」を分析。

  • 貯蓄率ゼロ経済―円安・インフレ・高金利時代がやってくる―
    貯蓄率ゼロ経済―円安・インフレ・高金利時代がやってくる―
    著書:
    櫨(はじ) 浩一(著)
    出版社:
    日本経済新聞出版社
    発行年月:
    2011年10月
    定価:
    ¥950

    ※当研究所、櫨(はじ)浩一が執筆。


      貯蓄率は高齢化の経済への影響を映し出す鏡だ。2020年には日本の貯蓄率はゼロとなる。その時、日本経済に何が起こるのか? 「貯蓄」という新鮮な視点から日本経済の長期的な構造変化を跡づけ、未来を描き出す!。


      単行本刊行後5年間で高齢化は着実に進んでいる。文庫版のための章を新たに追加し、世界的な金融危機などによる変動の陰に隠れて見えにくくなっている人口構造の変化の影響を解説します。

  • 日本経済が何をやってもダメな本当の理由
    日本経済が何をやってもダメな本当の理由
    著書:
    櫨(はじ) 浩一(著)
    出版社:
    日本経済新聞出版社
    発行年月:
    2011年6月
    定価:
    ¥1,995

    ※当研究所、櫨(はじ)浩一が執筆。


      はるか昔に先進工業国になったのに、貧しかった時代の生産優先の発想から脱却できない日本。供給力ではなく消費の不足こそが長期低迷の原因だ! 日本経済の呪縛を糾し、真の豊かさ実現への道を示す。



      この20年余、日本経済が何をやっても浮上できないのは、そもそも我々の考え方が間違っているからではないのか――。日本経済をめぐる様々な議論の誤りを明快に指摘する、目から鱗の日本経済論です!

  • 変貌する投資環境と年金資産運用
    変貌する投資環境と年金資産運用
    著書:
    財団法人年金シニアプラン総合研究機構(編)
    出版社:
    財団法人年金シニアプラン総合研究機構
    発行年月:
    2010年7月
    定価:
    ¥2,310

    ※当研究所、櫨(はじ)浩一が第1部第1章『世界的金融危機と今後の投資環境』を執筆。


      投資環境の激変に対して、わが国を代表する各分野の専門家の様々な角度からの分析と示唆に富む意見等を取りまとめた【第1部 投資環境の大幅な変動の要因とその影響に関する研究会】と、財団法人年金シニアプラン総合研究機構の研究を基礎に、年金資産運用における考え方を体系的な解説書として編集した【第2部 年金資産運用とリスク管理】からなる年金資産運用の実践書。

  • 日本経済の構造変化と景気回復
    日本経済の構造変化と景気回復
    著書:
    樋口 美雄/財務省財務総合政策研究所(編著)
    出版社:
    日本評論社
    発行年月:
    2009年12月
    定価:
    ¥3,990

    ※当研究所、櫨(はじ)浩一が第5章『【消費】消費者行動の変化』を執筆。


      日本経済の回復を着実なものとするために何が求められるのか―。日本の構造変化と諸問題を多面的な観点から明示し、わが国が進むべき道を考察する。

  • 現代経済学の潮流2008
    現代経済学の潮流2008
    著書:
    浅子 和美/池田 新介/市村 英彦/伊藤 秀史(編)
    出版社:
    東洋経済新報社
    発行年月:
    2008年8月
    定価:
    ¥2,520

    ※当研究所、櫨(はじ)浩一が第6章『経済学教育と社会』を担当。


      日本経済学会の日本語版機関誌。会長講演、石川賞講演、大会特別報告をもとにした論文5本に加えて、経済学教育、格差と貧困をテーマとしたパネル・ディスカッションを収録。

  • 人口減少社会の家族と地域-ワークライフバランス社会の実現のために
    人口減少社会の家族と地域-ワークライフバランス社会の実現のために
    著書:
    樋口 美雄/財務省財務総合政策研究所(編著)
    出版社:
    日本評論社
    発行年月:
    2008年2月
    定価:
    ¥4,725

    ※当研究所、櫨(はじ)浩一が第2部・第4章『家族形態による家族経済の分析』を執筆。


      社会環境が変化していくなかでワークライフバランスの実現は必須である。先進各国の取組を参考に日本の取るべき方策を検討する。

  • プロ人材になる 5つの仕事力
    プロ人材になる 5つの仕事力
    著書:
    大前研一/田坂広志/畑村洋太郎/和田秀樹 ほか(著)
    出版社:
    プレジデント社
    発行年月:
    2007年12月
    定価:
    ¥1,000

    ※当研究所、櫨(はじ)浩一がセミナーIII:「先見力」でビジネスチャンスをつかむ『「四つの波」で景気の読み方を知る』を執筆。


      発想力、情報力、先見力、知力、そして人間力…第一級の講師が、できる人材、オンリーワンの人材に変身する「必須スキル」を伝授。

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る