加藤 えり子

金融研究部 不動産運用調査室長

加藤 えり子(かとう えりこ)

研究・専門分野
不動産市場・投資分析

加藤 えり子のレポート

2016年11月29日

転換期を迎えた世界の不動産投資市場


2007年から2008年に起こった世界金融危機(Global Financial Crisis、以下GFC)の後、各国で金融緩和政策がとられたことにより、投資...

続きを見る

2016年09月30日

不動産アウトバウンド投資は浸透するか~国内機関投資家の取り組み状況~

53977_ext_03_0_S.jpg

世界の不動産市場でリーマンショック後の回復が始まりつつあった2011年に、国内企業年金や金融法人で投資を担当する方々を集めたイベントで、海外不動産投資につ...

続きを見る

2016年06月07日

オフィス賃料は再上昇、訪日外客数増はホテル市場に加え地価を牽引-不動産クォータリー・レビュー2016年第1四半期

2016年3月の日銀短観は、業況判断指数(DI)が、大企業製造業・非製造業ともに低下したが、マイナス金利が追い風となる傾向がある不動産業はわずかに上昇した...

続きを見る

2016年05月10日

オフィス賃料は再上昇、訪日外客数増はホテル市場に加え地価を牽引-不動産クォータリー・レビュー2016年第1四半期


2015年度の実質GDP成長率は、民間消費がふるわず0.7%に留まった。全国の住宅着工は駆け込み需要の反動減からは回復した模様だが、首都圏の分譲マンション...

続きを見る

2016年04月04日

増えつつあるクリエイティブ・オフィス-生産性向上につながるオフィス空間の検討

52617_ext_03_0_S.jpg

東京の大規模ビルは、2015年を通して長期平均程度の新規供給があったものの、順調にリーシングが進み空室率は低位に推移した。同程度の供給を予定している16年...

続きを見る

2016年02月29日

投資運用対象としての米国不動産-投資対象都市の検討


近年、国内においても不動産投資に精通した機関投資家を中心に、海外不動産への投資が増えつつある。その投資対象の多くは安定的な賃料を収益の源泉とした稼動不動産...

続きを見る

2015年12月21日

先端技術企業が牽引するサンフランシスコのオフィス市場


金融危機後の2009年から2010年にかけて、米国各主要都市のほとんどでオフィス賃料が底となった。その後の回復過程において、最も賃料上昇が著しいのがサンフ...

続きを見る

2015年12月03日

拡大する物流施設への投資

日本での物流施設の投資運用は、2000年代に入り米国リートの物流専門会社が参入したのに始まり、Jリート物流銘柄の増加とともに主要な投資対象セクターとして認...

続きを見る

2015年11月09日

木で造る高齢者施設の効用

最近、戸建住宅以外の木造建築の試みが取り上げられているのをよく目にする。今年6月の建築基準法の改正が影響していると思われる。この改正により、従来は耐火構造...

続きを見る

2015年09月28日

木で造る高齢者施設の効用

最近、建築や不動産関連のメディアに限らず一般誌でも戸建住宅以外の木造建築の試みが取り上げられている。今年6月の建築基準法の改正が影響していると思われる。こ...

続きを見る

2015年08月25日

国内年金による海外不動産投資の選択肢

■要旨国内年金の投資運用で、海外不動産を対象とした私募ファンドへの投資が、少しずつ広がり始めている。海外不動産については、情報が少ないことや為替リスクがあ...

続きを見る

2015年06月05日

着実なオフィス賃料上昇、取引は前年同期を上回る水準-不動産クォータリー・レビュー2015年第1四半期

消費増税後の経済回復は力強さに欠けるが、不動産市場では、地価の上昇が継続し、オフィス賃料も上昇している。物流、ホテルセクターは高い需要を受け新規供給が活発...

続きを見る

2015年05月15日

Japanese Property Market Quarterly Review, First Quarter 2015 -Office Rents Steady and Transactions Increase-

■SummaryJapan`s real GDP growth is likely to become negative at -1% in fiscal 2014, however...

続きを見る

2015年05月07日

着実なオフィス賃料上昇、取引は前年同期を上回る水準-不動産クォータリー・レビュー2015年第1四半期

<要旨>14年度の実質GDP成長率は、消費増税後の落ち込みからの回復が力強さに欠け、推計値は-1.0%となった。しかし先行きは原油安の恩恵から...

続きを見る

2015年04月28日

海外大型年金の不動産投資パフォーマンスと投資行動

■はじめに2014年は前年に引き続き世界の主要不動産市場で不動産取引が活発に行われた。グローバルに不動産投資を行う大型年金基金は、投資対象とする不動産マー...

続きを見る

2015年03月30日

地方創生と不動産投資の地域分散

現在政府が進める地方創生では、中長期展望として「人口減少問題の克服」「成長力の確保」が掲げられている。この「人口減少問題の克服」の中に東京一極集中是正が含...

続きを見る

2015年03月04日

年金基金の投資対象として存在感を増す私募リート

年金基金による不動産投資では、2000年代後半以降、上場リートや私募ファンドなどの投資商品が普及し、最近は私募リートへの投資が増えている。換金性を持つなど...

続きを見る

2015年02月03日

変貌するロンドンの不動産投資・開発状況

■要旨2012年に夏季オリンピックを終えたロンドン市街では、金融危機後に着工した大型不動産開発が相次いで竣工している。今後も複数の大型プロジェクトが竣工す...

続きを見る

2015年01月28日

バーチャルとリアルにフラット化する商業店舗-日本発のグローバルブランド創造への期待

2006年に日本語版が出版された『フラット化する世界1』は、インターネットと通信の普及によって、遠く離れた海外の都市同士でビジネスが進行していく様を世界の...

続きを見る

2015年01月09日

都市力アップが期待される仙台の開発動向

仙台では現在複数の復興事業が進展中だ。滞っていた不動産開発も再開あるいは既に着手して竣工し、地域経済の底上げに繋がることが期待されている。特にJR仙台駅付...

続きを見る

2014年11月25日

実感する外国人観光客増~東海道新幹線での出来事から~

11月中旬に名古屋方面に出張の機会を得て東海道新幹線で往復した。行き帰りとも隣りは欧米系の外国人で、海外からの観光客増加を実感。折しも2014年の入込客数...

続きを見る

2014年10月27日

海外大型年金の不動産ポートフォリオ構築~カナダ、韓国、ノルウェーの年金と米CalPERSを中心に~

■はじめに運用総資産額が10兆円を越える海外の大型年金基金には、不動産投資を行っている基金も多く(図表1)、投資する不動産のリスクレベルや地域・国ごとの分...

続きを見る

2014年10月21日

海外大型年金の不動産投資~不動産投資配分、国・地域への配分~

【要旨】運用総資産額が10兆円を越える海外の大型年金基金には、不動産投資を行っている基金も多く、投資する不動産のリスクレベルや地域・国ごとの分散を図ってい...

続きを見る

2014年08月21日

都市力アップが期待される仙台の開発動向

<要旨>仙台では、JRによる駅ビル開発が他の政令指定都市より出遅れていましたが、ようやく駅舎と一体となった商業施設、ホテルが着工されました。あ...

続きを見る

2014年06月25日

多様化する企業の不動産取引~売却、買い戻し、リート設立の選択~

不動産市場の回復は、地価やオフィス賃料等の複数の指標で顕著になってきています。それに先んじて不動産取引市場では2012年から取引量が増え始め、都市未来総合...

続きを見る

2014年06月06日

Aクラスビル賃料上昇でオフィス市場は本格回復へ-不動産クォータリー・レビュー2014年第1四半期

2014年第1四半期の不動産市場は、公示地価の上昇地点の増加、Aクラスオフィスの賃料上昇、訪日外客数の増加によるホテル高稼働、物流施設への強い需要など、好...

続きを見る

2014年05月15日

Japanese Property Market Quarterly Review,First Quarter 2014-Grade-A Offices Lead Full Fledged Market Recovery-

■SummaryJapan`s actual GDP growth is likely to secure 2% in fiscal year 2013 with “Ab...

続きを見る

2014年05月02日

Aクラスビル賃料上昇でオフィス市場は本格回復へ-不動産クォータリー・レビュー2014年第1四半期

<要旨>13年度の実質GDPは、アベノミクスと消費税率引き上げ前の駆け込み需要をとりこみ2%超を確保する見込みだ。住宅市場では、駆け込み需要の...

続きを見る

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る