中村 昭

社会研究部 常務取締役 部長 兼 保険研究部 部長

中村 昭(なかむら あきら)

研究・専門分野

中村 昭のレポート

2015年08月26日

長寿国日本は、天寿をまっとうしやすいのか―他殺と自殺の状況から―

先般の厚生労働省の発表によれば、2014年の日本人の平均寿命は、男性80.50歳、女性86.83歳で、ともに過去最高値を更新したそうです。男性は世界第3位...

続きを見る

2015年05月11日

ちっとも失われていなかったこの20年―国富の推移は、どうなってきたのか―

私ごとですが、ノルディック・ウォーキングiという、ポールを使用する歩行エクササイズを始めました。最近は、週末になると隅田川沿いの遊歩道に繰り出し、同好サー...

続きを見る

2014年11月25日

働いて納税していても選挙権のない人々―若年層への選挙権拡大に国民的議論を!―

衆議院は11月21日の本会議で解散され、12月14日の投開票に向けて、日本列島は選挙ムード一色です。しかしながら、日本国民であり、しっかり働いていて納税ま...

続きを見る

2013年12月09日

若者をいかにして農業に呼び込むのか -待ったなし、農業の担い手育成!-

現在、アベノミクスの成長戦略やTPP交渉の進捗に因んで、農業問題への関心が急速に高まってきています。しかしながら、農業の重要性については十分認識しているが...

続きを見る

2013年10月15日

竹馬の友も、地域の友も! -高齢期に向けた、戦略的友人づくりのすすめ-

現在、当研究所では、高齢期における孤立予防の研究を進めており、豊かな老後生活をおくるための提言発表を目指しております。その研究活動の一環として、「地域のな...

続きを見る

2013年08月05日

クラシック・ジャパンに親しもう! ―日生劇場「親子で楽しむ歌舞伎」公演を観て―

今年開場五十周年を迎えた日生劇場では、様々な記念公演が上演されています。8月2~4日には、「親子で楽しむ歌舞伎」公演が上演されまして、私も観てまいりました...

続きを見る

2013年07月11日

中高年諸兄!成長を語る語り部になろう!

先日、安倍政権の成長戦略に関するシンポジウムを聴講しました。講演自体は有意義な内容だったのですが、プログラムの最後の質疑応答の場面で、ちょっとした衝撃を受...

続きを見る

2013年05月09日

クルマ離れと義務教育の関係―中学校技術科教育の学習内容の変遷―

先日、『三世代の男旅』と称して、私と90歳になる父親、26歳の長男、23歳の次男の家族4人で湯河原の旅館に一泊ドライブ旅行に行きました。いつものとおり、メ...

続きを見る

2013年04月16日

『極度乾燥しなさい』 is so cool!-ネットを捨てよ、海外の街へ出よう-

私の次男は、卒業前のこの2~3月に、友人と海外旅行に行ってまいりました。「就職すると、長期休暇は取りづらいから、学生の間にできるかぎり長期の海外旅行に行く...

続きを見る

2013年03月18日

クルマ離れと義務教育の関係 ―中学校技術科教育の学習内容の変遷―

先日、『三世代の男旅』と称して、私と90歳になる父親、26歳の長男、23歳の次男の家族4人で湯河原の旅館に一泊ドライブ旅行に行きました。いつものとおり、メ...

続きを見る

2013年03月04日

自立と保護、自由と規制

最新型のスマートフォンを購入した際に、その取扱説明書のあまりの厚さにあぜんといたしました。いくら高性能電子機器であるとはいっても、なんと500ページ弱の分...

続きを見る

2013年02月04日

政治に期待するものは世代間で異なるのか

私は、若者世代の一票の重みが、他の世代より軽くなりつつある状況につきまして問題意識を抱き、これまでいくつかコラムを執筆してまいりましたi。 しかしながら、人...

続きを見る

2013年01月24日

黒田夏子さん芥川賞おめでとうございます―結晶性知能による結晶のかがやき―

「すごいわね~!」「やるもんだな~!」「私もがんばらなくちゃ!」と、日本中に感嘆符があふれたことと思います。第148回芥川賞受賞作に「abさんご」が選ばれ...

続きを見る

2013年01月07日

一票の重みの二つの格差 ―地域間格差が助長する世代間格差―

昨年12月16日に投票が行われました第46回衆議院議員総選挙は、事前調査による予測どおり、与野党の獲得議席数が逆転し政権が交代するという劇的な結果となりま...

続きを見る

2012年12月04日

さあ総選挙 若者よ投票に行こう!―世代別一票の重みの格差是正―

第46回衆議院議員総選挙の公示が、12月4日に行われました。これから16日の投票日に向けて、いよいよ選挙モード一色ですが、懸念されてきた若者の選挙離れの問...

続きを見る

2012年11月06日

復活しつつある社員旅行―職場内コミュニケーション重視への回帰―

厚生労働省より、新卒者3年以内離職率に関する調査結果が10月31日に公表されました。今年は、初めて業種別の離職率数値が発表され、業種間で大きな格差(ベスト...

続きを見る

2012年08月01日

My箸を超えて、日本箸(国産材による割り箸)ブームを!

かつて北海道に勤務しておりました頃、土地柄もあり、林業を営まれているお客様とお会いすることがありました。その当時は、再生紙使用割合の不当表示(○○%再生紙...

続きを見る

2012年07月09日

若者の未来について、覚悟と努力を持って思いを馳せよう!

消費税増税法案を主軸とした、税と社会保障の一体改革に伴う諸法案も衆議院で可決され、このところ世の中の関心時は、またぞろ高齢者をめぐる課題へと大きくシフトし...

続きを見る

2012年06月20日

チープ化の功罪について考える

梅雨時なのでいたしかたないのでしょうが、この時期は天候の急変に悩みます。先日も昼食で外出をしたさい、帰り道で急に雨が降り出しまして、途中のスーパーで傘を買...

続きを見る

2012年03月12日

若者に一人5票の選挙権を与えよう!

おかげさまで、我が家は三世代ともに、それぞれ元気で暮らしています。しかし、現行社会保障制度の厳しい将来見通しと若年世代を待ち受ける苛酷な未来を論じて、この...

続きを見る

2012年02月14日

すきです消費税!

その昔、租税論の授業の冒頭で、租税原則のひとつとしての公平性に関する講義を受けました。垂直的公平については、累進税負担の累進性のバランスについて論議のわか...

続きを見る

2011年12月26日

2012年に“都ニハヤル物”

時は今からおよそ700年前、建武元年(1334年)8月、後醍醐天皇による建武の新政の幕開けの翌年、京都二条河原に詠み人知らずの風刺が効いた落書が掲げられた...

続きを見る

2011年12月06日

世論に博打を打たせてはならない

暦も師走に入りますと、私はいつも悩み始めます。と言いましても、特段、難しいことに悩んでいる訳ではありません。毎年正月休みに行う家族ゲーム大会の、ゲーム選定...

続きを見る

2011年11月09日

いにしえに学ぶサステナビリティ

BS朝日放送で、「京都1200年の旅」と題した紀行番組の放映が始まりました。この番組の毎回の案内役として、来年6月に四代目市川猿之助を襲名予定の、当代市川...

続きを見る

2011年10月06日

「トリック オア トリート」か「わっしょい、わっしょい」か

10月になると、店頭や街角に黄色いお化けカボチャが登場し始めます。ご存知、ハロウィンのキャラクターですが、日本で見かけるようになってから、もう10年以上も...

続きを見る

2011年07月21日

市川海老蔵丈の舞台復帰を喜ぶ

新橋演舞場にて、7月2日より七月大歌舞伎が上演されています。今月の公演には、市川海老蔵丈が、昨年末の京都南座顔見世公演の急遽降板以来、約半年振りに舞台復帰...

続きを見る

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る