松浦 民恵

生活研究部 主任研究員

松浦 民恵(まつうら たみえ)

研究・専門分野
雇用・就労・勤労者生活、少子高齢社会

松浦 民恵のレポート

2016年12月07日

「130万円の壁」を巡る誤解-2016年10月からの適用要件拡大の意味を正しく理解する

女性の就業を阻害する制度面の壁としては、配偶者控除(103万円の壁)と社会保険(ここでは年金・健康保険を指す)の被扶養者枠(130万円の壁)が取り上げられ...

続きを見る

2016年11月17日

再び注目される副業-人事実務からみた課題と方向性


副業に注目が集まっているなか、本稿では、副業の現状を概観したうえで、副業に関する過去の議論や課題整理を紹介し、主に人事実務の視座に立って今後の課題と方向性...

続きを見る

2016年10月19日

「130万円の壁」を巡る誤解-2016年10月からの適用要件拡大の意味を正しく理解する


2016年10月から社会保険の適用要件が拡大された。しかしながら、従来から女性の就業を阻害するとされてきた「130万円の壁」そのものについても、10月から...

続きを見る

2016年10月07日

残業があたり前の時代は終わる―正社員の「働き方改革」のこれから

働き方改革に取り組む企業が増えている。NTTデータ経営研究所/ NTTコムオンライン・マーケティング・ソリューションの調査によると、「働き方変革」に取り組ん...

続きを見る

2016年09月08日

働き方改革はどこに向かうのか~時間制約のあるフルタイム勤務への「移行」と「多元化」


本稿では、働き方改革が活発化している背景や取組内容を概観し、取組の方向がどのような流れにあるのかについて考えている。働き方改革の取組が活発化している背景と...

続きを見る

2016年08月12日

読めない未来と若者のキャリア~「働き方の未来2035」に思う

53610_ext_03_0_S.jpg

「少子高齢化により、悲観的なシナリオだと、2030年には労働力人口が872万人減少する。この2~5年、人材獲得競争が熾烈になってきているのは、構造的な人口...

続きを見る

2016年07月19日

育児・介護休業法等改正のポイント(育児関係)

53422_ext_03_0_S.jpg

本稿は、2016年3月29日に成立した「雇用保険法等の一部を改正する法律」のうち、特に仕事と育児・介護の両立支援の改正部分に関する解説の2回目である。今回...

続きを見る

2016年07月15日

働き方改革はどこに向かうのか-時間制約のあるフルタイム勤務への「移行」と「多元化」


本稿では、働き方改革が活発化している背景や取組内容を概観し、取組の方向がどのような流れにあるのかについて考えている。働き方改革の取組が活発化している背景と...

続きを見る

2016年06月29日

人材育成における3つのジレンマー「優先順位」「配分」「同質性」にどう向き合うか


日本の大企業は、新卒一括採用における競争力も高く、採用時点では企業が求める人材を相対的に確保しやすいはずである。また、日本の大企業においては、効果的・継続...

続きを見る

2016年06月17日

育児・介護休業法等改正のポイント(介護関係)

53145_ext_03_0_S.jpg

さる2016年3月29日に「雇用保険法等の一部を改正する法律」が成立した。このなかには20本程度に及ぶ法律の改正が含まれているが、特に仕事と育児・介護の両...

続きを見る

2016年05月11日

女性の活躍状況、ネットで就活生も見られるように-女性活躍推進法(4月1日施行)のデータベース公開

52842_ext_03_0_S.jpg

企業に対して、女性活躍推進のための一般事業主行動計画の策定・届出・従業員への周知・公表、「女性の職業選択に資する情報」の定期的な公表を義務化する女性活躍推...

続きを見る

2016年04月15日

仕事と介護の両立支援に取り組む企業に朗報!~厚生労働省「お役立ちツール」の公開

52731_ext_03_0_S.jpg

要介護者等の増加にともなって介護の担い手も増加するなか、2015年11月には、安倍政権が掲げる「一億総活躍社会」実現に向けた「新・三本の矢」の一つとして、...

続きを見る

2016年03月11日

女性の活躍状況、ネットで就活生も見られるように~女性活躍推進法のデータベース公開

52487_ext_03_0_S.jpg

女性活躍推進のための一般事業主行動計画の策定・届出・従業員への周知・公表、女性の職業選択に資する情報の定期的な公表が企業に義務づけられる女性活躍推進法(女...

続きを見る

2016年03月07日

幹部候補が育たないのはなぜ?-日本の大企業を悩ませる3つのジレンマ

日本の大企業は、新卒一括採用における競争力も高く、採用時点では企業が求める人材を相対的に確保しやすいはずである。また、日本の大企業では、効果的・継続的な人...

続きを見る

2016年02月15日

上司が部下の「介護離職」を止めるためには-介護に突然直面したケースの「初動」について考える


社員の介護離職を防ぐうえで、上司が担う役割は大きい。特に、部下が突然介護に直面したケースでは、部下・上司ともにパニックになり、冷静かつ最適な対応をとれず、...

続きを見る

2015年12月25日

人材育成における3つのジレンマ-「優先順位」「配分」「同質性」にどう向き合うか


日本の大企業は、新卒一括採用における競争力も高く、採用時点では企業が求める人材を相対的に確保しやすいはずである。また、日本の大企業においては、効果的・継続...

続きを見る

2015年10月07日

配偶者控除の見直しは就業への「心理的な壁」を破れるか?-夫への説明ストレスの軽減にも配慮を

1―政府税制調査会で検討再開1│配偶者控除見直しの動き安倍政権の「日本再興戦略」において、女性活躍推進の環境整備として、「働き方の選択に関して中立的な税制...

続きを見る

2015年10月01日

「知らなかった」では済まされない労働契約申込みみなし制度~10月1日から「派遣先」に科されるペナルティ

2015年9月11日に改正派遣法(以下「2015年改正派遣法」と呼ぶ)が成立し、9月30日に施行された。この改正により、派遣法創設以来続けられてきた業務区...

続きを見る

2015年08月31日

女性活躍推進法が成立~均等法施行から30年で、次のステージへ

2015年8月28日、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(女性活躍推進法)が参議院本会議で可決され、成立した。女性活躍推進法の成立により、2...

続きを見る

2015年08月14日

配偶者控除の見直しは就業への「心理的な壁」を破れるか?-夫への説明ストレスの軽減にも配慮を

■要旨「日本再興戦略」における「働き方の選択に関して中立的な税制・社会保障制度の検討」の必要性の指摘を踏まえ、2014年度の政府税制調査会で配偶者控除の見...

続きを見る

2015年08月07日

次世代法の認定制度見直しに企業はどう対応するか-女性活躍推進法案も視野に

1―次世代法の認定制度見直しと、女性活躍推進法創設に向けた動き「次世代育成支援対策推進法」(次世代法)により企業に策定・届出が求められている「一般事業主行...

続きを見る

2015年06月15日

次世代法の認定制度見直しに企業はどう対応するか-女性活躍推進法案も視野に

【要旨】次世代育成支援対策推進法が2014年4月に改正され、法律の有効期限が10年間延長された(2025年3月末まで)。あわせて、既存のくるみん認定基準が...

続きを見る

2015年05月12日

介護とレジャーというカルチャーショック-要介護者の安息を支える介護者の安息

2014年6月、WFRN(Work and Family Researchers Network)がニューヨークで開催したカンファレンスの介護セッションに参加した...

続きを見る

2015年04月10日

女性活躍推進と経済成長-過渡期における過大な期待は禁物

第2次安倍政権以降、経済成長戦略のなかで女性活躍推進の重要性が強調され、女性活躍推進に関する計画の策定・提出、労働者への周知・公表を課す1「女性の職業生活...

続きを見る

2015年03月13日

介護とレジャーというカルチャーショック-要介護者の安息を支える介護者の安息

2014年6月、WFRN(Work and Family Researchers Network)がニューヨークで開催したカンファレンスの介護セッションに参加した...

続きを見る

2015年02月16日

経営が求めるイノベーションとダイバーシティを実現する人事とは~JSHRMシンポジウム「HRMのIn-Diモデル」

「イノベーション」と「ダイバーシティ」は、多くの日本企業で顕在化・深刻化しつつある重大な経営課題だといえよう。前者については、経済成長にともなって上昇した...

続きを見る

2014年11月12日

定年退職金が下がっている-企業年金再編や成果主義化のかげで

【要旨】定年退職金は社員にとっては老後の生活資金として、企業にとっては賃金制度の柱の一つとして、重要な役割を担っている。厚生労働省「就労条件総合調査」をみ...

続きを見る

2014年11月10日

派遣法改正案をめぐる議論のすれ違い-「問題があるから減らす」と「問題を改善する」

派遣法改正案1は2014年春の通常国会(第186回国会)に提出されたものの、条文のなかの誤り2が問題になり、審議にも入らないまま廃案となった。その後誤りが...

続きを見る

2014年11月10日

「女性社員を育てる」管理職を育てる-タイプによって異なる対処法

最近企業の女性活躍推進の担当者と話していると、女性社員の育成に対して管理職の理解を得るのが大変、という話が出てくる。彼ら・彼女らの話を総合すると、管理職は...

続きを見る

2014年09月04日

「女性社員を育てる」管理職を育てる-タイプによって異なる対処法

最近企業の女性活躍推進の担当者と話していると、しばしば、女性社員の育成に対して管理職の理解を得るのが大変だ、という話が出てくる。彼ら・彼女らの話を総合する...

続きを見る

2014年07月07日

配偶者控除は見直しを

安倍政権が公表した「日本再興戦略-JAPAN is BACK-」(2013年6月14日)では「女性の活躍推進」の必要性が強調され、そのための環境整備として「働...

続きを見る

2014年07月03日

働く人による介護の実態-男性介護者に注目して

■見出し1――働く人、特に男性による介護に注目する理由2――男女別にみた、介護への関わり方や負担感、仕事と介護の両立への苦悩3――仕事と介護の両立支援に向...

続きを見る

2014年05月14日

配偶者控除は見直しを-「女・女対立」の演出や先延ばし議論を超えて

安倍政権が公表した「日本再興戦略-JAPAN is BACK-」(2013年6月14日)では「女性の活躍推進」の必要性が強調され、そのための環境整備として「働...

続きを見る

2014年05月09日

企業における女性活用の変遷と今後の課題

1―はじめに~本稿の目的1│再び注目が集まる女性活用政府の成長戦略「日本再興戦略-JAPAN is BACK-」でも「女性の活躍推進」の重要性が強調されるなか...

続きを見る

2014年03月13日

『ワーク・ライフ・バランス支援の課題』の刊行に寄せて

さる2月20日に「東京大学社会科学研究所ワーク・ライフ・バランス推進・研究プロジェクト」(以下「本プロジェクト」)の研究成果報告会が開催され、同日、本プロ...

続きを見る

2014年01月31日

企業における女性活用の変遷と今後の課題

【要旨】政府の成長戦略等で女性の活躍推進の重要性が強調されるなか、企業においても、女性活用への関心が高まっている。しかしながら、女性活用は過去においても注...

続きを見る

2014年01月10日

拝啓 「就活」中の学生諸氏へ-情報と付き合うヒント

2013年12年1日に、2015年4月入社の大卒採用に対する会社説明会が解禁され、「就活」すなわち就職活動が大々的にスタートした1。折も折12月17日には...

続きを見る

2014年01月10日

高齢者雇用改革、「いつやるか? 今でしょ!」

11月12日に、労働政策研究・研修機構(以下、JILPT)から、改正高年齢者雇用安定法への対応等に関する調査結果ⅰが発表された。このなかで、2013年4月...

続きを見る

2013年11月15日

高齢者雇用改革、「いつやるか? 今でしょ!」

11月12日に、労働政策研究・研修機構(以下、JILPT)から、改正高年齢者雇用安定法への対応等に関する調査結果1が発表された。このなかで、2013年4月...

続きを見る

2013年09月17日

女性登用に関する政策的数値目標は諸刃の剣 - 問われる人事担当者の役割

政府は2003年に「社会のあらゆる分野において、2020年までに、指導的地位に女性が占める割合が、少なくとも30%程度になるよう期待する」という目標を掲げ...

続きを見る

2013年07月16日

限定正社員に関する議論の整理-規制改革会議 雇用ワーキング・グループの提案を受けて

■要旨規制改革会議の提案に、限定正社員に関する雇用ルールの整備が盛り込まれたことを契機として、限定正社員に関する報道や議論が活発化している。そこで、本稿で...

続きを見る

2013年07月05日

情報サービス業における派遣・請負現場からの問題提起-特定労働者派遣事業に関する今後の議論に向けて

請負と派遣の区分規制のもと、情報サービス業で多くの企業が「請負」から「特定労働者派遣事業」へと移行していった。しかしながら、情報サービス業の現場では、複数...

続きを見る

2013年06月07日

特定労働者派遣事業に何が起きているのか?

派遣事業には一般労働者派遣事業と特定労働者派遣事業の2種類がある。一般労働者派遣事業には登録型派遣や日雇い派遣が含まれ、派遣先が決まったところで派遣会社と...

続きを見る

2013年04月19日

特定労働者派遣事業拡大のもう一つの要因-情報サービス業における派遣・請負現場からの問題提起

派遣事業には一般労働者派遣事業と特定労働者派遣事業の2種類がある。一般労働者派遣事業には登録型派遣や日雇い派遣が含まれ、派遣先が決まったところで派遣会社と...

続きを見る

2013年03月15日

働く人による介護の実態 -男性介護者に注目して

■見出し1――働く人、特に男性による介護に注目する理由2――男女別にみた、介護への関わり方や負担感、仕事と介護の両立への苦悩3――仕事と介護の両立支援に向...

続きを見る

2013年02月28日

働く人による介護の実態 -男性介護者に注目して

■見出し1――働く人、特に男性による介護に注目する理由2――男女別にみた、介護への関わり方や負担感、仕事と介護の両立への苦悩3――仕事と介護の両立支援に向...

続きを見る

2013年02月07日

仕事を取りに行く!! ミドルの行動 - JSHRMリサーチプロジェクト・シンポジウム

夜19時前になると、学習院大学の会議室に老若男女が集まり始まる。筆者を含むJSHRMのリサーチプロジェクトのメンバー13名1。20~60代のビジネス・パー...

続きを見る

2012年11月21日

12月の選挙で心配なこと-裏方の人材需要にどう対応するか

先日11月14日の党首討論での野田佳彦首相の解散表明を受け、12月4日公示、12月16日投開票で衆議院議員総選挙が実施されることになった。選挙関係者は既に...

続きを見る

2012年08月07日

労働契約法の改正に向けて-急ぐべき三つの環境整備

先週8月3日に、労働契約法の改正案が成立した。改正労働契約法施行(一部を除き、公布から1年以内に施行予定)後に有期労働契約を締結し、その更新によって勤続5...

続きを見る

2012年07月02日

高年齢者雇用安定法改正案と今後の課題

高年齢者雇用安定法(高年齢者等の雇用の安定等に関する法律)の改正案が国会で審議されている(2012年6月1日現在)。法改正の背景には、雇用の終了と年金支給...

続きを見る

2012年06月20日

育児休業制度利用の作法

人事担当の男性A氏「最近育児休業の取得が増えてきたのはうれしいんだけど、制度利用者が周囲に配慮しないケースだとか、復帰しないケースがポツポツ出てきてねぇ。...

続きを見る

2012年06月01日

改正派遣法の懸念点と今後の課題

■見出し1――派遣法改正の流れと改正派遣法 1|過去の規制緩和の流れ 2|規制強化への転換 3|改正派遣法の概要2――改正派遣法の懸念点と今後の課題 1|改正派遣...

続きを見る

2012年05月21日

男性の育児休業取得率は、過去最高でも2.6%

■見出し1――男性の育児休業取得率が過去最高を更新2――男性の育児休業取得を阻害する要因 1|意識面の阻害要因 2|働き方の面の阻害要因3――男性の育児休業取...

続きを見る

2012年04月25日

改正派遣法の懸念点と今後の課題

■見出し1――派遣法改正の流れと改正派遣法 1|過去の規制緩和の流れ 2|規制強化への転換 3|改正派遣法の概要2――改正派遣法の懸念点と今後の課題 1|改正派遣...

続きを見る

2012年04月03日

営業を強くする!営業職の人材マネジメント

営業力は、企業の競争優位性に対して甚大な影響を及ぼす。商品やサービスの継続的な差別化が一層難しくなり、めまぐるしく変化する市場に対する迅速な対応が求められ...

続きを見る

2012年02月24日

被災地の雇用はマッチングが課題

多くの尊い命と平穏な生活が奪われた東日本大震災からもうすぐ1年。特例措置として延長された失業手当も2012年1月から期限切れを迎え始め、就業に向けた動きが...

続きを見る

2012年02月24日

被災地での人材派遣業の貢献に思う

東日本大震災の被災地においては、仕事と人材のミスマッチが大きな課題となっている(注1)が、このミスマッチ解消において人材派遣業が存在感を発揮している。日本...

続きを見る

2011年11月28日

仕事が紡ぐ物語~「マダム」の工場移転

「マダム」の直営工場では、(1)~(4)のような福利厚生が適用されている。(1)ランチの提供(お昼はカレーをはじめとするランチを皆で食べる)、(2)残業デ...

続きを見る

2011年09月22日

人事管理における喫緊の高齢化問題 ~中高年ホワイトカラーをどう処遇するか

■要 旨1.ホワイトカラーの年齢別人員構成をみると、管理職候補の絞り込みや登用が始まる30~40代が膨張する一方で、組織のフラット化やスリム化などを背景とし...

続きを見る

2011年08月04日

流れるプールと子ども手当

小1の次女が「小学校で流れるプールに入ったよ」という。今どきの学校のプールは流れるのか!と驚愕していると、中学校にも「流れるプール」があるらしく、中1の長...

続きを見る

2011年06月24日

営業職の育て方

一口に営業職といっても、一人前とベテランでは求められる能力も担当する業務も異なるだろう。このため、新人から一人前への育成、一人前からベテランへの育成では、...

続きを見る

2011年05月16日

国家公務員の給与カット表明に熟慮と覚悟があるか

ある人事の実務家は部下に対して、従業員の労働条件を変更する際には、最大限の熟慮と覚悟をもって事に当たれと繰り返し説いていた。特に労働条件の切り下げは、対象...

続きを見る

2011年04月25日

人事管理における喫緊の高齢化問題

■目次1--------ホワイトカラーの人事管理における高齢化問題2--------役割タイプ別にみた中高年ホワイトカラーの現状3--------分析結果...

続きを見る

2011年01月20日

人事管理における喫緊の高齢化問題-中高年ホワイトカラーをどう処遇するか

■目次1――ホワイトカラーの人事管理における高齢化問題2――役割タイプ別にみた中高年ホワイトカラーの現状3――分析結果を踏まえた考察■introducti...

続きを見る

2010年10月13日

『カラフル』と父親のワークライフバランス

小学校6年生の娘につきあって『カラフル』という映画を見に行き、さらに彼女に強く勧められて森絵都氏の原作(『カラフル』フォア文庫、2010年刊行)を読んだ。...

続きを見る

2010年04月22日

「現実」を踏まえた具体的な保育政策を!

この記事の見出しを見て我が目を疑った。施設が利用対象者を拡大するのは、利用者が少なく十分に活用されていないケースだと思いこんでいたからだ。この記事とは「保...

続きを見る

2008年10月17日

高齢者雇用の現状と課題

■目次1--------はじめに2--------高齢者が働く場合の条件3--------働く条件がこうなっている背景4--------高齢者雇用の課題と...

続きを見る

2007年12月26日

女性労働力確保に向けた次の一手

企業による新規労働力の確保が難しくなってくるなかで、女性、特に専業主婦に焦点をあてて、その「囲い込み」に向けた戦略について考察した。専業主婦は柔軟な働き方...

続きを見る

2007年10月05日

『定年前・定年後 新たな挑戦 「仕事・家庭・社会」』の出版について

■introductionニッセイ基礎研究所(社長:竹原功)は、『定年前・定年後~新たな挑戦「仕事・家庭・社会」』を、朝日新聞社より出版いたしました。ニッ...

続きを見る

2007年10月05日

定年後にどうなる?~男性のワークライフバランス

仕事と家庭の「両立」という言葉は、「両方立つ」と書くせいか、両方完璧にする、といった印象をともなう。むしろ、仕事と家庭の両方に関わる場合には、それらの狭間...

続きを見る

2007年08月24日

「高齢化」とはこういうこと

■目次1.ある組織における高齢化2.高齢化に対する従業員のリスク認識3.来るべき時代に求められるタフさ■introduction2005年、47歳(注1)...

続きを見る

2006年10月01日

中高年パネル調査 -第5回調査の概要と「プレ団塊世代」の動向

■見出し1.中高年男性にも情報化の波~プレ団塊世代の携帯電話利用率は8割。2.中高年男性の9割弱は、夫婦の意思疎通が「できている」。3.公的介護保険制度を...

続きを見る

2006年06月25日

何のための退職給付制度か

2012年の適格退職年金廃止に向けて、中堅・中小企業の退職給付制度の改定が進みつつある。一方、退職給付制度が雇用管理において担ってきた、労働力の需給調整や...

続きを見る

2005年10月01日

中高年ライフコース研究IIの発表 -中高年男性を対象としたパネル調査の分析結果について

■見出し1.中高年パネル調査の概要2.中高年男性の定年に関する基礎研究II3.親世代からみた「パラサイト・シングル」の実態.4.中高年生活者のリスク性金融...

続きを見る

2005年09月25日

中高年男性の不安の構造を探る -キーワードは健康不安-

1.本稿の目的は、パネル・データの分析によって、中高年男性の不安の構造を明らかにすることである。中高年男性は、今後高齢社会の主役となっていく世代であり、職...

続きを見る

2005年09月25日

高齢化を見据えたキャリア・マネジメントの提案

従業員の高齢化が進んでいく中、企業にとって、高齢になっても活躍し続けられる人材を育成する必要性が従来以上に高まってきている。本稿では、ITエンジニアに関す...

続きを見る

2003年07月25日

雇用慣行の変化のもとでの企業内福利厚生

企業内福利厚生は、長期雇用慣行や年功序列賃金に代表される日本的雇用慣行とともに歩んできた。しかしながら、昨今、日本的雇用慣行に変化がみられる中で、企業内福...

続きを見る

2002年09月25日

退職給付税制改革に関する試論 -働き方に中立で公平な老後準備への優遇策の検討-

1.わが国の退職給付(一時金・年金)税制をみると、三つの問題を抱えている。第一は一時金やさまざまな年金制度の間のアンバランスである。例えば、企業年金の加入...

続きを見る

2002年08月25日

就業形態別にみた福利厚生

ここ数年、正社員から非正社員への代替が加速している。本稿では就業形態別の福利厚生に焦点をあて、特に非正社員の福利厚生のあり方について考察した。個別企業の企...

続きを見る

2001年06月25日

中高年ライフコース研究(その3)

97年と99年の2年間における就業変動を軸に、高齢期の就業と生活意識の関わりについて分析した。高齢者の雇用の受け皿としては、中小企業や自営業セクターが重要...

続きを見る

2001年04月25日

バブル崩壊後の企業福祉再編

企業福祉の変化について、バブル崩壊後の10年と、第一次石油危機後の10年の比較分析を行った。その結果、バブル崩壊後の企業福祉再編は制度面の変化が特に顕著な...

続きを見る

2000年02月25日

確定拠出型年金制度の税制検証

確定拠出型年金制度の税制の枠組みがほぼ固まった。確定給付型からの移行等に対して税制面で配慮されており、退職金制度等の多様化の受け皿としても期待される。一方...

続きを見る

1997年12月25日

「日本型カフェテリアプラン」の軌跡をたどる-導入の目的と効果

■目次はじめにカフェテリアプランと福利厚生コストの関係従業員ニーズ多様化への対応としてのカフェテリアプラン「日本型カフェテリアプラン」の目的■introd...

続きを見る

1997年03月01日

企業内福祉の再構築に向けて-役割の変化を踏まえた課題への実証的アプローチ-

<要旨>企業内福祉は、経済社会の変化に合わせながら随時修正が重ねられてきたが、今後の少子高齢社会を見据えた社会保障制度体系の再編の進行、あるい...

続きを見る

1995年11月01日

女性の再就職問題を考える -労働力供給サイドの変化を踏まえた再就職の受け皿作りを-

<要旨>わが国の女性の年齢階級別労働力率的線はM字型カーブを描くが、先進諸国の中でM字の谷が明確に残っている国は少数となっている。女性の意識等...

続きを見る

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る