金 明中

生活研究部 准主任研究員

金 明中(きむ みょんじゅん)

研究・専門分野
社会保障論、労働経済学、日・韓社会保障政策比較分析

金 明中のレポート

2016年12月07日

なぜ日本人は有給休暇を取らないのか?-「長時間労働=勤勉」、「長時間労働=当たり前」という旧時代の意識や風土にメスを!

今年から8月11日(山の日)が祝日に指定されたことにより、日本の年間祝日数は既存の15日から16日に増えることになった。ちょうど50年前の1966年の祝日...

続きを見る

2016年11月30日

【アジア・新興国】韓国政府が個人年金法の制定案を立法予告-個人年金は今後普及するだろうか?-


韓国における個人年金の加入率は2015年末現在17.6%で、加入者数が初めて900万人(904.8万人)を超えた。年齢階層別加入率は、40代(30.6%)...

続きを見る

2016年10月25日

なぜ日本人は有給休暇を取らないのか?-「長時間労働=勤勉」、「長時間労働=当たり前」という旧時代の意識や風土にメスを!


日本政府は有給休暇の取得を奨励しているものの、2014年の有給休暇の取得率は47.3%で、2004年の46.6%に比べて大きく改善されていない。日本の労働...

続きを見る

2016年10月20日

社会保険料の帰着に関する先行研究や非正規雇用労働者の増加に関する考察


本稿では社会保険料の事業主負担が非正規雇用増加に与える影響について、既存のデータや先行研究を中心に紹介した。そして、韓国労働研究院の「事業体パネル調査」(...

続きを見る

2016年09月15日

今なぜ働き方改革が進んでいるのだろうか?-データで見る働き方改革の理由-


日本政府は人口や労働力人口が継続して減少している中で、長時間労働・残業などの悪しき慣習が日本経済の足を引っ張って生産性低下の原因になっていると考え、最近、...

続きを見る

2016年07月19日

日韓比較(15):非正規雇用-その5 韓国は多く、日本は少ない?非正規雇用の定義に見る、数字のワナ


日本の非正規雇用労働者の代表的な基準になっている労働力調査の雇用形態による非正規雇用労働者の割合は80年代から上昇し始め、現在までも上昇傾向にある。日本で...

続きを見る

2016年06月22日

介護サービスか家族介護か。“現金給付”導入で増える、介護の選択肢

53200_ext_03_0_S.jpg

今回は家族介護に対する現金給付の導入について論じたい 。日本では2000年4月に介護保険制度を導入する前に現金給付の導入に対する議論があった。しかしながら、...

続きを見る

2016年06月15日

韓国における老人長期療養保険制度の現状や今後の課題―日本へのインプリケーションは?―


韓国社会は、以前から年を取った親の面倒は子ども(主に長男)が見るという儒教的な意識が強く、多くの高齢者が老後の生活を自分の子供に依存していた。特に、体が不...

続きを見る

2016年05月17日

【アジア・新興国】韓国における生命保険市場の現状 - 2015年のデータを中心に -


韓国では少子・高齢化の急速な進展に伴い、社会保障に対する韓国政府の支出が継続的に増加している。そこで、社会的リスクに対する政府の公的制度と共に、自助努力と...

続きを見る

2016年04月13日

日韓比較(14):最低賃金―同一労働同一賃金の実現に向けて、段階的な最低賃金の引上げを―


日本の2015 年度における最低賃金の全国平均は798円で、前年度の780円より18円ほど高くなった。日本円に換算した2016年度の韓国の最低賃金は615円...

続きを見る

2016年03月15日

韓国における給付付き税額控除制度の現状と日本へのインプリケーション―軽減税率より給付付き税額控除?―


韓国では税制による所得支援で勤労貧困層の勤労インセンティブを高めるとともに、所得を捕捉するインフラを構築し社会保険料負担の衡平性及び制度運営の効率性を高め...

続きを見る

2016年01月20日

韓国の保険会社の海外進出の現状や今後の課題


少子・高齢化や経済環境の悪化にともない、国内市場が細っていくなかで、韓国の保険会社にとってもグローバル市場での事業展開が重要な課題となっている。今までのグ...

続きを見る

2016年01月14日

日韓比較(13):医療保険制度-その6 医療費はなぜ増加しているのか? ―高齢化の進展や医療の進歩、所得水準の向上などが主な原因、医師の養成及び確保のための対策の徹底を―


世界各国の医療費が増加していると同様に日本と韓国における医療費も毎年増加の傾向にある。例えば、日本の一人当たり医療費は1990年の1,117ドル(151,...

続きを見る

2015年12月29日

日韓比較(12):医療保険制度-その5 混合診療―なぜ韓国は混合診療を導入したのか、日本へのインプリケーションは?―


1927年、制度の施行以降、 数多くの改正が行われてきた日本の医療保険制度において、最近最も注目されている議論の一つが混合診療制度の導入有無である。混合診療...

続きを見る

2015年12月04日

日韓比較(11):医療保険制度-その4 医薬分業―患者がより利用しやすい仕組みになることを願う―


医薬分業とは医院や病院などの医療機関が自院で薬を出さないで患者に処方箋を出し、患者はその処方箋を保険薬局へ持って行って、処方箋と引き替えに医師の処方した保...

続きを見る

2015年11月13日

日韓比較(10):非正規雇用-その4 なぜ雇用形態により人件費は異なるのか?―賃金水準や社会保険の適用率に差があるのが主な原因―

企業は経済のグローバル化による市場での厳しい競争を乗り越える目的で正規職と比べて人件費に対する負担が少ない非正規労働者の雇用をより選好している可能性がある...

続きを見る

2015年11月12日

日韓比較(9):非正規雇用-その3 非正規雇用労働者の増加要因―経済のグローバル化に対する企業の採用方針の変化といった需要要因が大きく影響―

今回は日韓における非正規雇用労働者の増加要因について説明したい。非正規雇用労働者の増加要因は供給サイド(労働者)と需要サイド(企業)に区分することができる...

続きを見る

2015年10月06日

日韓比較(8):医療保険制度-その3 自己負担割合―国の財政健全性を優先すべきなのか、家計の経済的負担を最小化すべきなのか―

今回は、診療時の自己負担割合について説明したい。日本における自己負担割合は年齢によって異なり、6歳(義務教育就学前)までの被保険者は2割が、6歳(義務教育...

続きを見る

2015年10月05日

日韓比較(7):医療保険制度-その2 保険料率―固定資産に対して異なる政策を実施している日韓の医療保険制度―

今回は日韓における公的医療保険の保険料率について比較してみたい。まず、日本における雇用者の保険料率は、標準報酬月額に対して協会けんぽが10%(労使折半、2...

続きを見る

2015年09月15日

女性活躍と企業業績の関係―先行研究及び韓国の積極的雇用改善措置の検討や女性活躍と企業成果への決定要因分析―

■要旨2013年における日本の女性管理職比率は11.2%で、アメリカの43.4%やフランスの36.1%等他の先進国と比べるとかなり低く、正規職として働いて...

続きを見る

2015年08月11日

日韓比較(6):非正規雇用-その2 非正規雇用労働者の内訳―短時間労働者の待遇のあり方や子育てをしている女性の働き方の改善を進めるべき! ―

今回は日韓における非正規雇用労働者の内訳を比較してみたい。表1は、日本と韓国における男女・年齢階層別非正規雇用労働者の割合を示しており、日韓共に若年層や高...

続きを見る

2015年08月05日

日韓比較(5):非正規雇用-その1 非正規雇用労働者の現状―労働契約法や労働者派遣法の改正は企業の雇用戦略にどのような影響を与えるだろうか?―

日韓両国ともに、非正規雇用労働者の増加が長期のトレンドとして観察できる。 日本では97 年に派遣労働の自由化を盛りこんだ規制緩和推進計画が閣議決定され、99 年...

続きを見る

2015年07月29日

日韓比較(4):医療保険制度-その1 公的医療保険制度の体系―日本は複数、韓国は単一保険者方式―

日本と韓国の医療保険制度は、同じく社会保険方式であるが、両国の経済・政治・社会的な特徴等によって、異なる形態で発展してきた。特に、両国における人口構造の時...

続きを見る

2015年07月08日

日韓比較(3):高齢化率 ―2060年における日韓の高齢化率は両国共に39.9%―

前回は日韓における出生率の比較を行ったので、今回は両国における高齢化率を比較してみたい。6月12日に発表された『平成27年版高齢社会白書』によると、201...

続きを見る

2015年06月23日

日韓比較(2):出生率―経済的理由による「非自発的未婚」や「非自発的晩婚」に対する対策が必要―

日本の合計特殊出生率1(以下、出生率)が9年ぶりに低下した。厚生労働省が6月に発表した2014年の出生率は1.42で、2013年の1.43を0.01ポイン...

続きを見る

2015年06月16日

日韓比較(1):大卒初任給―韓国の大卒初任給は本当に日本より高いのか?―

韓国経営者総協会が2014年11月に発表した「2014年賃金調整実態調査結果」によると、2014年における大卒初任給は、278.4万ウォン(30.6万円1...

続きを見る

2015年05月19日

韓国における生命保険市場の現状や今後のあり方

■要旨韓国では少子・高齢化の急速な進展に伴い、社会保障に対する国の支出が継続的に増加している。そこで、社会的リスクに対する政府の公的制度と共に、自助努力と...

続きを見る

2015年05月13日

韓国における国民年金基金の運用の現状や今後の課題―株式やオルタナティブの割合を拡大する方針―

■要旨1988年に導入された韓国の国民年金制度は加入者数が2000万人を超え、基金の規模も2015年2月現在482兆ウォン(53兆円)に達し、日本のGPI...

続きを見る

2015年03月18日

アメリカにおける寄付や寄付年金の現状―どうしてアメリカ人は巨額の寄付をするのか?―

■要旨Giving USAの調査 によると、2013年におけるアメリカの寄付金総額は3,352億ドル (対GDP比2.0%、35.2兆円 )で、1973年の134...

続きを見る

2015年02月27日

女性活躍と企業業績に関する先行研究の検討

■要旨女性活躍と企業業績に関する実証分析は今まで数多く行われており、その一部の研究では、女性活躍と企業業績の間には正の関係があり、さらに統計的に有意である...

続きを見る

2015年02月03日

外国人労働者と公的年金―外国人に働くインセンティブを、36ヶ月という壁の撤廃を!―

■要旨日本への外国人留学生数は1983年の10,428人から2013年には135,519 人に大きく増加している。「留学生10万人計画」を達成した日本政府は...

続きを見る

2014年11月21日

韓国政府が基礎年金制度を導入―制度の仕組みと今後の課題

■要旨韓国政府は、2014年7月から既存の「基礎老齢年金制度」を廃止し、新しく「基礎年金制度」を導入・施行している。基礎年金制度を導入した理由は、無年金者...

続きを見る

2014年08月18日

ワーク・ワイフ・バランスの充実を!―長時間労働から離れ、妻と過ごす時間を増やそう!―

「ワーク・ワイフ・バランス」と言うと、まるで「ワーク・ライフ・バランス」のダジャレのように聞こえるかも知れないが、今回は「ワーク・ワイフ・バランス」につい...

続きを見る

2014年08月12日

女性管理職比率が低い理由は?―女性がより活躍できる社会を期待する―

■要旨日本における女性管理職比率は11.1%(2012年)で、アメリカの43.1%(2011年)やフランスの39.4%(2011年)等他の先進国と比べると...

続きを見る

2014年06月13日

若者たちの悲鳴―韓国における教育事情と若者雇用を取り巻く現状と対策―

■要旨韓国における公教育費の対GDP比は、7.6%で、OECD平均6.3%より高い(日本は5.1%)。さらに、全教育費に占める私的負担の割合は、37.2%...

続きを見る

2014年05月23日

タイガーマスクもびっくり!―日本の一人当たり平均寄付額は5,431円、アメリカの11分の1―

2010年12月に全国を騒がせた「タイガーマスク現象」1が起きてからもう3年半が過ぎた。当時の「タイガーマスク現象」は、西洋諸国に比べて寄付文化があまり定...

続きを見る

2014年05月14日

学生のやる気を出させるには?―女子大生が提案するインセンティブとペナルティー!―

日本の大学で授業を担当してから早くも10年が過ぎた。最初に担当していた科目の授業名は「少子高齢化時代の社会保障」で、主に日本の少子高齢化の現象と社会保障制...

続きを見る

2014年04月11日

「国民幸福基金」施行1年の成果と課題―必要とする皆が利用できる制度の構築を目指せ!―

はじめに韓国で国民幸福基金が発足してから1年が過ぎた。国民幸福基金は、朴槿恵大領領の選挙公約の一つであり、(1)債務調整(金融機関が保有している長期延滞債...

続きを見る

2014年03月12日

韓国における少子化の原因とその対策 ―「低出産・高齢化社会基本計画」の成果と今後のあり方―

■要旨2012年の韓国の合計特殊出生率(以下、「出生率」)は、最近少しずつ上昇しているものの1.30に過ぎず、OECD加盟国の平均出生率1.74(2010...

続きを見る

2014年02月18日

オリンピックやワールドカップが出生率に与える影響は?―少子化対策の活力剤になることを期待する―

はじめに日本中がソチ冬季オリンピックに盛り上がっている。羽生(19)、平野(15)、平岡(18)という10代の選手が、それぞれ金、銀、銅メダルを獲得するな...

続きを見る

2014年01月20日

労働時間の減少が就業率に与える影響について―韓国政府が時間選択制を拡大・実施、今後の課題は?―

■要旨2011年の韓国人1人あたりの総実労働時間は平均2090時間で、OECD諸国34ヶ国中、メキシコ(2250時間)を除いて最も長く、OECD平均176...

続きを見る

2013年12月06日

国が個人の借金を返済する! ― 韓国における国民幸福基金の設立の背景と現状・課題 ―

■要旨韓国では2013年3月29日に国民幸福基金が、正式に発足した。国民幸福基金は、朴槿恵大統領の選挙公約の一つであり、債務不履行者の信用回復や庶民の過剰...

続きを見る

2013年12月04日

利下げが家計に与える影響は?―債務を抱えている世帯により効果的(韓国の事例から)―

韓国銀行が利下げを決定 韓国銀行(以下、韓銀)は、 今年の5月 9日に金融通貨委員会を開き、昨年10月以後6カ月間凍結してきた基準金利を、既存の年2.75%から...

続きを見る

2013年10月22日

韓国政府が養育手当を拡大! ―韓国版児童手当を拡大した背景や出生率改善への効果は?―

■要旨韓国では、今年の3月から養育手当制度が改正・実施されている。この制度改正により、0~5歳の子どもを育てるすべての世帯に、保育料や養育手当が支給される...

続きを見る

2013年10月07日

2013年度の最低賃金の引き上げ額が決定-日本の最低賃金は世界の中で低い水準、賃上げの影響は?

■要旨厚生労働省の諮問機関である中央最低賃金審議会小委員会は、8月6日に2013年度の最低賃金の引き上げ幅の目安を全国平均で14円とすることを決めた。今回...

続きを見る

2013年09月19日

韓米FTAが韓国の民間医療保険市場に与える影響

■要旨韓国は金大中氏が大統領に就任した1998年以降、FTAを推進する方向に政策を転換しており、1999年にチリを皮切りとしてFTA交渉をスタートし、20...

続きを見る

2013年09月17日

2013年度の最低賃金引き上げ幅の目安が決定 - 日本の最低賃金は世界の中で低い水準、賃上げの影響は?

<要旨>厚生労働省の諮問機関である中央最低賃金審議会小委員会は、8月6日に2013年度の最低賃金の引き上げ幅の目安を全国平均で14円とすること...

続きを見る

2013年08月08日

2013年度の最低賃金の引き上げ幅の目安が決定-日本の最低賃金は世界の中で低い水準、賃上げの影響は?-

■要旨厚生労働省の諮問機関である中央最低賃金審議会小委員会は、8月6日に2013年度の最低賃金の引き上げ幅の目安を全国平均で14円とすることを決めた。今回...

続きを見る

2013年07月19日

女子大生が考える今後の日本の税金は? ― 多様な意見に耳を傾け、社会問題の解決や財政の安定を ―

2012年8 月10日、消費税率の引き上げを柱とする社会保障と税の一体改革関連法案が参議院本会議で可決・成立され、現行5%の消費税は、2014年4月に8%、...

続きを見る

2013年06月13日

民間失業保険の登場をどう考えるべきか!― 韓国の損害保険会社が失業保険の販売を開始―

韓国の損害保険会社である「東部火災」は、今年の4月4日から世帯主が失職したときに生活費の一部を支給する所得保障保険(わが家族所得保障保険)の販売をスタート...

続きを見る

2013年05月01日

日本における寄付年金の導入を考えよう! ― アメリカの事例を参考に ―

昨今日本では「新しい公共」という言葉をよく耳にする。「新しい公共」とは、これまで行政により担われてきた「公共」を、これからは市民・事業者・行政の協働によっ...

続きを見る

2013年03月29日

韓国における退職年金制度の導入過程や現状について

■見出し1――はじめに2――老後所得保障の代名詞であった退職金制度(1953年)3――退職年金制度の導入過程や現状4――退職年金制度に対するアンケート調査...

続きを見る

2013年03月25日

韓国は○○パパラッチの天国 ? ―長期的な啓蒙運動の推進で社会問題の解決を―

韓国に○○パパラッチが溢れている。一般にパパラッチとは、有名人を追いかけ、彼らの私生活を撮影したり記事にして、生計を立てている人々をさす俗称として知られて...

続きを見る

2013年03月19日

政府が解雇ルール明示を検討―積極的労働市場政策の実施で日本版フレキシキュリティの実現を―

3月13日付の新聞記事の中の、「正社員の解雇ルール明示、成長産業へ採用促す」という見出しに筆者の目は止まった。これは政府の産業競争会議で提案された、労働市...

続きを見る

2013年02月14日

韓国における積極的雇用改善措置制度の効果 ― 女性の雇用改善や地位向上に与えた影響 ―

韓国政府は女性の雇用拡大及び差別改善のため、2005年12月に男女雇用平等法を改正し、2006 年3月 1日から積極的雇用改善措置制度を施行した。積極的雇用改...

続きを見る

2013年01月28日

女性大統領の誕生は女性の雇用拡大や地位向上につながるのか!

2012年 12月19日、韓国の第18代大統領選挙でパク・クネ候補が大統領に当選したことにより、韓国の歴史において初めて女性大統領時代が開かれることとなった...

続きを見る

2012年12月28日

女性の活躍のための社会支出の再配分を!― OECDのSocial spending after the crisisを参考に ―

先月、OECDは「経済危機以後の社会支出(Social spending after the crisis)」というテーマで、最近のOECD加盟国の社会支出データ...

続きを見る

2012年11月27日

増え続ける生活保護受給者に対する対策は?― 韓国の「社会福祉統合管理網」は参考になるのか!―

日本の生活保護の受給者数が継続的に増加している。厚生労働省の発表によると、2012年8月時点で生活保護を受給している人は213万1,011人で、前月より6...

続きを見る

2012年10月31日

ハネムーンプア、エデュプア、そしてハウスプア、その次は?― 終わらない貧困の連鎖 ―

2006年7月、NHKスペシャル『ワーキングプア、働いても働いても豊かになれない』が放送されてから、日本でも貧困層に対する関心が高まり始めた。世界経済の低...

続きを見る

2012年10月09日

韓国における成年後見制度の導入背景及び制度の概要―日本の先例から学ぶ成年後見制度の施行における課題―

■見出し1――はじめに2――成年後見制度の導入背景3――成年後見制度導入に関する民法改正4――日本の先例から学ぶ成年後見制度施行における課題5――終わりに...

続きを見る

2012年09月26日

学パラッチが新しい職業として脚光?-高い教育熱や私教育費の増加がもたらした現象

日本のセンター試験に当たる韓国の「大学修学能力試験(以下、修能)」、の実施日が1カ月後に(11月5日)迫ってきた。韓国の受験事情はとても厳しいが、その大き...

続きを見る

2012年08月30日

ガラスの天井はなくなるのか!-平成23年度雇用均等基本調査発表

組織の中で女性の昇進を妨げる見えない壁を意味するガラスの天井(Glass Ceiling)は、日本のみならず、すべての国で見られる共通的な現状であるが、最近...

続きを見る

2012年08月13日

大学進学率は高ければ良い訳ではない-日韓の進学率や就業率の比較を通じて

韓国の大学進学率(以下、進学率)は、OECD加盟国の中でも高い水準にあるが、最近に入って少しずつ低下している1。2008年に83.8%で頂点に達した韓国の...

続きを見る

2012年06月27日

少子化対策は政策より俗説?-総人口5,000万人を超えた韓国の経験から

韓国の主要メディアは6月23日に、韓国の人口が5000万人を超えたことを一斉に報道した。1960年に2500万人であった韓国の人口はその後継続的に増加し、...

続きを見る

2012年05月31日

韓国における成年後見制度の導入背景及び制度の概要―日本の先例から学ぶ成年後見制度の施行における課題―

■見出し1――はじめに<2――成年後見制度の導入背景3――成年後見制度導入に関する民法改正4――日本の先例から学ぶ成年後見制度施行における課題5――...

続きを見る

2012年05月31日

女性を中心に増加している脱北者の現況や定着への課題!

1993年に8人に過ぎなかった韓国に入国した脱北者数は1999年以降急速に増加し始め2002年には年間1,000人規模に、2006年には年間2000人規模...

続きを見る

2012年04月26日

ご馳走しあうことで「絆」を深めよう!― 無縁死や孤独死の減少を期待する ―

来日して感じた大きなカルチャーショックは、1人で食事をする人の多いことや、「割り勘」が一般的になっていることであった。働く女性のうち、1人で昼食を食べる人...

続きを見る

2012年01月25日

韓国の失業率は本当に低いのか?-非労働力人口の割合などが高いのが原因-

■見出し1--------低すぎる韓国の失業率2--------韓国の失業率が低い理由3--------失業率を正しく比較・分析するには■introduc...

続きを見る

2012年01月25日

日本はハムレット型、韓国はドン・キホーテ型、今後はハム・キホーテ型で対応せよ!

リーマンショック以後、日本では韓国経済や韓国企業への関心度が一層高まった。その理由としては韓国経済がリーマンショック以後の世界同時不況をいち早く抜け出し、...

続きを見る

2012年01月13日

IT技術の発達がユビキタスワークを可能にする!

朝6時ぐらいに起き、テレビをつけニュースを見ながら家族と食事をする。朝食が終わったら、犬の散歩をしながら公園のベンチに座って、スマートフォンで会社からのメ...

続きを見る

2011年12月26日

コンビニより歯科診療所が多い現実をどう考えるべきか!

今から13年前、日本に来て受けた最初の感想は、人々が親切であることや街がよく整理され綺麗であること、筆者が住んでいた韓国の仁川より物価が高いことであった。...

続きを見る

2011年10月24日

韓国における勤労奨励税制(EITC)の現況

勤労奨励税制とは、ひとことで言うと「低所得者が働くことを支援するための補助金」のことであり、韓国では2008年から実施されている。韓国政府は、勤労奨励税制...

続きを見る

2010年12月24日

韓国社会における個人や企業の社会貢献活動の現状

■目次1--------韓国における寄付の現状2--------寄付と関連した税制改正3--------社会貢献活動のグローバル化4--------結論■...

続きを見る

2010年10月25日

韓国における年金制度と最近の動向

韓国における代表的な公的年金制度である国民年金制度は1988年に導入されてから、今年で22年目を迎えている。2008年から完全老齢年金が支給されているもの...

続きを見る

2010年05月24日

韓国における高齢化とジェロントロジー研究への取り組み

■目次1--------韓国における高齢化の進展2--------高齢者問題に関する研究への取り組み3--------老年学研究の多様化やジェロントロジー...

続きを見る

2010年04月30日

韓国における高齢化とジェロントロジー研究への取り組み

■目次1――韓国における高齢化の進展2――高齢者問題に関する研究への取り組み3――老年学研究の多様化やジェロントロジー研究への接近■introductio...

続きを見る

2010年01月25日

文武両道の時代?

先日、全国の小学校5年生と中学校2年生を対象に実施した「平成21年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査(以下、体力調査)」の結果が発表され、以前に発表され...

続きを見る

2009年08月26日

労働力の非正規化の日韓比較 -その要因と社会への影響-

1日韓両国ともに、労働力の非正規化が進展している。90年代後半から2000年にかけて日本や韓国では非正規雇用者が急激に増加しており、彼らの雇用や生活に対す...

続きを見る

2009年06月24日

韓国における高齢化の進展と介護保険制度の導入

韓国における人口高齢化は日本を上回るほど速いスピードで進んでおり、韓国政府は人口高齢化に対応するための政策を次々と発表している。その中で介護の社会化を目指...

続きを見る

2008年12月26日

制度の発展過程から見た日本と韓国の医療保険制度

日本と韓国の医療保険制度は、社会保険方式という同じ母体から出発しているものの、両国の経済・政治・社会的な特徴等によって、異なる形態で発展してきた。特に、両...

続きを見る

2008年12月25日

日中韓で新しい社会保障制度の世界モデルを

日中韓3ヶ国は過去から現在に至るまで政治・経済・文化面における共通点が多く、お互いの制度に影響を与え合いながらこれまで発展・成長してきた。中でも儒教思想に...

続きを見る

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る