上野 剛志

経済研究部 シニアエコノミスト

上野 剛志(うえの つよし)

研究・専門分野
金融、日本経済

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 金融、日本経済
自己紹介

為替や金利、株価と言った金融市場の動きは、実体経済全体に多大な影響を与えるとともに、個々企業の事業活動や家計の資産運用にとっても非常に重要なファクターとなっています。一方で近年では、世界経済・金融の構造変化、とりわけ先進・新興国間のパワーバランス変化や主要国の財政懸念といった構造問題、先進国中央銀行の未曾有の金融緩和により、金融市場を取り巻く環境はますます複雑化しています。これまで、世界経済の動向を踏まえながら金融市場・政策やマネーの動きをグローバルにウォッチし、分析を重ねてきました。「金融問題を読み解き、旬の情報を提供すること」が自分の役割であると思っています。一見ややこしいイメージのある領域ですが、より幅広い方々の「なるほど感」を得られるよう、分かりやすさを第一に心がけています。

経歴 ・ 1998年 日本生命保険相互会社入社
・ 2009年 ニッセイ基礎研究所へ

上野 剛志のレポート

2018年05月11日

貸出・マネタリー統計(18年4月)~銀行貸出の伸び率低下が一服

58647_ext_03_0_S.jpg

5月10日に発表された貸出・預金動向(速報)によると、4月の銀行貸出(平均残高)の伸び率は前年比2.02%と前月(同1.87%)から上昇した。伸び率の上昇...

続きを見る

2018年05月02日

金融市場を左右する原油相場~原油価格の見通しと市場への影響

58584_ext_03_0_S.jpg

最近の円安ドル高を牽引した米長期金利上昇の背景には、米国経済の良好なファンダメンタルズや財政赤字拡大が背景にあるが、原油価格の上昇も一役買っている点は見逃...

続きを見る

2018年04月23日

トランプ政権の対日通商圧力が円高圧力に~マーケット・カルテ5月号

58493_ext_03_0_S.jpg

4月月初に米中貿易摩擦への警戒が高まり、ドル円は一時105円台に下落、シリア情勢の緊迫化も円の下支えとなったが、その後、(1)米中貿易摩擦への警戒が後退し...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2018年04月19日 第168回 さんもく会 「国際情勢と日本経済の展望2018」 株式会社工業市場研究所
2017年06月15日 第161回さんもく会 「国際情勢と日本経済の展望2017」 株式会社工業市場研究所
2017年06月07日 日経電子版 仕事帰りの経済セミナー 「地政学リスクと金融市場」 日本経済新聞社

講演・学会報告をもっと見る

TV出演

放送日 内容 番組名
2017年11月15日 ガソリン価格9週連続↑ サウジでいったい何が・・・ テレビ東京 「ワールドビジネスサテライト」
2016年06月21日 円高進行の要因分析 日経CNBC 「デリバティブ マーケット」
2016年05月24日 為替材料は利上げとブリグジット 日経CNBC 「デリバティブ マーケット」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2018年05月17日 読売新聞 朝刊 9面 米経済堅調 円安進む 110円台 利上げ加速 見方広がる
2018年05月03日 フジサンケイビジネスアイ 4面 消費増税時の家計負担2.2兆円増 日銀20年度試算、打撃は「小幅」予測
2018年05月02日 東奥日報 朝刊 5面 家計負担 20年度2.2兆円増 消費増税時 日銀が試算

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2018年05月18日 時事通信 〔週間外為見通し〕 ドル円、米住宅指標で弱含みも
2018年05月10日 Bloomberg 邦銀運用 「八方ふさがり」、LIBOR上昇で-外債売り越し過去最大
2018年05月07日号 日経ビジネス 27P 「消えた14兆円」を代替する貧テック

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る