三尾 幸吉郎

経済研究部 上席研究員 ・ 保険研究部兼任

三尾 幸吉郎(みお こうきちろう)

研究・専門分野
中国経済

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 中国経済
自己紹介

中国経済の調査・分析・予測を担当しております。中国のこれまでの経済発展の歴史を踏まえた上で、経済構造のトレンド変化や中国の最高指導部が打ち出す構造改革の真意を読み解くとともに、中国より先行して経済発展した日本や韓国などの成功例や、経済発展の途上で「中所得国の罠」に陥ってしまった国々の失敗例を参考にしつつ、中国経済を予測しています。また、中国で公表される極めて難解な景気指標を詳細に分析して足元の景気動向をレポートしたり、日本や米国の投資顧問会社などで通算27年に渡る証券運用の実務経験を生かして住宅価格、株価、人民元相場などの動きをご紹介したりしております。そして、中国への証券投資、中国での製造や販売、中国から訪れる旅行者のインバウンド消費など、日本人が展開する中国ビジネスに貢献していきたいと思っています。

経歴 【職歴】
・1982年 日本生命保険相互会社入社
・2000年 ニッセイアセットマネジメント株式会社入社
 ・早稲田大学ファイナンス研究センター非常勤講師(2004年-2005年)
・2009年 ニッセイ基礎研究所 経済調査部門
・2013年7月より現職

【加入団体等】
・日本証券アナリスト協会 検定会員

三尾 幸吉郎のレポート

2017年09月04日

最近の人民元と今後の展開(2017年9月号)~党大会後の人民元レートはどうなるのか?

8月の人民元レート(スポット・オファー、中国外貨取引センター)は米ドルに対して上昇、8月末は前月末比2.1%上昇の1米ドル=6.5910元で取引を終えた。...

続きを見る

2017年08月22日

中国経済見通し~景気は党大会後も大丈夫なのか?

中国国家統計局が公表した2017年上期(1-6月期)の国内総生産(GDP)は実質で前年比6.9%増と16年通期の同6.7%増を0.2ポイント上回った。20...

続きを見る

2017年08月02日

最近の人民元と今後の展開(2017年8月号)~「人民元ショック」の再発に御用心!

7月の人民元レート(スポット・オファー、中国外貨取引センター)は米ドルに対して上昇、7月末は前月末比0.8%上昇の1米ドル=6.7291元で取引を終えた。...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2017年07月19日 基礎研公開セミナー 「転換期にある中国経済と今後の見通し」 ニッセイ基礎研究所
2016年11月14日 経済体制論 「中国の貿易構造の変化から新常態を分析する」 慶應義塾大学
2016年09月13日 仕事帰りの経済セミナー 「転機の中国経済」 日本経済新聞 電子版

講演・学会報告をもっと見る

TV出演

放送日 内容 番組名
2017年09月02日 中国の不良債権問題 BS12 Twellv 「マーケット・アナライズ plus+」
2017年08月26日 中国経済の見通し BS12 Twellv 「マーケット・アナライズ plus+」
2016年10月14日 “BREXIT”中間報告 日経CNBC 「夜エクスプレスワイド」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2017年08月14日 夕刊フジ 2面 人民元ショック再来か
2017年08月11日 読売新聞 朝刊 13面 人民元 対ドル上昇続く 1年ぶり水準 党大会向け安定図る
2017年07月12日 産経新聞 朝刊 1面 紅いバブル 中国経済の行方(中) 不動産過熱「東京はその程度か

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2017年09月19日号 週刊エコノミスト 94P 中国の住宅価格(9月18日) 巨大都市と中堅都市の上昇率注目
2017年08月01日号 近代セールス 11P 人民元が米ドルに対して小反発 背景には中国経済の持ち直し
2017年07月20日号 金融財政ビジネス 14-18P 中国経済、6.5%前後の安定成長へ 下期に減速、リスクは住宅バブル

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る