塩澤 誠一郎

社会研究部 准主任研究員

塩澤 誠一郎(しおざわ せいいちろう)

研究・専門分野
都市・地域計画、土地・住宅政策、文化施設開発

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 都市・地域計画、土地・住宅政策、文化施設開発
自己紹介 都市には固有性があります。そこには物理的な空間特性ばかりでなく、人々の活動がつくりだした環境やそれらの時間的な積み重ねにより形作られた文化が含まれます。そうしたもの全てが都市の個性をつくり、魅力となります。

少子高齢化や低炭素化など都市政策上の課題や都市づくりの理念は共通でも、都市に固有性がある以上、政策手段の行使や計画立案は一様にはならないはずです。こうした課題意識を念頭に、実際に都市のマスタープランづくりや地域のまちづくりに携わった経験を活かして、プランニングやデザインという視点から都市や街、住まいを捉え、望ましいまちづくり、住まいづくり、施設づくりのあり方を社会に問いかけていきたいと考えています。
経歴 【職歴】
 1994年 (株)住宅・都市問題研究所入社
 2004年より現職
 ・技術士(建設部門、都市及び地方計画)

【加入団体等】
 ・日本建築学会
 ・日本都市計画学会

塩澤 誠一郎のレポート

2017年04月07日

シェアリングエコノミーの原点は公園にあった!? -空間と時間を分かち合う文化に見る幸せの法則

55435_ext_03_0_S.jpg

先日、石神井池のほとりを通りかかったときのことだ、前方に人だかりが見えた。近づいてみると、池でラジコンボートを航行させている人たちと、それを見学する人々だ...

続きを見る

2017年03月29日

まちづくりレポート|みんなで創るマチ 問屋町(といやちょう)-若い店主とオーナーの連携によりさらなるブランド価値向上に挑む岡山市北区問屋町

55355_ext_03_0_S.jpg

かつて計画的に造ったまちの特徴を生かして、倉庫だった建物を活用し、魅力的な店舗にリノベーションして、人を呼び込みそれをエリア全体に波及させていく。中心市街...

続きを見る

2017年03月08日

日本初の「クリエイティブリユース」の拠点とは?-倉敷玉島のまちに息づく“創造の源”を訪ねて

55230_ext_03_0_S.jpg

とあるプロジェクトに関わるようになってから、「廃材」が気になるようになった。廃材は「ごみ」として廃棄されたものであるが、「ごみ」にしなければ「素材」である...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

塩澤 誠一郎のパブリシティ

著書

  • 未来がみえた! ―10人のメンバーがみた地域発「チーム力」
    未来がみえた! ―10人のメンバーがみた地域発「チーム力」
    著書:
    日本生命保険相互会社 代表取締役社長 筒井 義信(編著)
    出版社:
    プレジデント社
    発行年月:
    2016年10月
    定価:
    ¥1,200(税抜き)

     

    ※当研究所、加藤えり子・塩澤誠一郎・竹内一雅・谷本忠和・前田展弘・宮垣淳一・矢嶋康次・薮内哲・吉本光宏が執筆。


    「閉塞感が漂う日本だからこそ、明るい未来がみえた全国各地の取り組みを世の中に伝えよう!」という本書の企画に賛同した、ニッセイ基礎研究所研究員が中心の、10人の有志一同。

  • 文化からの復興―市民と震災といわきアリオスと
    文化からの復興―市民と震災といわきアリオスと
    著書:
    ニッセイ基礎研究所/いわき芸術文化交流館アリオス(編著)
    出版社:
    水曜社
    発行年月:
    2012年7月
    定価:
    ¥1,890

    ※ 当研究所、吉本光宏、塩澤誠一郎、大澤寅雄が執筆に参加。




    東日本大震災から1年、復興は緒に就いたばかりだ。


    住宅や公共施設、都市インフラなど、被災地の生活の再建、産業や経済の復興は一刻を争う。そんな中、福島第一原発から40kmに立地するアートセンターが、市民と一体になって文化による復興にチャレンジしている。


    その1年をドキュメントにまとめ、震災後の日本の未来を文化から展望し、公共文化施設が持つ本来の役割を考える。

著書をもっと見る

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2017年02月10日 地方創生に係る県内造園業者勉強会 「共感が生み出す心地よい地域社会づくり」 舟橋村
2016年12月19日 舟橋村創生プロジェクト総合推進会議 第2回ハウスメーカー勉強会講演 「地方創生時代の戦略的住宅開発について」 舟橋村
2012年11月15日 平成24年度埼玉県都市計画協会講演会 「高齢社会に対応した街の構造はいかにあるべきか」 埼玉県都市計画協会

講演・学会報告をもっと見る

TV出演

放送日 内容 番組名
2016年04月05日 今日の特集 山梨の校歌には必ず”山”が使われる? 山梨放送 YBSテレビ 「ててて!TV」
2015年07月26日 自動運転車が変える高齢期の生活について BSジャパン 「テレビ日経おとなのOFF」
2013年06月19日 アップサイクルについて TBS「はなまるマーケット」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2016年11月27日 日本経済新聞 朝刊 13面 都市農地 覆う2022年問題
2016年08月23日 読売新聞 朝刊 24面 近所付き合いしやすい賃貸
2015年04月07日 読売新聞 朝刊 19面 入居者「孤独死」 備える保険

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2017年04月11日 マチュアスタイル 50代以上で住み替え派が増えている。
2017年03月 宅地建物取引業の実務の視点で学ぶ登録講習テキスト 監修 「第5編第3章 宅地建物の需給」
2016年11月27日 日本経済新聞 電子版 都市農地、覆う2022年問題 宅地転用で空き家増加?

雑誌等掲載をもっと見る

受託実績

年度 タイトル
2014年度

2013年度戸建注文住宅顧客実態調査
住宅政策に資する基礎的データを得るために、社団法人住宅生産団体連合会が会員企業を対象に、顧客からの注文実態について、2000年度から毎年継続して実施しているアンケート調査の集計、分析。

一般社団法人住宅生産団体連合会

2014年度

都市空間の可変的利用方策に関する調査業務
社会変化や時間経過とともに変化する、都市に求められる機能やスペックに対し、現用途や所有・管理主体の枠組みを超えて、柔軟かつ迅速に用途や範囲を変更することで対応することのできる、都市空間の可変的利用の可能性とあり方及びそれを実現させる手法、制度について調査・研究を実施。

国土交通省国土交通政策研究所

2013年度

2012年度戸建注文住宅顧客実態調査
住宅政策に資する基礎的データを得るために、一般社団法人住宅生産団体連合会が会員企業を対象に、顧客からの注文実態について、2000年度から毎年継続して実施しているアンケート調査の集計、分析業務を実施。

一般社団法人住宅生産団体連合会

受託実績をもっと見る

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る