加藤 えり子

金融研究部 不動産運用調査室長

加藤 えり子(かとう えりこ)

研究・専門分野
不動産市場・投資分析

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 不動産市場・投資分析
自己紹介

国内の不動産投資に関する調査・分析の分野は、近年目覚しく発展してきました。その背景には海外投資家の参入による投資手法の浸透や、上場J-REITによる開示データの充実などがありました。年金基金を含めた機関投資家による不動産投資も次第に増え、市場サイクルを経て低調期を経験しながらも様々な不動産投資商品が認知されてきています。今後も不動産投資運用に関連した分野は成長していくことが予想されますが、不動産は重要な投資対象であると同時に生活やビジネスの場でもあり人間味のある資産です。それを踏まえた多角的な視点での分析や発信を行っていきたいと考えています。

経歴 【職歴】
 1996年 不動産シンジケーション協議会(現 一般社団法人不動産証券化協会)
 2003年 ユナイティッド投信投資顧問/ハイトマンインターナショナルLLC
 2005年 AIGグローバル・リアルエステイト・アジアパシフィック
       (現 インベスコ・グローバル・リアルエステート・アジアパシフィック)
 2006年 (株)住信基礎研究所(現 (株)三井住友トラスト基礎研究所)
 2014年 (株)ニッセイ基礎研究所

【加入団体等】
 ・公益社団法人日本証券アナリスト協会 投資パフォーマンス基準委員
 ・一般社団法人不動産証券化協会認定マスター

加藤 えり子のレポート

2017年03月06日

地方都市でオフィス需給逼迫、東京は大量供給?に見えるもの

55207_ext_03_0_S.jpg

2016年以降、地方主要都市のオフィス賃貸市場の回復が顕著になってきている。特に大阪、札幌、福岡、仙台ではオフィス床が不足している状況で、駅前で大型ビルの...

続きを見る

2017年02月03日

国内年金による不動産投資状況と投資形態別リターン

年金基金による不動産投資は、低金利下で運用対象を模索する中、投資の選択肢として少しずつ広がりを見せている。本稿では不動産の投資形態ごとに状況をまとめた。

続きを見る

2016年11月29日

転換期を迎えた世界の不動産投資市場

2007年から2008年に起こった世界金融危機(Global Financial Crisis、以下GFC)の後、各国で金融緩和政策がとられたことにより、投資...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

加藤 えり子のパブリシティ

著書

  • 未来がみえた! ―10人のメンバーがみた地域発「チーム力」
    未来がみえた! ―10人のメンバーがみた地域発「チーム力」
    著書:
    日本生命保険相互会社 代表取締役社長 筒井 義信(編著)
    出版社:
    プレジデント社
    発行年月:
    2016年10月
    定価:
    ¥1,200(税抜き)

     

    ※当研究所、加藤えり子・塩澤誠一郎・竹内一雅・谷本忠和・前田展弘・宮垣淳一・矢嶋康次・薮内哲・吉本光宏が執筆。


    「閉塞感が漂う日本だからこそ、明るい未来がみえた全国各地の取り組みを世の中に伝えよう!」という本書の企画に賛同した、ニッセイ基礎研究所研究員が中心の、10人の有志一同。

  • 不動産力を磨く―Q&Aで“手ごわい客”になる知識を身に付ける―
    不動産力を磨く―Q&Aで“手ごわい客”になる知識を身に付ける―
    著書:
    松村徹(編)/ニッセイ基礎研究所 不動産投資チーム(著)
    出版社:
    日経BP社
    発行年月:
    2014年10月
    定価:
    2200(税抜き)

    ※当研究所、不動産投資チーム 松村徹、竹内一雅、加藤えり子、岩佐浩人、増宮守が執筆。


    本書は、ごく普通のビジネスパーソンが、メディアや不動産業界で流布している常識的なものの見方や考え方、セールストークに対して、「それはおかしいのではないか」「大事なのはそこではない」「今はそうでもこれからはどうか」と意見を言ったり、疑問を呈したりできる力、「不動産力」を磨くための入門書です。前著『不動産ビジネスはますます面白くなる~成熟市場で成長の芽を見いだす~』の姉妹編にあたり、不動産市場分析のプロである不動産投資チームが執筆しています。

著書をもっと見る

イベント シンポジウム

講演日 講演タイトル 主催
2016年10月18日 ポスト2020、魅力ある世界都市へ - 訪日客数4000万人時代への挑戦 - 株式会社ニッセイ基礎研究所│後援:日本生命保険相互会社

イベント シンポジウムをもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2017年03月号 月刊不動産鑑定 9-27P 国際情勢・経済・金融の最新動向と日本の不動産市場の見通し
2017年01・02月号 ARES不動産証券化ジャーナル 27-29P 私募ファンド・私募リート市場の変遷からみたJリート市場への期待

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る