吉本 光宏

社会研究部 研究理事

吉本 光宏(よしもと みつひろ)

研究・専門分野
芸術文化政策、文化施設開発、文化施設運営・評価、創造都市、オリンピックと文化

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 芸術文化政策、文化施設開発、文化施設運営・評価、創造都市、オリンピックと文化
自己紹介

今では芸術は、美術館や劇場で鑑賞したり、趣味や娯楽で楽しんだりするだけの存在ではなくなりつつあります。例えば、芸術の授業を受けた子どもたちの方が、国語や算数、理科の成績が高い、という調査結果があります。お年寄りが芸術活動に参加して、リハビリでは上がらなかった腕が上がった、気がついたら車いすから立ち上がっていたなど、周囲が驚くようなこともしばしば起こります。過疎と高齢化に悩んできた徳島県の山村では、アーティスト・イン・レジデンス事業がきっかけとなり、創造的過疎という考え方に基づいて人口の社会増が起こりました。教育や福祉、地域再生など、現代の日本社会が抱える様々な課題に対し、芸術ならではの革新的なソリューションがもたらされる、そんな時代が到来しています。それを実現するため、従来の文化政策をいかに強化し、他の政策領域との連携をどのように進めるべきか―。

2020年の東京五輪はその絶好の機会となるでしょう。オリンピック憲章には「スポーツを文化と教育と融合させる」ことが明記され、2012年ロンドン大会の文化プログラムの成功を受けて、2020年五輪でも文化の祭典への気運が高まっているからです。

経歴 【職歴】
 1983年 (株)黒川玲建築設計事務所入社
 1985年 (株)社会工学研究所入社
 1989年 (株)ニッセイ基礎研究所入社
 2014年 研究理事に就任 [社会研究部 芸術文化プロジェクト室長を兼務]
 
【非常勤講師】
東京藝術大学・同大学院(2012-/2000-09)、青山学院大学大学院(2010-2015)、東京大学大学院(2012)、東京学芸大学(2001-04)

【委員会委員】
(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会「文化・教育委員会」委員(2017-)、文化庁「文化審議会/文化政策部会」委員(2014-/2004-11)、東京芸術文化評議会評議員・文化プログラム検討部会部会長等(2007-)、文化庁「2020年に向けた文化イベント等の在り方検討会」座長(2014-15)、文科省「オリンピック・パラリンピック教育に関する有識者会議」委員(2015-16)、外務省独立行政法人評価委員会委員(2010-2014)、アーツカウンシル東京ボード委員(2011-)、東京都「東京のオリンピック・パラリンピック教育を考える有識者会議」委員(2015-16)、World Cities Culture Forum Founding Member(2012-)、創造都市横浜推進委員会等委員長(2004-15)、東アジア文化都市企画部会長(2013-14)、全国知事会地方自治先進政策センター頭脳センター専門委員(2007-)他多数

【団体役員】
(公社)企業メセナ協議会理事(2010-)、(公財)国際文化会館評議員(2016-)、(公財)ニッセイ文化振興財団(日生劇場)理事・評議員(2014-/1998-2013)、文化経済学会〈日本〉理事(2006-)、日本文化政策学会理事(2013-)、NPO法人アートNPOリンク理事(2006-2016)等

【業務履歴】
東京オペラシティ、国立新美術館、世田谷パブリックシアター、いわき芸術文化交流館アリオス等の文化施設開発、東京国際フォーラムや電通新社屋のアート計画などのコンサルタントとして活躍する他、文化政策や公立劇場・ホールの運営・評価、創造都市、オリンピックと文化、アートNPO、アウトリーチ、メセナなど、アートマネジメント分野の幅広い調査研究に取り組む。
1997年7月~98年6月(公財)セゾン文化財団の助成で米国コロンビア大学大学院(アーツ・アドミニストレーション専攻)に留学。

吉本 光宏のレポート

2018年06月07日

創造都市横浜の旗艦、錨をあげる-BankART is moving

58794_ext_03_0_S.jpg

3月31日、横浜からBankART StudioNYKの灯が消えた。横浜ばかりか日本の創造都市の原点、象徴とも言える存在だった。運営母体のBankART 19...

続きを見る

2018年05月11日

魂の宿る森の劇場-農村舞台と風力発電

58649_ext_03_0_S.jpg

大型連休の5月3日、徳島県神山町の農村舞台「小野さくら野舞台」で現代アートと浄瑠璃人形、音楽を融合させた公演が行われた。タイトルは「魂の宿るところ」。農村...

続きを見る

2018年04月27日

ロックフェラーが支えるもう一つの日米関係-ジャパン・ソサエティーの110年

58553_ext_03_0_S.jpg

先週、フロリダで日米首脳会談が開催された4月18日、東京では皇太子殿下、雅子妃殿下のご臨席のもと、ジャパン・ソサエティー創立110周年の記念レセプションが...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

吉本 光宏のパブリシティ

著書

  • SETOUCHI TRIENNALE 2016―瀬戸内国際芸術祭2016
    SETOUCHI TRIENNALE 2016―瀬戸内国際芸術祭2016
    著書:
    瀬戸内国際芸術祭実行委員会 (監)/北川 フラム (監)
    出版社:
    現代企画室
    発行年月:
    2017年7月
    定価:
    ¥3,000(税抜き)

     

    ※当研究所の吉本光宏が「瀬戸内の島々に広がる未来への希望―Hope for the Future is Spreading through the Islands of Seto Inland Sea」を寄稿。

    「瀬戸内国際芸術祭2016」は、「海の復権」をテーマに、瀬戸内海の12の島々と2つの港周辺を舞台に、会期を春、夏、秋の3つに分けて、2016年3月20日から計108日間開催しました。
    「瀬戸内国際芸術祭2016」は、魅力ある作品・イベントの展開に加え、「海でつながるアジア・世界との交流」、「瀬戸内 の『食』を味わう食プロジェクト」、獅子舞や盆栽など地域文化の独自性の発信にも力を入れた芸術祭でした。
    「瀬戸内国際芸術祭2016」は、春、夏、秋の3会期合わせて100万人を超える来場者数を記録。本書は、新たな段階に入った「瀬戸内国際芸術祭2016」の全作品&イベントを収録した公式記録集です。

  • 未来がみえた! ―10人のメンバーがみた地域発「チーム力」
    未来がみえた! ―10人のメンバーがみた地域発「チーム力」
    著書:
    日本生命保険相互会社 代表取締役社長 筒井 義信(編著)
    出版社:
    プレジデント社
    発行年月:
    2016年10月
    定価:
    ¥1,200(税抜き)

     

    ※当研究所、加藤えり子・塩澤誠一郎・竹内一雅・谷本忠和・前田展弘・宮垣淳一・矢嶋康次・薮内哲・吉本光宏が執筆。


    「閉塞感が漂う日本だからこそ、明るい未来がみえた全国各地の取り組みを世の中に伝えよう!」という本書の企画に賛同した、ニッセイ基礎研究所研究員が中心の、10人の有志一同。

  • 神山プロジェクトという可能性~地方創生、循環の未来について~
    神山プロジェクトという可能性~地方創生、循環の未来について~
    著書:
    NPO法人グリーンバレー/信時正人(共著)
    出版社:
    廣済堂出版
    発行年月:
    2016年8月
    定価:
    ¥2,000(税抜き)

     

    ※当研究所の吉本光宏が第3章「神山プロジェクトの未来を担う人々」を一部執筆。


    消費者庁の地方移転業務試行も行われ、全国の自治体などから注目される徳島県神山町。人口6000人に満たないこの町で展開されているユニークな地方創生モデルの魅力を、キーマンの大南信也氏、サテライトオフィスを構える東京のIT企業、アーティスト、ビストロ・オーナー、15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展(2016年)で審査員特別表彰の建築家などの証言で明らかにしていきます。

    これまでとは違う働き方、暮らし方、生き方のヒントが満載です。

著書をもっと見る

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2018年06月07日 公共ホール音楽活性化アウトリーチフォーラム事業 秋田セッション アウトリーチ・シンポジウム  「アウトリーチから広がる芸術と地域の可能性」 秋田県主催、(一財)地域創造共催
2018年05月23日 2017年度メセナ活動実態調査報告会フォーラム 「SDGsと企業メセナ」  モデレーター (公社)企業メセナ協議会
2018年03月31日 東京2020に向けた市民ミーティング in 小平 「東京2020大会――文化プログラムから地域の活力創出を(2)」 小平市

講演・学会報告をもっと見る

TV出演

放送日 内容 番組名
2016年12月13日 特集「2020東京大会 動き出した文化プログラムの意味」 NHKラジオ第1 「先読み!夕方ニュース」
2015年07月22日 日立市「市民文化シンポジウム」 ケーブルテレビ JWAY 「デイリー日立 水曜号」
2015年07月18日 文化芸術で町づくり シンポジウム NHK(水戸放送局) 「茨城ニュース いば6」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2018年04月19日 中国新聞 朝刊 31面 地方と五輪レガシー古今東西 第1部「西」編 「文化プログラム 英全土で住民活動促進」
2018年03月22日 日本経済新聞 夕刊 5面 アートに熱中 男を磨く 音楽・演劇 生涯通じた生きがいに 人間関係広がる効用は大
2018年02月10日 京都新聞 朝刊 13面 東京と異なる価値観を

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2018年03月30日 札幌国際芸術祭HP Keep asking the question, "How do we define 'Art Festival'?" - Beyond SIAF 2017
2018年03月30日 札幌国際芸術祭HP 芸術祭ってなんだ?を問い続けること――札幌国際芸術祭2017を巡って
2018年03月28日 文化庁 Culture NIPPON HP Culture NIPPON シンポジウムin大分 「文化プログラムは地域にとっての文化芸術の役割を考え直す契機」

雑誌等掲載をもっと見る

受託実績

年度 タイトル
2015年度

ロンドン2012大会――文化プログラムの全国展開はどのように行われたのか
東京2020大会では、文化オリンピアードや文化プログラムの全国展開が検討されている。本稿では、オリンピックと文化の関係や歴史を概観したうえで、その歴史を変えたと言われるロンドン2012大会の文化オリンピアードの全体像について、プログラムの内容や運営体制、予算、ウェスト・ミッドランズやスコットランドなど地方都市における実績や代表例、成果などを整理し、東京2020大会に向けた展望を考察した。

※ レポートはこちら

雑誌地域創造 2016年3月発行号 (c) 一般財団法人地域創造

  • 公開中
2016年度

高齢社会と向き合う英国マンチェスター─エイジフレンドリーな都市を目指して
高齢社会への対応は、日本ばかりか世界各国に共通するきわめて大きな課題となっており、世界保健機構(WHO)は2010年にエイジフレンドリーな(高齢者にやさしい)都市の世界的ネットワークを立ち上げた。本稿では、このネットワークにいち早く参加した英国マンチェスター市の高齢者政策の全体像、高齢社会と向き合う文化施設や芸術団体のユニークな取組、アートならではの効果などを整理した。

※ レポートはこちら

雑誌地域創造 2017年3月発行号 (c) 一般財団法人地域創造

  • 公開中
2016年度

文化庁の京都移転に関する調査研究(海外調査)
文化庁は機能強化を図りつつ、数年の内に京都に全面的に移転する方針であり、今後、新たな政策ニーズ等に対応できる組織体制づくりが必要である。本調査研究では、その参考とすべく、英国、フランス、ドイツ、イタリア、韓国の文化担当省の政策や予算、組織体制に加え、昨今の重要施策を把握し、文化庁との比較を含め、それらの調査結果を分析することで、文化庁が今後参考とすべき政策について考察を行った。

※ 委託機関で報告書を公開しています。

文化庁

  • 公開中

受託実績をもっと見る

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る