清水 仁志

総合政策研究部 研究員・経済研究部兼任

清水 仁志(しみず ひとし)

研究・専門分野
日本経済

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 日本経済
自己紹介

アベノミクス以降、日本経済全体を見れば企業の業績は上向いてきました。しかし一方で、進展する少子高齢化に伴う労働市場、社会保障費増大などの構造問題の歪みは一層深刻になってきています。米国、EUの政治などのグローバルなリスクも健在です。そのような様々なリスクがとりまく中、包括的に解決できるような情報発信をしていきたいと思います。

経歴 【職歴】
 2016年 日本生命保険相互会社入社
 2017年 ニッセイ基礎研究所へ

清水 仁志のレポート

2018年07月03日

労働市場の流動化を促すために退職給付制度の見直しを

58970_ext_03_0_S.jpg

我が国の生産年齢人口が減少する中で、経済を活性化するためには、労働力がより生産性の高い産業・企業へ円滑にシフトしうる環境作りが必要だ。かつて雇用の調整にお...

続きを見る

2018年03月23日

シルバー民主主義と若者世代~超高齢社会における1人1票の限界~

58222_ext_03_0_S.jpg

シルバー民主主義とは一般に「高齢者優遇の政治により必要な改革が阻止される現象」と定義される。日本では、シルバー民主主義により高齢者に切り込むことができない...

続きを見る

2017年11月02日

人手不足に対する採用のあり方-博士課程修了者の採用からみる人材の活用

57044_ext_03_0_S.jpg

安倍首相が掲げる「ニッポン一億総活躍プラン」の下、あらゆる場で、誰もが活躍できる、全員参加型の一億総活躍社会を実現しようとしている。その背景にあるのが少子...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る