牧野 敬一郎

経済研究部 研究員

牧野 敬一郎(まきの けいいちろう)

研究・専門分野
日本経済

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 日本経済
自己紹介

日本は、長きに渡るデフレからの脱却と経済再生を目指しているが、国内外に障壁が山積している。国内では、短期的に「消費の拡大」、中長期的にも「人口問題」、「財政・社会保障問題」が課題となる。国外でも、中国経済減速等、世界経済の懸念材料が消えない。そんな中で、日銀の「マイナス金利」導入・「仮想通貨」や「FinTech」等の新技術発展は市場への変化を大きく促している。2020年には、東京オリンピックが開催されるなど、明るい材料も現れており、日本経済は新たな局面を迎えている。こうした各事象を整理した上で、課題解決に向けた提言を幅広く行っていく。

経歴 【職歴】
 2010年 日本生命保険相互会社入社
 2016年 ニッセイ基礎研究所へ

牧野 敬一郎のレポート

2016年08月31日

日本の食文化「ウナギ」~いつかうなぎのぼりの供給量に~

53739_ext_03_0_S.jpg

先月の7月30日は土用の丑の日だったが、財布と相談してウナギはあきらめた。ウナギの価格は、ここ10年で約2倍になっている。まさに、うなぎのぼりだ。価格がこ...

続きを見る

レポートをもっと見る

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る