神戸 雄堂

経済研究部 研究員

神戸 雄堂(かんべ ゆうどう)

研究・専門分野
財政

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 財政
自己紹介

わが国の財政については、債務残高がついに対GDP比200%を超え、財政健全化が急務となっています。財政健全化に向けては基礎的財政収支の黒字化、ひいては経済成長と財政健全化との両立が不可欠となります。経済成長と財政健全化の両立には、消費税率の引き上げを含む社会保障・税一体改革、一億総活躍社会の実現に向けた対策、財政政策による経済の安定化、地方創生の推進等の様々なトピックスが関係するため、多角的に分析し、わかりやすく情報発信していきたいと思います。

経歴 【職歴】
 2009年 日本生命保険相互会社入社
 2016年 ニッセイ基礎研究所へ

神戸 雄堂のレポート

2016年10月04日

地方公共団体の財政健全化について~「平成27年度決算に基づく健全化判断比率・資金不足比率の概要(速報)」について~

総務省が9月30日に公表した「平成27年度決算に基づく健全化判断比率・資金不足比率の概要(速報)」を詳しく見ることで、健全化判断比率ではかられる地方公共団...

続きを見る

2016年08月05日

地方交付税の不交付団体増加が意味することとは~「平成28年度普通交付税の算定結果等」について~

先般、総務省が公表した「平成28年度普通交付税の算定結果等」によると、地方交付税の不交付団体は、H22年度以降増加傾向にあり、特にH27年度からH28年度...

続きを見る

レポートをもっと見る

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る