中嶋 邦夫

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

中嶋 邦夫(なかしま くにお)

研究・専門分野
公的年金財政、年金制度

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 公的年金財政、年金制度
自己紹介

公的年金制度にとって、財政の健全性と国民の信頼や納得は車の両輪のようなものだと思います。財政が健全でなければ信頼や納得は得られないでしょうし、信頼や納得を得られなければ財政の健全性は保ちにくくなるでしょう。年金財政は社会の映し絵ですので、状況に合わせて制度の見直しが必要になります。
このような視点から、公的年金財政の分析を通じて健全性を考察するとともに、その仕組みを分かりやすく伝えていきたいと思っています。また、個人の貯蓄投資行動の分析や年金に関する情報提供の分析を通じて、老後に向けた準備について考えていきたいと思っています。

経歴 【職歴】
 2002年 ニッセイ基礎研究所入社
 ・参議院 厚生労働委員会調査室 客員調査員 (2011~2012年度)
 ・厚生労働省 ねんきん定期便・ねんきんネット・年金通帳等に関する検討会 委員 (2011年度)
 ほか(下記参照)


【加入団体等】
 ・生活経済学会、日本財政学会、ほか
 ・博士(経済学)

中嶋 邦夫のレポート

2018年02月06日

年金改革ウォッチ 2018年2月号~ポイント解説:年金記録訂正の経緯・現状・課題

57827_ext_03_0_S.jpg

先月の年金事業管理部会では、日本年金機構の平成30年度計画の案が説明されました。業務改善計画への集中取り組み期間(3年間)の最終年度となるため、再生プロジ...

続きを見る

2018年01月31日

2018年度の公的年金額は、なぜ据え置かれるのか?-年金額の改定ルールと年金財政への影響、見直し内容の確認

57779_ext_03_0_S.jpg

2018年度の公的年金額は2017年度から据え置かれることが、2018年1月26日に発表されました。物価や賃金が変動している中で、なぜ公的年金額は据え置か...

続きを見る

2018年01月09日

次期公的年金改革の論点

57484_ext_03_0_S.jpg

公的年金の財政検証が行われる年まで、あと1年となった。並行して検討される次期年金改革では、パート労働者へのさらなる適用拡大などの積み残されていた課題が論点...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

中嶋 邦夫のパブリシティ

著書

  • 日経ホームマガジン 老後貧乏にならない! サラリーマンのための退活読本
    日経ホームマガジン 老後貧乏にならない! サラリーマンのための退活読本
    著書:
    日経マネー(編)
    出版社:
    日経BP社
    発行年月:
    2016年9月
    定価:
    ¥1,000(税抜き)

     

    ※当研究所の中嶋邦夫が「専門家の金言 (1)年金 -年金破綻の心配より、将来の稼ぎを考えて」を執筆。


    ≪実例満載!≫ 退職までにやっておくべきこと。

  • 日本の年金制度―そこが知りたい39のポイント
    日本の年金制度―そこが知りたい39のポイント
    著書:
    ニッセイ基礎研究所(編・著)
    出版社:
    一般社団法人金融財政事情研究会
    発行年月:
    2012年10月
    定価:
    ¥1,470

    当研究所、德島勝幸・梅内俊樹・新美隆宏・中嶋邦夫・片山ゆきが執筆。



    わかりにくい「年金制度」を誰もがわかるように、基本情報や知識をわかりやすく・コンパクトに解説。

    老後に重大な影響を与え、すべての国民の生活に直結する年金制度。年金資産の運用や年金財政の実態などを、専門家でなくても理解できるように39の論点に整理、詳説。

    公的年金のほか、確定給付企業年金や確定拠出年金などの企業年金の概要や特徴、資産の運用・リスク管理まで、1項目ずつ丁寧に解説。

    専門家や実務家のみならず、一般社会人・主婦・学生など、いままで年金制度にかかわる機会の少なかった方々が、理解し関心を高めることができる情報・知識が満載。

  • 金融時事用語集 2010年版
    金融時事用語集 2010年版
    著書:
    金融ジャーナル社
    出版社:
    金融ジャーナル社
    発行年月:
    2009年12月
    定価:
    ¥1,575

    ※当研究所、松岡博司、中嶋邦夫が第II章「業務・商品サービス-変額年金保険(松岡)/確定拠出年金(松岡)/保険ショップ(中嶋)」を執筆。


      2010年に話題となる金融時事用語を200項目厳選。金融・証券・保険各界のエキスパートが、用語の背景にあるもの、金融商品・取引の仕組みなど直近のデータを駆使し、現場感覚を重視して“平易・簡潔・具体的”に解説しています。

      新入行職員はもちろん、役員・支店長まで金融マン必携の本書をお届けします。金融のプロが絶賛。大学の教材にも利用されています。

著書をもっと見る

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2017年10月26日 「年金カット法案」はどう報道されたか-全国紙に対する計量テキスト分析によるアプローチ- 日本年金学会
2017年08月31日 「年金カット法案」はどう報道されたか:全国紙に対する計量テキスト分析によるアプローチ 日本行動計量学会
2017年05月18日 モンゴル社会保険実施能力強化プロジェクト 国別研修 「日本の年金制度及び年金実務」(年金数理) 「日本の反省から学んで頂きたいこと」 JICA モンゴル社会保険実施能力強化プロジェクト

講演・学会報告をもっと見る

TV出演

放送日 内容 番組名
2016年11月16日 年金制度関連法案 私たちの年金は? NHK(総合) 「ニュースチェック11」
2016年08月01日 今こそ知りたい 得したい!「年金」 NHK(総合) 「あさイチ 」
2016年07月29日 GPIFは年金をどう運用? TBS 「Nスタ」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2017年12月09日 日本経済新聞 朝刊 23面 厚生年金保険料率、上限の18.3%に―率は固定、金額は給与で変動 給付額抑制し財政バランス
2017年11月18日 読売新聞 朝刊 7面 年金課税 改正限定的か 「現役より優遇」 控除が焦点
2017年05月24日 日本経済新聞 夕刊 11面 拠出の範囲内で給付額調整

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2017年11月06日号 AERA 69P 公的年金は「100年安心」改革で負担が増えた
2017年10月22日 日経ヴェリタス 60面 プロが解説-どうなる私たちの年金(4) 現役時代の給与水準 低いほど減額大きく
2017年10月15日 日経ヴェリタス 60面 プロが解説-どうなる私たちの年金(3) GPIFが大半運用 資産の透明性向上図る

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る