松澤 登

保険研究部 取締役 研究理事

松澤 登(まつざわ のぼる)

研究・専門分野
保険業法・保険法、企業法務

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 保険業法・保険法、企業法務
自己紹介 身近でありながら、実はよくわからないことも多い「生命保険」。「生命保険」をとりまく法環境をわかりやすく情報発信します。
具体的には日本生命での調査部課長・法務室長としての勤務経験を活かし、保険業法・保険法を中心として、企業法務一般について最新状況をトレースし、分析の上で適時に解説することを心がけてまいりたいと考えています。
経歴 1985年 日本生命保険相互会社入社
 2014年 ニッセイ基礎研究所 内部監査室長兼システム部長
 2015年4月より生活研究部部長兼システム部長
 2018年4月より現職

松澤 登のレポート

2018年05月15日

消費者契約法改正案を読み解く-生命保険と消費者契約法改正案

58657_ext_03_0_S.jpg

消費者契約法は民法の特別法として、消費者契約すべてに適用される重要な法律であり、現在、国会でその改正案が審議中である。改正案の内容としては、消費者契約法の...

続きを見る

2016年07月25日

超高齢化社会の“相続問題”‐相続人以外の貢献にどう報いるか-相続法改正中間試案シリーズ(4)(完)

53451_ext_03_0_S.jpg

相続法改正中間試案からトピックスを取り出して紹介するこのシリーズも本稿を持って一旦、完結としたい。本稿で取り上げるテーマは「相続人以外の者の貢献を考慮する...

続きを見る

2016年07月19日

超高齢化社会の“相続問題”-預金払戻トラブルをなくすには-相続法改正中間試案シリーズ(3)

53414_ext_03_0_S.jpg

本稿で相続法改正の中間試案を取り上げるのは三度目となる。今回、取り上げるのは被相続人の預金の取扱である。預金とは正確に言えば、預金債権という財産権のひとつ...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る