伊藤 さゆり

経済研究部 上席研究員

伊藤 さゆり(いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 欧州経済
自己紹介

単一通貨圏に広がった債務危機で大きく揺れたヨーロッパ市場も落ち着きを取り戻しつつありますが、債務危機に見舞われた南欧諸国には若年層を中心とする高失業という深刻な後遺症が残っています。債務危機を教訓とする新たなガバナンスによって財政健全化と雇用の増大を伴う成長の両立を実現し、域内の格差を是正することができるのか?単一通貨圏における銀行同盟への移行は円滑に進むのか?欧州情勢の分析を通じて、日本の経済・企業、政策へのインプリケーションを発信したいと思っています。

経歴 ・ 1987年 日本興業銀行入行
・ 2001年 ニッセイ基礎研究所入社
・ 2012年7月から現職

伊藤 さゆりのレポート

2016年12月09日

欧州経済見通し-17年は政治の年。緩やかな拡大続くが投資の加速は期待できず-

ユーロ圏では著しく緩和的な金融政策とやや拡張的な財政政策に支えられた個人消費主導の成長が続いている。17年の実質GDPは1.4%と予測する。17年も個人消...

続きを見る

2016年11月18日

トランプ・ショックと欧州-現実味帯びるポピュリズム伝播、試金石として注目されるイタリア国民投票-

大統領選挙でのトランプ氏勝利の波紋は欧州でも広がっている。EUと米国との環大西洋貿易投資協定(TTIP)の行方は益々不透明になった。トランプ時期大統領は北...

続きを見る

2016年11月04日

ハード・ブレグジット懸念で進むポンド安

メイ首相の施政方針演説をきっかけに、EU離脱後の英国がEUの単一市場への自由なアクセスを失う「ハード・ブレグジット」への懸念が高まり、ポンド安が進んでいる...

続きを見る

レポートをもっと見る

伊藤 さゆりのパブリシティ

著書

  • EUは危機を超えられるか―統合と分裂の相克
    EUは危機を超えられるか―統合と分裂の相克
    著書:
    岡部 直明(編著)/EU研究会(著)
    出版社:
    NTT出版
    発行年月:
    2016年10月
    定価:
    ¥2,400(税抜き)

    ※当研究所、伊藤さゆりが第2部 第10章「雇用の構造不安は解消するか」を執筆。


    今、EU問題で考えるべきことは何か?

    英国のEU離脱後、分裂の危機を深めるEU。ユーロ危機、難民問題など様々な問題にどう対処していくのか。大戦の反省を踏まえて出発したEUという壮大な試みの前途を予測するべく、EU問題のエキスパートが総結集して徹底的に分析する。

  • EU分裂と世界経済危機―イギリス離脱は何をもたらすか
    EU分裂と世界経済危機―イギリス離脱は何をもたらすか
    著書:
    伊藤 さゆり(著)
    出版社:
    NHK出版
    発行年月:
    2016年10月
    定価:
    ¥740(税抜き)

    ※当研究所、伊藤さゆりが執筆。



    分裂へと向かうEUが、世界経済に与える影響とは? いま知りたい疑問に答える!
    英国民が「EU離脱」の道を選択すると、市場はパニック状態へと陥った。先行き不透明な状況はいまだ変わらず、他方で世界経済は金融緩和と規制強化によるリスクを抱えている。EUはこのまま分裂してしまうのか? 今後、リーマン・ショックのような危機は再来するのか? 欧州経済に通じる専門家が、EUで顕在化した危機の深層と世界経済のこれからを見通す。

  • シリーズ・現代の世界経済3 現代ヨーロッパ経済論
    シリーズ・現代の世界経済3 現代ヨーロッパ経済論
    著書:
    久保 広正/田中 友義(編著)
    出版社:
    ミネルヴァ書房
    発行年月:
    2011年4月
    定価:
    ¥3,360

    ※当研究所、伊藤さゆりが第II部第6章『 EUの雇用戦略 』を執筆。


      世界に大きな影響を与えるヨーロッパ経済の中で、拡大と深化を続けるEU。世界経済の動向をつかむためには、ヨーロッパ経済の歩みと将来を学ばなければならない。

      本書は、地域統合までのプロセス、通貨統合、社会保障と雇用問題、環境政策、中・東諸国やアジアとの関係など、激変するEUの最新経済動向を多くの側面から解説し、あわせてヨーロッパ経済の先行きや直面する課題とその処方箋を分析する。リーマン・ショックによる世界金融危機やギリシャ財政危機を乗り越え、確かな統合へと向かう道を探る入門書。

著書をもっと見る

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2016年12月06日 「欧州リスクの再点検 2017」 公益社団法人日本証券アナリスト協会
2016年12月03日 第48回 三鷹市社会教育会館のつどい 特別講演 「世界経済の動きと私たちの暮らし」 三鷹市社会教育会館
2016年11月29日 「英国EU離脱 経済的影響と国際関係の展望~トランプ時代到来で欧米関係はどうなる」 日仏経済交流協会

講演・学会報告をもっと見る

TV出演

放送日 内容 番組名
2016年12月05日 イタリア国民投票 憲法改正問う テレビ東京 「Newsモーニングサテライト」
2016年11月22日 米大統領選挙の後のリスクはイタリア?ほか BSジャパン 「Nikkei モーニングプラス」
2016年08月05日 英中銀の孤軍奮闘いつまで? 他 テレビ東京 「Newsモーニングサテライト」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2016年07月24日 日本経済新聞 朝刊 19面 今を読み解く EU離脱選択と英国の未来
2016年01月15日 日本経済新聞 朝刊 27面 【ゼミナール】 欧州経済の焦点(10) 英国、EUから離脱するか
2016年01月14日 日本経済新聞 朝刊 27面 【ゼミナール】 欧州経済の焦点(9) 反移民・反EUの政党躍進

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2016年12月08日 毎日新聞 電子版 「経済プレミア」 国民投票敗北で伊ユーロ離脱の可能性はあるか
2016年12月05日 東洋経済 ONLINE イタリア国民投票「否決」は何をもたらすのか-ポピュリスト政権やユーロ離脱につながるか
2016年12月05日号 金融財政事情 63P イギリスのEU離脱選択の影響は来年以降本格化へ

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る