前田 展弘

生活研究部 主任研究員

前田 展弘(まえだ のぶひろ)

研究・専門分野
ジェロントロジー(高齢社会総合研究)、超高齢社会・市場、QOL(Quality of Life)、ライフデザイン

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 ジェロントロジー(高齢社会総合研究)、超高齢社会・市場、QOL(Quality of Life)、ライフデザイン
自己紹介

日本は超高齢・長寿社会の最先進国であり、世界がこれからの日本の動向に注目しています。人生100年時代に相応しい生き方、超高齢化に対応した社会づくりに向けては課題が山積しています。これらの課題を解決し、新たな未来社会を切り拓いていくには「ジェロントロジー」が不可欠です。民間シンクタンクとして唯一ジェロントロジー研究に取り組むわが研究所は、東京大学高齢社会総合研究機構とともに様々なジェロントロジー研究を推進しています。私はその中で、(1)高齢者の活躍場所を拡大するための「セカンドライフ支援」に関する研究及び事業(千葉県柏市における「生きがい就労」事業等)、(2)東京大学産学連携組織「ジェロントロジー・ネットワーク」(のべ90社参加)における「高齢者市場創造」の研究、(3)安心で豊かな長寿を実現するための高齢者のQOL(Quality of Life)及びライフデザインに関する研究に取組んでいます。さらに、2013年度からはジェロントロジーの知識・情報を社会に広く普及させるための「高齢社会検定事業」の開発に協力し、その拡大に取り組んでいます。

経歴 2004年      :ニッセイ基礎研究所入社

2006~2008年 :東京大学総括プロジェクト機構

           ジェロントロジー寄付研究部門・協力研究員

2009年~    :東京大学高齢社会総合研究機構・客員研究員

【委員等】

・全労済協会「2025年の生活保障と日本社会の構想研究会」委員(2014~15年度)

・生協総研「2050研究会」委員(2013~14年度)

・財務省財務総合政策研究所「高齢社会における選択と集中に関する研究会」委員(2013年度)

・UR都市機構「超高齢社会における住まい・コミュニティあり方検討会」委員(2013年度)

・東京大学ジェロントロジー・ネットワーク「高齢者の生活ニーズ・ライフデザイン研究会」代表(2011年度~)

・一般社団法人 高齢社会検定協会(試験開発・編集担当、2013年度~)

【資格】 高齢社会エキスパート(総合)※特別認定者、MBA 他

前田 展弘のレポート

2017年05月26日

第4次産業革命への期待~高齢期の生活改善に向けて

55804_ext_03_0_S.jpg

昨今、新聞や雑誌などを眺めていると、「AI」「IoT」「ビックデータ」「ロボット」といった文字を見ない日がないくらいこれらの文字が頻出している。AIはAr...

続きを見る

2017年04月20日

「人生100年時代」の到来~長生きを「恩恵・特権」にしていくために

55558_ext_03_0_S.jpg

“人生100年”に関連する言葉を最近よく見聞きする。昨年発刊されメディアからも注目された書籍「LIFE SHIFT(ライフシフト) ~100年時代の人生戦略」...

続きを見る

2017年03月08日

高齢者は何歳からか?-准高齢者に求められる65歳からの“意識改革・生き方改革”

55223_ext_03_0_S.jpg

もともと65歳以上の人を「高齢者」として取り扱う通例は、確かな定義の由来は定かでないものの、1959年の国連(United Nations)の報告書において...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

前田 展弘のパブリシティ

著書

  • 東大がつくった高齢社会の教科書-長寿時代の人生設計と社会創造
    東大がつくった高齢社会の教科書-長寿時代の人生設計と社会創造
    著書:
    東京大学高齢社会総合研究機構 編著(編集協力:ニッセイ基礎研究所)
    出版社:
    (株)ベネッセコーポレーション
    発行年月:
    2017年3月
    定価:
    ¥1,800(税抜き)

    ※当研究所の前田展弘が、1~3章、4・5・8・13章を改訂するとともに全体の監修を行った。


    「高齢化最先進国」である日本。この人生100年時代に人生設計をどうするか、社会システムの構築をいかに行うか。健康、就労、お金、介護、年金、テクノロジー、まちづくり…高齢化に関わる基礎知識を学び、安心で活力ある未来をめざすための一冊。ビジネス、行政、NPO、大学、そしてあらゆる個人に必携。「高齢社会検定」公式テキスト。『東大がつくった 確かな未来視点を持つための 高齢社会の教科書』(ベネッセコーポレーション、2013年3月刊)の改訂版であり、2017年1月までの最新の情報をもとに新たに作成した。

  • 未来がみえた! ―10人のメンバーがみた地域発「チーム力」
    未来がみえた! ―10人のメンバーがみた地域発「チーム力」
    著書:
    日本生命保険相互会社 代表取締役社長 筒井 義信(編著)
    出版社:
    プレジデント社
    発行年月:
    2016年10月
    定価:
    ¥1,200(税抜き)

     

    ※当研究所、加藤えり子・塩澤誠一郎・竹内一雅・谷本忠和・前田展弘・宮垣淳一・矢嶋康次・薮内哲・吉本光宏が執筆。


    「閉塞感が漂う日本だからこそ、明るい未来がみえた全国各地の取り組みを世の中に伝えよう!」という本書の企画に賛同した、ニッセイ基礎研究所研究員が中心の、10人の有志一同。

  • 2025年の日本 破綻か復活か
    2025年の日本 破綻か復活か
    著書:
    駒村 康平(編著)
    出版社:
    株式会社勁草書房
    発行年月:
    2016年9月
    定価:
    ¥2,500(税抜き)

     

    ※当研究所の前田展弘が第8章「高齢者が活躍する地域コミュニティづくり」を執筆。


    現在、日本社会は急激な高齢化・人口減少の進行により、医療・介護・福祉の社会保障、地域福祉の問題だけではなく、生活をめぐるさまざまな保障面についてどのような社会づくりを進めていくのかが問われている。本書は、これからの日本および地域社会を構想し、あるべき政策を体系的に提唱する。

著書をもっと見る

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2017年02月13日 生涯現役促進シンポジウム 「生涯現役で働くことの意味と必要性」 京都府元気シニア活躍協議会
2017年02月12日 第6回 高齢者クラウドシンポジウム 「「高齢社会共創センター」設立構想とGBERの活用視点」 東京大学
2017年02月02日 2016年度神奈川県政策研究フォーラム 「人生100歳時代の設計図」 神奈川県庁

講演・学会報告をもっと見る

TV出演

放送日 内容 番組名
2016年11月18日 働き方改革と高齢者の雇用事情 NHK WORLD 「NEWSLINE」
2016年09月19日 高齢社会(ジェロントロジー)について TOKYO FM 「未来授業」
2012年12月30日 ジェロントロジー(柏市豊四季台地域での取り組み) TBS「サンデーモーニング」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2007年07月30日 保険毎日新聞 3面 ジェロントロジーによる生保市場のパラダイムシフト

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2017年02月27日 日本貿易振興機構(ジェトロ) Business of Aging in Japan: Demands Arise from Aging Society and Businesses’ Approach
2016年10月号 リージョナルバンキング 4-11P 高齢者のニーズに対応した産業の動向と金融機関の役割
2016年09月19日号 日経ビジネス 45P 現役時代はリハーサル 向こう30年を直視せよ

雑誌等掲載をもっと見る

受託実績

年度 タイトル
2015年度

地⽅の⼈⼝減少を勘案した将来の⼈⼝動向等の分析に関する調査

東京都

  • 非公開
2015年度

活力あふれるビンテージ・ソサエティの実現に向けた取組みに関する基礎調査

株式会社電通

2011~2013年度

長寿社会における人生第IV期のKAITEKI生活研究

東京大学高齢社会総合研究機構

受託実績をもっと見る

所属部署

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る