前田 展弘

生活研究部 主任研究員

前田 展弘(まえだ のぶひろ)

研究・専門分野
ジェロントロジー(高齢社会総合研究)、超高齢社会・市場、QOL(Quality of Life)、ライフデザイン

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 ジェロントロジー(高齢社会総合研究)、超高齢社会・市場、QOL(Quality of Life)、ライフデザイン
自己紹介

日本は超高齢・長寿社会の最先進国であり、世界がこれからの日本の動向に注目しています。人生100年時代に相応しい生き方、超高齢化に対応した社会づくりに向けては課題が山積しています。これらの課題を解決し、新たな未来社会を切り拓いていくには「ジェロントロジー」が不可欠です。民間シンクタンクとして唯一ジェロントロジー研究に取り組むわが研究所は、東京大学高齢社会総合研究機構とともに様々なジェロントロジー研究を推進しています。私はその中で、(1)高齢者の活躍場所を拡大するための「セカンドライフ支援」に関する研究及び事業(千葉県柏市における「生きがい就労」事業等)、(2)東京大学産学連携組織「ジェロントロジー・ネットワーク」(のべ90社参加)における「高齢者市場創造」の研究、(3)安心で豊かな長寿を実現するための高齢者のQOL(Quality of Life)及びライフデザインに関する研究に取組んでいます。さらに、2013年度からはジェロントロジーの知識・情報を社会に広く普及させるための「高齢社会検定事業」の開発に協力し、その拡大に取り組んでいます。

経歴 2004年      :ニッセイ基礎研究所入社

2006~2008年 :東京大学総括プロジェクト機構

           ジェロントロジー寄付研究部門・協力研究員

2009年~    :東京大学高齢社会総合研究機構・客員研究員

【委員等】

・全労済協会「2025年の生活保障と日本社会の構想研究会」委員(2014~15年度)

・生協総研「2050研究会」委員(2013~14年度)

・財務省財務総合政策研究所「高齢社会における選択と集中に関する研究会」委員(2013年度)

・UR都市機構「超高齢社会における住まい・コミュニティあり方検討会」委員(2013年度)

・東京大学ジェロントロジー・ネットワーク「高齢者の生活ニーズ・ライフデザイン研究会」代表(2011年度~)

・一般社団法人 高齢社会検定協会(試験開発・編集担当、2013年度~)

【資格】 高齢社会エキスパート(総合)※特別認定者、MBA 他

前田 展弘のレポート

2017年01月17日

高齢者は何歳からか?~求められる65歳からの“意識改革・生き方改革”

54828_ext_03_0_S.jpg

2017年1月、日本老年学会・日本老年医学会は「高齢者の定義と区分」について画期的な提言を発表した。以下のように、65~74歳を「准高齢者」、75~89歳...

続きを見る

2016年12月20日

注目高まるリビング・ラボ(Living Lab)~『鎌倉リビング・ラボ』の始動

54601_ext_03_0_S.jpg

2016年11月より、筆者も所属する東京大学高齢社会総合研究機構が中心となって『リビング・ラボ(Living Lab)』という“新しい地域活動(イノベーショ...

続きを見る

2016年11月17日

生涯現役促進地域連携事業の本来の意味

54365_ext_03_0_S.jpg

「生涯現役促進地域連携事業」が本年4月からスタートしている。正確には、10月末の時点で事業を実施する地域が決定されたところであり、これから各地で本格的に始...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

前田 展弘のパブリシティ

著書

  • 2025年の日本 破綻か復活か
    2025年の日本 破綻か復活か
    著書:
    駒村 康平(編著)
    出版社:
    株式会社勁草書房
    発行年月:
    2016年9月
    定価:
    ¥2,500(税抜き)

     

    ※当研究所の前田展弘が第8章「高齢者が活躍する地域コミュニティづくり」を執筆。


    現在、日本社会は急激な高齢化・人口減少の進行により、医療・介護・福祉の社会保障、地域福祉の問題だけではなく、生活をめぐるさまざまな保障面についてどのような社会づくりを進めていくのかが問われている。本書は、これからの日本および地域社会を構想し、あるべき政策を体系的に提唱する。

  • 高齢者・アクティブシニアの本音・ニーズの発掘と製品開発の進め方
    高齢者・アクティブシニアの本音・ニーズの発掘と製品開発の進め方
    著書:
    株式会社技術情報協会(編集)
    出版社:
    株式会社技術情報協会
    発行年月:
    2016年3月
    定価:
    ¥80,000(税抜き)

     

    ※当研究所の前田展弘が第4章第1節「さらに進行する高齢化社会に今後求められること―高齢者の長寿に貢献する商品・サービスニーズとは」を執筆。


    100兆円を越えると言われる高齢者・アクティブシニア市場をどう獲るか!

    「使いやすい」「食べやすい」「見えやすい」「間違えにくい」「わかりやすい」「開けやすい」「暮らしやすい」・・・

    高齢者が衰えを感じる機能や不安・不満を解消する、本当に求められる製品開発へのアプローチの仕方とは!。

  • 2050年 超高齢社会のコミュニティ構想
    2050年 超高齢社会のコミュニティ構想
    著書:
    若林 靖永/樋口 恵子(編)
    出版社:
    岩波書店
    発行年月:
    2015年8月
    定価:
    1700(税抜き)

    ※当研究所の前田展弘が第3章「生涯現役社会を創造する地域社会の改革」を執筆。


    高齢化と少子化が進み、総人口が一億人を割り込むと予測される2050年の日本。そのとき、地域社会の鍵を握るのは「元気な高齢者」だ。かれらを中心に、行政、NPOなどとも協力して、育児から介護、「終活」に至るまでの多様な問題に対処する仕組みをつくる――。超高齢社会日本において、住み慣れた地域の力を活用して暮らしていくための希望の処方箋。

著書をもっと見る

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2017年02月13日 生涯現役促進シンポジウム 「生涯現役で働くことの意味と必要性」 京都府元気シニア活躍協議会
2017年02月12日 第6回 高齢者クラウドシンポジウム 「「高齢社会共創センター」設立構想とGBERの活用視点」 東京大学
2017年02月02日 2016年度神奈川県政策研究フォーラム 「人生100歳時代の設計図」 神奈川県庁

講演・学会報告をもっと見る

TV出演

放送日 内容 番組名
2016年11月18日 働き方改革と高齢者の雇用事情 NHK WORLD 「NEWSLINE」
2016年09月19日 高齢社会(ジェロントロジー)について TOKYO FM 「未来授業」
2012年12月30日 ジェロントロジー(柏市豊四季台地域での取り組み) TBS「サンデーモーニング」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2007年07月30日 保険毎日新聞 3面 ジェロントロジーによる生保市場のパラダイムシフト

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2016年10月号 リージョナルバンキング 4-11P 高齢者のニーズに対応した産業の動向と金融機関の役割
2016年09月19日号 日経ビジネス 45P 現役時代はリハーサル 向こう30年を直視せよ
2012年03月01日 ネイチャー インターフェイス No.53 6-7P シルバー・イノベーションへの期待

雑誌等掲載をもっと見る

受託実績

年度 タイトル
2015年度

地⽅の⼈⼝減少を勘案した将来の⼈⼝動向等の分析に関する調査

東京都

  • 非公開
2015年度

活力あふれるビンテージ・ソサエティの実現に向けた取組みに関する基礎調査

株式会社電通

2011~2013年度

長寿社会における人生第IV期のKAITEKI生活研究

東京大学高齢社会総合研究機構

受託実績をもっと見る

所属部署

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る