研究員

高山 武士(たかやま たけし)

研究・専門分野
米国経済

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 米国経済
自己紹介

アメリカは19世紀に栄えたヨーロッパから主役の座を奪い、経済大国として長く世界経済の主導権を握ってきました。こんにちでもアメリカの景気や経済政策に様々な国が翻弄されており、その存在感がいまだに大きいことは明白です。

しかし、最近では中国をはじめとした新興国の存在感が増しています。20世紀はアメリカの時代でしたが、21世紀はアジアの時代になるとも言われます。そして、この過渡期にある現在は、世界のなかで主導国の存在しない「Gゼロ」の時代とも言われています。

このような時代のなかで、アメリカ経済はどのように世界と関わっていくのでしょうか。イノベーションの発信基地であり続けることはできるのでしょうか。基軸通貨としてのドルの地位を維持することはできるのでしょうか。また、内部に抱える格差や貧困などの問題とはどう向きあっていくのでしょうか。

これまで、先進国を追う側であった新興国を調査・分析してきた経験も活かして、アメリカ経済のこうした問題について考察し、よりグローバルな視点から情報発信を行いたいと思います。

経歴 【職歴】
 2006年 日本生命保険相互会社入社
 2009年 日本経済研究センターへ派遣
 2011年 ニッセイ基礎研究所へ、アジア・新興国経済を担当
 2014年 米国経済を担当

【加入団体等】
 ・日本証券アナリスト協会 検定会員

高山 武士のレポート

2014年09月29日

【8月米耐久財受注】好調な投資意欲を確認

【要旨】結果の概要:堅調な結果9月25日、米国商務省が8月の製造業の耐久財出荷・在庫・受注統計を公表した。注目度の高い耐久財受注額は前月比▲18.2%とな...

続きを見る

2014年09月25日

【8月米住宅販売】新築が2008年5月以来の50万超

【要旨】結果の概要:新築が2008年5月以来の水準に9月22日に全米不動産協会(NAR)が8月の中古住宅販売件数を、24日には米国商務省と住宅都市開発省(...

続きを見る

2014年09月19日

【8月米住宅着工】住宅市場は回復力を見極める段階

【要旨】結果の概要:予想を下回る結果9月18日に米国商務省と住宅都市開発省(HUD)が共同で8月の新築住宅建設統計を公表した。注目度の高い8月の住宅着工件...

続きを見る

レポートをもっと見る

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2014年02月18日 アジア投資セミナー 「ETF・ETNを活用したアジア投資」 東京証券取引所×松井証券:共催
2013年11月11日 連携授業 「貿易ゲームでグローバル経済を体験」 東海大学付属浦安高等学校中等部
2013年07月18日 2013年サマーコンファレンス 「存在感を増すエマージングアジアのマクロ動向」 ニューバーガー・バーマン

講演・学会報告をもっと見る

TV出演

放送日 内容 番組名
2014年03月24日 フィリピン経済 日経CNBC 「アクロス・ザ・マーケット/ASIAマネー」
2014年02月06日 日中韓の経済の結びつき、その現状と展望 BSフジLIVE 「プライムニュース」
2014年01月27日 台湾GDP 日経CNBC 「アクロス・ザ・マーケット/ASIAマネー」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2014年04月17日 毎日新聞 朝刊 7面 マウント・ゴックス破産へ
2014年03月14日 毎日新聞 朝刊 6面 「影の銀行」抑制狙う
2014年03月01日 読売新聞 朝刊 39面 ビットコイン大手破綻 114億円「なくなった」

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2014年09月04日 YAHOO!ファイナンス 識者の見方=米雇用増20万人を切った際のドル巻き戻し警戒
2014年09月09日号 週刊エコノミスト 90P 8月の米雇用統計(9月5日) 7ヵ月連続の20万人超えなるか
2014年08月26日号 週刊エコノミスト 94P 7月米新築一戸建て住宅販売件数(8月25日) 住宅市場改善の好機か

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

関連カテゴリ

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る