金 明中

生活研究部 准主任研究員

金 明中(きむ みょんじゅん)

研究・専門分野
社会保障論、労働経済学、日・韓社会保障政策比較分析

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 社会保障論、労働経済学、日・韓社会保障政策比較分析
自己紹介

日韓社会保障制度や雇用政策について研究しています。日本や韓国における社会保障制度や雇用政策は類似点が多く、両国の制度を比較分析することから、その国の経済、政治、社会、文化的な特徴などが見られるのはとても興味深いことだと思います。
分析の方法としては、アンケート調査やローデータを用いた実証分析のみならず、文献研究やヒアリング調査も大事にしております。今までは医療、介護、年金、雇用保険、そして労働力の非正規化などが主な研究テーマでしたが、今後は貧困や格差、EITC、成年後見制度、少子高齢化や労働市場政策、教育、ダイバーシティ・マネジメントなどについても関心を持ち研究を進めて行きたいと思います。
また、大学で教えることも研究の一環だと考え、積極的に大学の授業を担当してきました。今年度の担当科目は、「社会政策」、「経済学入門」、「労働経済学」です。

経歴 プロフィール
【職歴】
 2003年~ 慶應義塾大学産業研究所共同研究員
 2009年~ 日本女子大学学術研究員
 2011年~ 日本女子大学非常勤講師
        (担当科目→経済学概論、労働経済論I、社会政策II)
 2008年9月より現職

【加入団体等】
・日本経済学会
・日本財政学会
・日本労務学会
・社会政策学会
・日本労使関係研究協会
・生命保険経営学会
・慶應義塾保険学会

金 明中のレポート

2017年05月17日

【アジア・新興国】韓国における生命保険市場の現状- 2016年のデータを中心に -

2016年における生命保険の世帯加入率は81.8%で、2015年の87.2%に比べて5.4%ポイント減少した。また、生命保険加入世帯の平均加入件数も3.4...

続きを見る

2017年05月10日

残業時間の上限規制、残された課題は?ー労働者保護の立場に立った政策の推進を!

55606_ext_03_0_S.jpg

経団連と連合は3月13日、働き方改革の一環として残業時間の上限を最大で年720時間(月平均60時間)までに制限するという、残業時間の上限規制について労使で...

続きを見る

2017年04月13日

プレミアムフライデーと休日の格差-新しい格差が広がらないようにより慎重な働き方改革の実施を!-

最近、政府が働き方改革の中で最も力を入れているのは長時間労働の是正であり、その一環として今年の2月24日から「プレミアムフライデー(Premium Frid...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

金 明中のパブリシティ

著書

  • 労働時間関連法制度の課題と今後の見通し(韓国語)
    労働時間関連法制度の課題と今後の見通し(韓国語)
    著書:
    韓国労働法学会(編著)
    出版社:
    冠岳社
    発行年月:
    2017年03月
    定価:
     

    ※当研究所 金 明中が、第7章「日本の働き方改革と同一労働同一賃金の実施に対する議論について」を執筆。


    本書は、雇用形態の多様化が進む中で、現在の労働時間関連法制度の問題点や今後の対策に対する議論をまとめている。また、今後、人口減少や労働力不足に対する対策として労働市場の柔軟化等の労働市場改革を行う必要性を強調しながら、日本政府の最近の働き方改革の現状と韓国へのインプリケーションを提示している。

  • 貧困層の現状や自立支援制度の連携(韓国語)
    貧困層の現状や自立支援制度の連携(韓国語)
    著書:
    金テワン・金ムンギル・イジュミ・金ギテ・金明中・ホンソンウ(著)
    出版社:
    高麗C&P
    発行年月:
    2017年02月
    定価:
     

    ※当研究所 金 明中が、第4章「海外事例:日本」を執筆。


    本書は、貧困層の家計債務の現状をコホート別に分析するとともに、貧困層の自立支援対策である、庶民金融支援制度、自立支援制度などの効果を検証している。また、イギリス、アメリカ、日本の事例の紹介や各国の制度が韓国に与えるインプリケーションについて論じている。

  • 国民基礎生活保障制度とリバースモーゲージ制度の連携に関する研究(韓国語)
    国民基礎生活保障制度とリバースモーゲージ制度の連携に関する研究(韓国語)
    著書:
    ヨユジン・金ミゴン・金テワン・金明中・ゾンゼフン・イジュミ(著)
    出版社:
    高麗C&P
    発行年月:
    2016年06月
    定価:
     

    ※当研究所 金 明中が、第3章「日本のリバースモーゲージの現状や公的扶助制度の関係」を執筆。


    本書は、韓国の公的扶助制度である国民基礎生活保障制度やリバースモーゲージやの現状を分析するとともに、両制度の連携が高齢者の貧困改善に与える効果について論じている。また、日本やアメリカの現状についても紹介している。

著書をもっと見る

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2017年06月18日 2017年労働政策研究会議 「アメリカやヨーロッパにおけるギグ・エコノミーやクラウドワーカーの現状や課題、そして日本へのインプリケーション」 日本労使関係研究協会
2017年06月04日 2017年ISFJ勉強会講演(労働経済) 「今なぜ働き方改革が進んでいるのだろうか?-データで見る働き方改革の理由-」 ISFJ日本政策学生会議
2017年05月13日 日本、日本企業を再評価する 「日本的経営と雇用システムの現状と日本政府の働き方改革について」 韓国人事管理学会

講演・学会報告をもっと見る

TV出演

放送日 内容 番組名
2017年04月02日 なぜ日本の雇用情勢は改善されたのか。 SBSテレビ(韓国) 「SBS 8時ニュース」
2016年12月26日 日本政府、正社員の副業を許容する方針 SBSテレビ(韓国) 「SBS 8時ニュース」
2016年02月28日 日本の労働力不足が深刻、生産年齢人口の減少が目立つ。 SBSテレビ(韓国) 「SBS 8時ニュース」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2017年02月02日 日経産業新聞 朝刊 4面 リポートを読む:韓国、民間医療保険の加入率高く 「公的」の保障強化が課題
2016年12月28日 日本経済新聞 夕刊 9面 韓国、日本を下回る出生率 教育熱、親の負担重く――学歴重視の社会/女性の就業率上がらず
2015年11月10日 産経新聞 朝刊 2面 経団連、就活6月解禁 異例の2年連続見直し

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2017年06月16日 東洋経済日報 9面 文在寅大統領への期待と課題:韓国国民の希望の光に 労働市場改革と雇用創出、慎重に達成を
2017年06月09日 東洋経済日報 3面 曲がり角の韓国経済(20) クラウドワーカー急増、現状の把握を! 格差が広がらぬよう迅速な対策を
Summer 2017 賃金研究 48-68P 日本における長時間労働の現状や日本政府や企業の対策に対する考察(韓国語)

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る