金 明中

生活研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

金 明中(きむ みょんじゅん)

研究・専門分野
社会保障論、労働経済学、日・韓社会保障政策比較分析

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 社会保障論、労働経済学、日・韓社会保障政策比較分析
自己紹介

日韓社会保障制度や雇用政策について研究しています。日本や韓国における社会保障制度や雇用政策は類似点が多く、両国の制度を比較分析することから、その国の経済、政治、社会、文化的な特徴などが見られるのはとても興味深いことだと思います。
分析の方法としては、アンケート調査やローデータを用いた実証分析のみならず、文献研究やヒアリング調査も大事にしております。今までは医療、介護、年金、雇用保険、そして労働力の非正規化などが主な研究テーマでしたが、今後は貧困や格差、EITC、成年後見制度、少子高齢化や労働市場政策、教育、ダイバーシティ・マネジメントなどについても関心を持ち研究を進めて行きたいと思います。
また、大学で教えることも研究の一環だと考え、積極的に大学の授業を担当してきました。今年度の担当科目は、「社会政策」、「経済学入門」、「労働経済学」です。

経歴 プロフィール
【職歴】
 2003年~ 慶應義塾大学産業研究所共同研究員
 2009年~ 日本女子大学学術研究員
 2011年~ 日本女子大学非常勤講師
        (担当科目→経済学概論、労働経済論I、社会政策II)
 2008年9月より現職

【加入団体等】
・日本経済学会
・日本財政学会
・日本労務学会
・社会政策学会
・日本労使関係研究協会
・生命保険経営学会
・慶應義塾保険学会

金 明中のレポート

2018年07月20日

AI時代を生き残るための良策は?-映画『ドリーム』(原題: Hidden Figures)から学ぶ-

59119_ext_03_0_S.jpg

人工知能(以下、AI)の技術水準が向上しつつあり、将来、AIにより人間の仕事が奪われるのではないかという懸念がマスコミなどにより報道されている。AIは、A...

続きを見る

2018年07月12日

労働力人口の減少と長時間労働の解消による労働投入量の減少に対応するためには-コブ=ダグラス型生産関数から考える-

59052_ext_03_0_S.jpg

少子高齢化の影響で労働力不足が顕在化し、将来の労働力不足が懸念されている中で、政府が推進していた働き方改革関連法が成立した。働き方改革関連法の中でも最も重...

続きを見る

2018年07月09日

ラジアーの年功型賃金モデルから見る長澤運輸事件の最高裁判決

59020_ext_03_0_S.jpg

横浜市の運送会社「長澤運輸」に定年後再雇用された嘱託社員3人が起こした訴訟の最高裁判決(2018年6月1日)で、精勤手当や超勤手当を除いた大半の手当(能率...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

金 明中のパブリシティ

著書

  • アジアの社会保障制度の比較研究:老後所得保障制度を中心に(韓国語)
    アジアの社会保障制度の比較研究:老後所得保障制度を中心に(韓国語)
    著書:
    ヨユジン/金ミゴン/リュウゾンヒ/鄭ウンヒ/ガンジウォン/鄭ヒソン/金 明中/ウミョンスック/イウォンイック/チョジュンヨンノデミョン/金 明中/Ku, Yuen-wen/ベックヘヨン/ジャンインス/ハンソルヒ
    出版社:
    高麗C&P
    発行年月:
    2018年06月
    定価:
     

    ※当研究所 金 明中が、第4章「日本における老後所得保障制度」を執筆。


    本書は日本、韓国、台湾における老後所得保障制度の現状と問題点を分析し、今後の対策案を提示している。

  • 児童の貧困予防のための政策研究(韓国語)
    児童の貧困予防のための政策研究(韓国語)
    著書:
    ヨユジン/金ミゴン/リュウゾンヒ/鄭ウンヒ/ガンジウォン/鄭ヒソン/金 明中/ウミョンスック/イウォンイック/チョジュンヨン
    出版社:
    高麗C&P
    発行年月:
    2018年05月
    定価:
     

    ※当研究所 金 明中が、第6章「最近の社会保障制度改革の動向」、第5章「外国の児童貧困政策とインプリケーション:日本」を執筆。


    本書は韓国における児童貧困政策の現状と問題点を分析し、その対策案を提示している。また、イギリス、アメリカ、日本の事例の紹介や各国の制度が韓国に与えるインプリケーションについて論じている。

  • 日本の社会保障制度(韓国語)
    日本の社会保障制度(韓国語)
    著書:
    ベジュンホ/金ギュパン/金 明中/ムンソンヒョン/イムヒョンゾン/ソンウドック/オヒョンソク/チョンヨンス/鄭ソンチュン/鄭ヒョンソン/チョソンホ/チェドンウォン
    出版社:
    ナナム出版社
    発行年月:
    2018年03月
    定価:
     

    ※当研究所 金 明中が、第6章「最近の社会保障制度改革の動向」、第8章「雇用保険と労働市場関連政策」、第11章「公的扶助制度」を執筆。


    本書は日本における社会保障制度の現状と問題点を分析し、韓国へのインプリケーションを提示している。本書は3部構成となっており、第1部では日本の社会保障制度の歴史と関連分野、第2部では所得保障関連制度、そして第3部では医療保障及び社会福祉制度などに関する各分野の専門家からの考察と提言を紹介している。

著書をもっと見る

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2018年07月01日 韓国における外国人雇用の現状と課題―韓国の「雇用許可制」が日本に与えるインプリケーション― 日本労務学会第48回全国大会
2018年06月17日 無期転換ルールの導入は非正規労働者を減らすだろうか?―韓国の先例から読み解く― 日本労使関係研究協会 2018年労働政策研究会議
2018年06月10日 社会保険料の帰着に関する考察-企業の雇用に与える影響は- ISFJ日本政策学生会議

講演・学会報告をもっと見る

TV出演

放送日 内容 番組名
2018年03月01日 韓国の週最大労働時間 、68時間から52時間に短縮、日本から学ぶべきことは? SBSテレビ(韓国) 「SBS 8時ニュース」
2018年01月18日 日本の超高齢化社会に対する対応、年金受給開始70歳超も SBSテレビ(韓国) 「SBS 8時ニュース」
2017年12月24日 日本における若者の雇用と消費意識 SBSテレビ(韓国) 「SBS 8時ニュース」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2018年05月08日 読売新聞 朝刊 5面 韓国の幼児教育・保育無償化 家庭で育児でも手当支給 所得に関係なく補助
2018年02月23日 日経産業新聞 朝刊 15面 どうなる働き方改革 専門家に聞く 裁量労働まだ困難
2018年01月07日 中国新聞SELECT 朝刊 2面 定年延長や再雇用拡大 公務員65歳まで 政府検討

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2018年05月21日 ダイヤモンドZAi 145-151P 日本国 どこから来てどこへ行くのか 「働き方改革の進展で日本の雇用が激変する日」
2018年05月18日 東洋経済日報 4面 曲がり角の韓国経済(31) 韓半島に春が来ることを願う-板門店宣言の履行で大きな経済効果発生に期待
2018年04月06日 東洋経済日報 3面 曲がり角の韓国経済(30) 医療費の心配いらない国つくる「文在寅ケア」-財源の安定的な確保こそが成功の道

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る