江木 聡

金融研究部 主任研究員

江木 聡(えぎ さとし)

研究・専門分野
企業統治、コーポレートファイナンス、健康経営、地方創生

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 企業統治、コーポレートファイナンス、健康経営、地方創生
自己紹介

上場企業の持続的成長と中長期的な企業価値向上を目的とした、新たな企業統治の枠組みが導入されました。従来の日本的企業統治と株主重視の企業統治との間で、各企業がそれぞれの考え方や実態に即して、最適な企業統治を検討、実現していくことに資する情報発信や提言を行っていきます。併せて、企業経営、コーポレートファイナンス、健康経営等、企業の「稼ぐ力」の向上に関連する分野の研究にも広く取り組みます。
また、地方企業の資金調達に携わってきた経験を活かし、喫緊の課題である地方創生にも実証的アプローチで提言していきたいと思います。

経歴 【職歴】
 日本生命保険相互会社を経て
 2015年 ニッセイ基礎研究所(現職)
 修士(法学)、健康経営アドバイザー、消費生活アドバイザー

江木 聡のレポート

2016年10月17日

東京から試みる地元の地方創生-自分で動く「地元創生」(1) 

地方創生は地方だけの問題ではない。地方出身の東京在住者にとっても切実な問題であろう。地方創生の実践的な考え方やモデル創出の参考となることを目指し、本シリー...

続きを見る

2016年06月30日

コーポレート・ガバナンス報告書のベストプラクティス-“とりあえずコンプライ”を “あとからエクスプレイン”する

3月期決算上場企業の定時株主総会が終わった。株主・投資家との建設的対話に備え、定時総会終了以前に「コーポレート・ガバナンス報告書」を更新した会社も少なくな...

続きを見る

2016年06月29日

“とりあえずコンプライ”を“あとからエクスプレイン”する(2)-本当に“あとからエクスプレイン”しても大丈夫か?

53271_ext_03_0_S.jpg

前回、“とりあえずコンプライ”した原則を“あとからエクスプレイン”することは、コードの趣旨・精神を踏まえたベストプラクティス(他が模範とするような優れた実...

続きを見る

レポートをもっと見る

所属部署

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る