佐久間 誠

金融研究部 研究員

佐久間 誠(さくま まこと)

研究・専門分野
不動産市場、金融マーケット

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 不動産市場、金融マーケット
自己紹介

不動産市場や金利・為替市場、商品市場など幅広い分野について、調査・研究を行っております。市場分析には、データを用いた定量分析が重要ですが、数字だけでは捉えきれない要素を読み解く定性分析も欠かせません。双方の分析手法をバランスよく用いながら、わかりやすく有益な情報を発信できるよう取り組んでいきたいと思います。

経歴 【職歴】
 2006年 住友信託銀行株式会社(現 三井住友信託銀行株式会社)入社
 2013年 国際石油開発帝石株式会社入社
 2015年9月より現職

佐久間 誠のレポート

2018年04月05日

仙台オフィス市場の現況と見通し(2018年)

58329_ext_03_0_S.jpg

仙台オフィス市場は、他の主要都市と比較して改善が遅れていたが、2016年以降は空室率の低下ペースが加速し、市況回復が本格化しつつある。今後も新規供給の予定...

続きを見る

2018年04月04日

札幌オフィス市場の現況と見通し(2018年)

58304_ext_03_0_S.jpg

札幌オフィス市場は、2017年1月に大規模ビルが満室で竣工するなど、好調に推移している。今後も一定のオフィスビルの新規供給が予定されているものの、堅調な需...

続きを見る

2018年04月03日

名古屋オフィス市場の現況と見通し(2018年)

58301_ext_03_0_S.jpg

2015年から名古屋駅前で大規模ビルの供給が相次いでいる。2017年もJRゲートタワーとグローバルゲートが竣工したが、需給悪化にはつながらず、市況は堅調に...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

佐久間 誠のパブリシティ

著書

  • マイナス金利下における金融・不動産市場の読み方
    マイナス金利下における金融・不動産市場の読み方
    著書:
    一般財団法人土地総合研究所(編)
    出版社:
    東洋経済新報社
    発行年月:
    2017年03月
    定価:
    ¥3,800(税抜き)

    ※当研究所佐久間誠、矢嶋康次が、第3部『不動産市場の計量分析』の3-2「J-REITのインプライド・キャップレートを使った金利感応度分析」を執筆。


    長期化する超金融緩和は、不動産市場はどのような影響を与えるのか。元日銀副総裁はじめ研究者、アナリストが読み解く。

著書をもっと見る

動画

首都圏マンションの販売動向について<後編>


動画をもっと見る

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2018年02月25日 月例研究会 「ブロックチェーンの概要、現在の活用事例、今後の活用可能性」 環境監査研究会
2018年01月16日 第3480回 金融ファクシミリ新聞社セミナー 「不動産テックを巡る最新動向と今後の方向性-他業界から読み解く不動産テックの将来とブロックチェ-ンの応用可能性-」 株式会社FNコミュニケーションズ
2017年10月12日 不動産テックの最新動向とブロックチェーンの応用可能性 株式会社セミナーインフォ

講演・学会報告をもっと見る

TV出演

放送日 内容 番組名
2018年02月21日 2017年の新築マンション販売動向 NHKラジオ 「NHK WORLD RADIO JAPAN News」
2016年11月08日 徹底検証 新大統領でどうなる日本!?野菜は?株は?円は? TBS 「Nスタ」
2016年10月14日 「新チャイナマネー」が狙う首都圏 フジテレビ 「ユアタイム」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2018年04月17日 日本経済新聞 朝刊 18面 シリア攻撃 原油・金小動き
2018年04月04日 日本経済新聞 朝刊 19面 東京の原油先物下落 米株急落、運用リスク回避
2018年03月23日 日本経済新聞 朝刊 25面 ドバイ原油が上昇 1ヵ月半ぶり高値 米の在庫減で

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2018年04月21日号 週刊東洋経済 50-51P AI、VR,IoT・・・ 不動産テックで投資がより身近に
2018年04月15日 日経ヴェリタス 19面 シリア緊迫、原油にも波及 米英仏が攻撃、強含みの相場展開
2018年04月09日号 日経ビジネス 18P 上昇続く公示地価 「新参者」が躍り出る不動産取引

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る