前山 裕亮

金融研究部 研究員

前山 裕亮(まえやま ゆうすけ)

研究・専門分野
運用手法開発(国内株式)

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 運用手法開発(国内株式)
自己紹介

国内株式を中心に資産運用の調査、研究をしています。
銀行預金の利息では、普段何気なく利用して引き落とされてしまうATM時間外手数料やコンビニATM利用手数料すらもまかなうのが大変な状況が続いており、個人でも銀行預金以外の資産運用を考える必要性が高まっています。
資産運用に役に立つ情報を分かりやすく発信できればと考えております。

経歴 【職歴】
 大和総研、大和証券キャピタル・マーケッツ(現大和証券)などを経て
 2014年10月より現職

【加入団体等】
 ・日本証券アナリスト協会検定会員

前山 裕亮のレポート

2016年12月08日

ロボ・アドバイザー入門

54511_ext_03_0_S.jpg

2016年も残りわずかになりました。今年の流行のひとつとして、AI(Artificial Intelligence:人工知能)が間違いなく挙げられるのではな...

続きを見る

2016年10月05日

低PBR株の復活は時期尚早か

リーマン・ショック以降、日本の株式市場で低PBR株のパフォーマンスが相対的に低迷してきた。足元やや復調の兆しが見えるが、これまで低迷してきた要因を考えると...

続きを見る

2016年08月23日

消えたPBR効果~足元の復調は続くのか~

PBR(Price to Book-value Ratio)とは、株価を自己資本で割った指標です。自己資本に対してPBRが大きいほど株価は割高、小さいほど株価は...

続きを見る

レポートをもっと見る

TV出演

放送日 内容 番組名
2015年12月08日 手放しでは喜べない最高益更新 日経CNBC 「朝エクスプレス/マーケットコロンブス」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2016年06月16日 日本経済新聞 朝刊 18面 【スクランブル】 伸び悩む「解散価値」 PBRでも測れぬ底値

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2015年07月19日 日経ヴェリタス 1面 ぶれない割安株投資 荒波を乗り切る銘柄は

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る