金融研究部

理論と実践の橋渡し
金融理論を現実の資産運用・リスク管理に活用しています。

【主要研究テーマ】
◎株式市場分析 ◎債券市場分析 ◎不動産投資・市場分析 ◎投資信託市場分析 
◎資産運用手法 ◎リスク管理・ALM ◎企業資金調達動向 ◎フィンテック動向
◎年金制度・年金運用(年金総合リサーチセンター)

金融・証券市場の分析、資産運用、リスク管理

近年、グローバルな金融イノベーションを通じて、金融・証券市場・金融商品の多様化、複雑化が急速に進んでいます。また、システム・トレード、過剰流動性、地政学的リスクの高まり等、様々な要因により金融・証券市場の変動性が高まっています。こうした中で、投資家が投資収益を安定的に確保するためには、高度な情報分析力と運用・リスク管理に関する専門知識や技術力が不可欠です。

金融分野では、グローバルな金融動向を的確に捉えた上で、ファイナンス理論や経済理論、統計数理等の理論に基づき、金融・証券市場や金融商品を計量的に分析・評価するアプローチの有用性が高まってきています。また、AI、ブロックチェーン技術等の進展が金融・証券市場に与える影響を見極めることも重要となっています。

当研究所では、このように大きく変容しつつある金融・証券市場の動向を分析しながら、金融理論やコンピューター技術を応用して、株式市場や債券市場の分析、資産運用モデルの開発、資産運用のリスク管理手法の提供、企業資金調達動向分析などを行うのに加え、キャッシュ・レスや仮想通貨、フィンテック動向等の新しいトレンドに関する、質の高い情報を提供しています。

不動産投資・市場の分析

不動産市場および不動産投資市場は、都市部への人口集中、商業のイー・コマース化進展、物流の変革、外国人投資家の登場等により大きく変化してきています。2001年のJ-REIT市場創設以降、不動産に関する情報開示、投資データが充実してきていますが、まだまだ不十分な状況です。

こうした中、当研究所ではオフィスを中心に、定期的な現地調査に加え、賃料や空室率等の各種データ等を分析し、主要都市の不動産市場の動向分析や将来予測について、質の高い情報を提供しています。また、不動産テック等、不動産の将来に関わる新しいトレンドについても調査・分析し、不動産管理・運営等に有益な情報を提供しています。

研究員一覧|金融研究部

渡邊 布味子

58762_ext_01_0.jpeg

金融研究部
不動産市場、不動産投資

03-3512-1853

研究員にお問い合わせ 別ウィンドウを開きます

詳しく見る

関連カテゴリ

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る