生活研究部

保険会社のシンクタンクとして現代社会の生活リスクを様々な側面から解明し対応の方法を提案します。

【主要研究テーマ】
◎社会保障制度のあり方 ◎生活者の意識・価値観の変化
◎家計・消費行動の変化 ◎金融・保険マーケティング
◎非婚・晩婚化、少子化 ◎ジェロントロジー
◎ワークスタイルの変化

社会と個人の関係性に着目し、生活保障の未来像を描きます

社会の構造変化の中で、個人が曝されるリスク、実感するリスクが増加しているといわれています。本来、社会全体そして個人にとってのリスク軽減への寄与が期待される生活保障システムに対しても、増加するリスクを前にその持続可能性への疑問を招いているようにも見受けられます。

私たちは、人口・世帯構成や社会保障制度をはじめとした社会構造の変化が家計や消費行動にもたらす影響等に関するこれまでの研究の蓄積を生かし、社会に求められる生活保障システムの未来像を描き、その発展に貢献する実践的な研究を行います。

社会環境変化を踏まえ、これからの雇用システムや働き方について提言を行います

少子・高齢化、経済のグローバル化、社会保障制度の変化等、企業経営を取り巻く社会環境は大きく変化しています。

このような社会環境変化のもと、雇用システムや働き方はどのように変革していくのか、企業の事例研究やアンケート調査、就労意識調査等の研究によって、国の政策や企業の人事制度に関して実践的な提言を行います。

生活保障の基盤となる情報を整備し、発信していきます

社会の潮流に沿った形で刻々と変化する社会保障制度をはじめ、生活保障の基盤となる客観的な情報を整備し、それに根ざした研究成果を発信していきます。

また、家計の貯蓄・消費の実態や生活保障についての研究、金融・保険に関する消費者意識調査などの分析をコアとして、少子高齢社会における個人の生きがい創造・QOL向上に向けた提言を行います。

ジェロントロジー研究(高齢社会総合研究)の成果を社会に還元します

超高齢社会の最先進国として歩み続けるわが国においては、顕在化・潜在化している多様な高齢化諸問題の解明・解決が、国民のより安心で豊かな長寿を実現していく上で必須です。

私たちは、2001年度より他の民間シンクタンクに先駆けジェロントロジー研究に取り組んできており、今後も安心で活力ある未来社会づくりに向けた研究成果を積極的に社会に還元していきます。

研究員一覧|生活研究部

関連カテゴリ

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る