企業年金

少子高齢化により公的年金の給付水準が今後低下することに備え、自助努力として個人年金とともに企業年金制度の見直し・充実がこれまで以上に重要なテーマとなっています。この「企業年金」の一覧では、確定給付年金、確定拠出年金、退職給付会計、年金基金、海外の企業年金での取り組み、企業年金運用等、企業年金をめぐる諸課題について、タイムリーに解説・分析・提言を行います。

年で絞り込む

2018年04月09日

マイナス金利政策による投資家の運用資産の保有割合の変化

58358_ext_03_0_S.jpg

マイナス金利政策導入後、日本の短期金融市場ではマイナス金利が常態化している。家計と確定給付年金は、現預金の保有にコストがかかるため、現預金の保有割合を減少...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2018年04月04日

実効性のある政策的資産構成割合に向けて

58256_ext_03_0_S.jpg

4月から原則として全ての確定給付企業年金(DB)で、政策的資産構成割合の策定が義務付けられる。従来、努力義務とされ、政策的資産構成割合が策定されていないD...

続きを読む

2018年04月04日

確定給付型年金と行動経済学上のバイアス

58257_ext_03_0_S.jpg

確定拠出型と同様に、確定給付型年金にも行動経済学の成果が応用できる。運用責任者や運用委員会のメンバーが、資産配分やマネージャーの選択における、行動経済学が...

続きを読む

臼杵 政治
2018年04月04日

マイナス金利が常態化した短期金融市場と現預金への影響

58258_ext_03_0_S.jpg

2016 年1 月末のマイナス金利政策の導入後より、日本の短期金融市場ではマイナス金利の状況が常態化しており、その背景として民間金融機関による日銀当座預金を用...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2018年03月05日

「働き方改革」と企業年金

57983_ext_03_0_S.jpg

「働き方改革」は労働法制の話であり、企業年金は関係ない――と思ったら大きな間違いである。企業年金が実質的には労働条件の一部である以上、改革の目玉の一つであ...

続きを読む

森戸 英幸
2018年03月05日

「気候関連財務情報開示タスクフォースによる提言」を巡る動き

57985_ext_03_0_S.jpg

昨年公表された「気候関連財務情報開示タクスフォースによる提言」が、開示制度上どう扱われるかは未だ不明確だ。政府が経済の好循環実現に向けて、投資家と企業の対...

続きを読む

江木 聡

江木 聡

金融研究部

2018年02月28日

自ら備える長生きリスク

58034_ext_03_0_S.jpg

厚生労働省の資料によれば、大正時代(1920年)の夫の現役引退後の生活期間は1年、妻は5年というのが平均的な姿であった。しかし、2009年時点では、夫の現...

続きを読む

梅内 俊樹

梅内 俊樹

金融研究部

2018年02月05日

アルファを生み出すために

57714_ext_03_0_S.jpg

運用機関評価の時期が近づいてきた。2017年は世界的に成長株や小型株が高い収益率をあげるなど、アクティブ・マネージャー間の成績格差はなくなっていない。そう...

続きを読む

2018年02月05日

これからの年金運用を展望する

57715_ext_03_0_S.jpg

日本銀行の金融緩和政策に対して、緩和内容の一部変更を期待する声が高まっている。しかし、仮に金利が少し上昇したとしても、10年国債利回りの水準が現在の0.1...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2018年02月05日

財政安定化に向けたリスク対応掛金設定の検討

57716_ext_03_0_S.jpg

株価上昇や円安の進展により、確定給付企業年金の平均的な積立状況は数年前に比べ大きく改善している。足もとの積立状況は、20年に一度の頻度で発生が見込まれる積...

続きを読む

梅内 俊樹

梅内 俊樹

金融研究部

2018年02月05日

「スプレッド」(期待運用収益率‐割引率)の上昇の意味

57717_ext_03_0_S.jpg

企業年金に関する学術研究では、母体企業の株主の利害の観点から、経営者が保険数理上の諸仮定の操作を通じて、裁量的に企業年金財政に影響を及ぼす行動をとる可能性...

続きを読む

柳瀬 典由
2017年12月05日

地球温暖化と企業の環境パフォーマンス

57253_ext_03_0_S.jpg

地球温暖化の鮮明化、ESG投資の広がりを背景に企業の環境パフォーマンス(CEP)に注目が集まっている。最近の研究によればCEPが高い企業は低い資本コストを...

続きを読む

佐々木 隆文
2017年11月30日

DC運用の商品選択の改善に向けて

57301_ext_03_0_S.jpg

昨年成立したDC法改正では、個人型DCの加入範囲拡大が注目されることが多いが、それ以外にも多岐にわたる改正が盛り込まれている。DC加入者が運用商品を選択し...

続きを読む

梅内 俊樹

梅内 俊樹

金融研究部

2017年10月30日

さらばNOMURA-BPI総合-浮動債比率を考慮すると見え方が変わる

56995_ext_03_0_S.jpg

日本の債券市場において一般的に用いられているインデックスは、NOMURA-BPI総合である。代表的なところでは、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2017年10月04日

企業年金における積立比率の上昇要因と今後の留意点

過去5年間を振り返ると、割引率の低下により退職給付債務が拡大してきた一方で、運用環境の改善によってそれ以上に年金資産が拡大したため、積立比率が上昇した。今...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2017年10月03日

年金改革ウォッチ 2017年10月号~ポイント解説:厚生年金保険料率の引上げが終了

年金事業管理部会では、平成28年度の業務実績の評価結果や業務改善計画の実施状況の検証結果などについて報告があり、改善状況に関して活発な議論が行われました。...

続きを読む

中嶋 邦夫

中嶋 邦夫

保険研究部

2017年09月05日

DBとスチュワードシップ・コード

6月に閣議決定された「未来投資戦略2017-Society 5.0 の実現に向けた改革-」には、DBによるスチュワードシップ・コード受入れの促進などを通じて、...

続きを読む

2017年08月03日

老後保障と企業年金(退職金)の役割期待

少子高齢化に伴い公的年金の所得代替率が低下すれば、老後保障の不足分を何らかの形で代替する必要がある。職場から支給される退職給付(企業年金・退職一時金)は、...

続きを読む

上野 雄史
2017年08月03日

NOMURA-BPI総合は年金にとって適切なインデックスなのか

株式や外債においては、時価加重平均型インデックスに対する批判が強くなっている。スマートベータの流行も、単に有効なアクティブ運用が見出せないために、代替的な...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2017年07月05日

株主の立場からみた年金資産運用

確定給付年金は、退職給付制度のなかで、依然として中心的な役割を果たしている。年金運用は、加入者・受給者の利益を図るように安定運用を行うことが基本である。投...

続きを読む

北村 智紀

北村 智紀

金融研究部

レポート

アクセスランキング

企業年金のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

企業年金のレポート Topへ