運用リスク管理

資産運用を行うには、投資行動から発生するリスクの特定、評価など適切なリスク管理プロセスを経ることが大切である。「運用リスク管理」の一覧では、年金ALM、信用リスク、リスクバジェット、LDI、運用会社のリスク等年金運用における運用リスクについて考察を行います。またリスク評価手法の特徴を整理した上で、評価結果を基に長期の投資家にとってリスク管理上重要な課題について解説します。

年で絞り込む

2018年04月16日

米国債利回りと連動しなくなった日本国債利回り

58429_ext_03_0_S.jpg

日本国債利回りを米国債利回りで回帰すると回帰係数がゼロ近辺にあり、日本国債利回りと米国債利回りが連動しなくなっていると考えられる。主成分分析を用いて日本国...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2018年04月09日

マイナス金利政策による投資家の運用資産の保有割合の変化

58358_ext_03_0_S.jpg

マイナス金利政策導入後、日本の短期金融市場ではマイナス金利が常態化している。家計と確定給付年金は、現預金の保有にコストがかかるため、現預金の保有割合を減少...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2018年04月04日

実効性のある政策的資産構成割合に向けて

58256_ext_03_0_S.jpg

4月から原則として全ての確定給付企業年金(DB)で、政策的資産構成割合の策定が義務付けられる。従来、努力義務とされ、政策的資産構成割合が策定されていないD...

続きを読む

2018年04月04日

確定給付型年金と行動経済学上のバイアス

58257_ext_03_0_S.jpg

確定拠出型と同様に、確定給付型年金にも行動経済学の成果が応用できる。運用責任者や運用委員会のメンバーが、資産配分やマネージャーの選択における、行動経済学が...

続きを読む

臼杵 政治
2018年04月04日

マイナス金利が常態化した短期金融市場と現預金への影響

58258_ext_03_0_S.jpg

2016 年1 月末のマイナス金利政策の導入後より、日本の短期金融市場ではマイナス金利の状況が常態化しており、その背景として民間金融機関による日銀当座預金を用...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2018年04月04日

キャッシュ・フローが日本株式の上値を重くする可能性も

58259_ext_03_0_S.jpg

日本株式は昨秋から上昇傾向を強めていたが、1 月下旬から2月中旬に調整した。調整した背景には、キャッシュ・フローの拡大が緩やかで割高感があったことも挙げられ...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年03月12日

利回り低下が継続するヘッジ付き米国債

58129_ext_03_0_S.jpg

ヘッジ付き米国債の利回りの低下傾向が継続している。ヘッジ付き米国債の利回りが低下している原因は、米国債利回りは上昇しているものの、それ以上にヘッジコストが...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2018年03月05日

「気候関連財務情報開示タスクフォースによる提言」を巡る動き

57985_ext_03_0_S.jpg

昨年公表された「気候関連財務情報開示タクスフォースによる提言」が、開示制度上どう扱われるかは未だ不明確だ。政府が経済の好循環実現に向けて、投資家と企業の対...

続きを読む

江木 聡

江木 聡

金融研究部

2018年02月05日

アルファを生み出すために

57714_ext_03_0_S.jpg

運用機関評価の時期が近づいてきた。2017年は世界的に成長株や小型株が高い収益率をあげるなど、アクティブ・マネージャー間の成績格差はなくなっていない。そう...

続きを読む

2018年02月05日

財政安定化に向けたリスク対応掛金設定の検討

57716_ext_03_0_S.jpg

株価上昇や円安の進展により、確定給付企業年金の平均的な積立状況は数年前に比べ大きく改善している。足もとの積立状況は、20年に一度の頻度で発生が見込まれる積...

続きを読む

梅内 俊樹

梅内 俊樹

金融研究部

2017年12月26日

米国債のフラット化の原因に対する仮説-タームスプレッドとユーロ建て米国債利回りに関する分析

57481_ext_03_0_S.jpg

最近、米国債のフラット化について議論されている。過去に米国債のイールドカーブが逆イールドになると景気後退が生じており、今回のFRBの利上げが逆イールドをも...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2017年11月27日

リーマンショック前の水準にまで上昇した米ドル円のヘッジコスト

57266_ext_03_0_S.jpg

2017年10月末の米ドル円のヘッジコストは1.91%で、リーマンショック前の水準にまで上昇している。2017年のヘッジコストの上昇は、米国の利上げに伴う...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2017年11月09日

日銀の金融緩和政策が及ぼす影響-イールドカーブ・コントロールは金利変動パターンを変えたか

57118_ext_03_0_S.jpg

平成28年9月より、「イールドカーブ・コントロール(以下、YCC)」が導入された。平成28年1月に発表されたマイナス金利政策に加え、長期(10年)金利を0...

続きを読む

水野 友理那

水野 友理那

金融研究部

2017年10月19日

YCC導入後の20年国債金利-金融政策の出口に関する情報はどこに織り込まれるか

2016年9月のYCCとオーバーシュート型コミットメント導入後の20年国債金利の動向について考える。YCC導入後は、10年国債金利がゼロ%周辺を推移する状...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2017年10月16日

金融政策の超長期国債金利への影響について考える-金融政策による超長期国債金利の押し下げ効果の測定

20年国債金利を「10年国債金利」と「20年国債金利と10年国債金利の差分(スプレッド)」に分解して、物価の安定目標の導入による時間軸効果も含めて、日本銀...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2017年10月04日

企業年金における積立比率の上昇要因と今後の留意点

過去5年間を振り返ると、割引率の低下により退職給付債務が拡大してきた一方で、運用環境の改善によってそれ以上に年金資産が拡大したため、積立比率が上昇した。今...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2017年09月25日

金融政策の10年国債金利への影響を振り返る-金融政策による金利の押し下げ効果の測定

イールドカーブ・コントロール(YCC)の影響を加味した重回帰モデルを構築し、過去1年間の金利推移とこれまでの日本銀行による金融政策の影響(金利の押し下げ効...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2017年09月05日

DBとスチュワードシップ・コード

6月に閣議決定された「未来投資戦略2017-Society 5.0 の実現に向けた改革-」には、DBによるスチュワードシップ・コード受入れの促進などを通じて、...

続きを読む

2017年08月03日

海外金利の上昇は国内金利に影響するのだろうか?

昨年末以降、米国の利上げペースが加速している。そして、米国の金利上昇は、国内金利の上昇圧力となりうる。当面、「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」の継続が...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2017年08月01日

主成分分析の観点から見た日本国債金利と米国債金利の連動性-アベノミクス下のイールドカーブの変化を振り返る

米国の金融政策では今後も利上げを行う方向性が示されている一方で、日本では異次元金融緩が継続されると見られている。日本国債金利と米国債金利間の連動性から、米...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

レポート

アクセスランキング

運用リスク管理のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

運用リスク管理のレポート Topへ