証券市場

「証券市場」の一覧では、株式市場、債券市場、社債市場、リート市場等の特色やそれぞれの市場の課題をとらえ、市場参加者、運用者の立場から提言を行います。アベノミクス効果を受け大幅に上昇した株式市場について外国人や個人等の投資家別売買動向、企業業績動向、各国との株価や株価収益率の比較等から、客観的かつ科学的な分析で株式相場の先行きを見通します。

年で絞り込む

2017年03月22日

金融緩和による市場変化と成長~巨大な買い手の存在が金融市場の機能を低下させているか~

日本銀行による強力な金融緩和の実施は、債券市場において投資家構造や価格体系にも大きな影響を与えており、流通市場の機能度低下を懸念する声が高まるなど、ある種...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2017年03月22日

ROE至上主義の罠-短命に終わったリキャップCBブーム

55307_ext_03_0_S.jpg

2017年3月17日、東京証券取引所は、上場企業によるリキャップCB発行に関して注意喚起する文書を公表した。なぜ、金融庁・東証はこのような文書の公表に踏み...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2017年03月09日

ヘルスケア・バイオ系ファンドが復調?~2017年2月の投信動向~

55241_ext_03_0_S.jpg

2017年2月の国内公募追加投信(ETFを除く)の資金の流出入の推計値を見ると、1月から引き続き国内株式と外国REITの資金流出が大きかった。ただし、流出...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2017年03月07日

マイナス金利下における国内債券運用

マイナス金利で国内債券の運用は厳しい状況が続いている。国内債券はリスクが低く、他のリスクの高い資産(国内株式、外国証券など)と逆相関に働きポートフォリオ全...

続きを読む

千田 英明
2017年03月03日

マイナス金利政策と企業年金財政

割引率の選択は退職給付債務計算を通じて企業年金財政、ひいては企業の投資行動にも重大な影響を及ぼす可能性がある。マイナス金利政策の当初の目的の一つが企業の投...

続きを読む

柳瀬 典由
2017年02月23日

国内の新興市場株ファンドが健闘~2017年1月の投信動向~

55129_ext_03_0_S.jpg

2014年にNISA(少額投資非課税制度)がスタートし、さらに2017年1月から個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)の加入対象者が拡大するなど、個人の...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2017年01月27日

方向感失う中、金利懸念が拡大~不動産価格は「当面横ばい、東京五輪前後に弱含み、以後下落」が4割~第13回不動産市況アンケート結果

第13回不動産市況アンケートを実施した。現在の不動産投資市場全体(物件売買、新規開発、ファンド組成)の景況感は、ピークアウトはしたものの、依然として良好で...

続きを読む

増宮 守

増宮 守

金融研究部

2017年01月11日

「日銀は株価を歪めていない」は本当か-新ルールは評価できるが歪みは拡大

日銀のETF大量購入が株価を歪めている可能性を検証したところ、日経平均レベルでの歪みは明確でないものの、個別銘柄の株価は歪んでいることが明らかとなった。買...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2017年01月11日

日本株式の年初の見通しはなぜ強気になりやすいのか~背景にあるのは楽観的な業績見通し~

2017年が始まりました。2016年の株式市場は大荒れでしたが、「申酉(さるとり)騒ぐ」の相場格言どおりに、酉年の今年も荒れる相場になるのでしょうか。株式...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2017年01月06日

東証第一部上場企業は玉石混交

東証一部上場企業と一口にいっても千差万別、優良企業とそうでない企業が混じっている。年金ファンドは国内株式のパッシブ運用のベンチマークとして東証株価指数を多...

続きを読む

川北 英隆
2016年12月28日

これまでのNISAは何だったのか~「貯蓄から投資へ」の課題(その3)~

54708_ext_03_0_S.jpg

12月初めに公表された平成29年度税制改正大綱に『非課税累積投資等に係わる非課税措置』(以下 積立NISA)の導入が明記された。それと同時に「複数の制度が...

続きを読む

前田 俊之

前田 俊之

金融研究部

2016年12月05日

中期的アルファ源泉としての技術特許

特許情報が株価に織り込まれるプロセスを検証し、技術競争力の獲得は概ね3年後に自己資本利益率(ROE)を上昇させ、それを投資家が認識すると株価が値上がりする...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2016年11月29日

日銀保有のJ-REIT投資口は浮動株?それとも固定株?~来年から東証REIT指数に浮動株比率を反映

54428_ext_03_0_S.jpg

11月8日の米国大統領選挙でドナルド・トランプ氏が勝利して以降、金融市場では新しい経済政策(トランプノミクス)への期待からリスク選好の姿勢が強まりました。...

続きを読む

岩佐 浩人

岩佐 浩人

金融研究部

2016年11月07日

「日銀は株価を歪めていない」は本当か-新ルールは評価できるが歪みは拡大

54262_ext_03_0_S.jpg

日銀のETF大量購入が株価を歪めている可能性を検証したところ、日経平均レベルでの歪みは明確でないものの、個別銘柄の株価は歪んでいることが明らかとなった。買...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2016年11月04日

マイナス金利で見直される個人向け国債

マイナス金利で個人向け国債の販売が増えている。しかし、過去に大量販売された国債の償還を迎え、残高は増えていない。来年度以降は償還も落ち着き、今後は残高増加...

続きを読む

千田 英明
2016年10月27日

減価償却費を活用したJ-REITの内部成長率

利益を全額分配するJ-REIT(不動産投資信託)にとって、現金支出を伴わない減価償却費は貴重な内部財源であり、その使い道について注目が集まっている。本稿で...

続きを読む

岩佐 浩人

岩佐 浩人

金融研究部

2016年10月25日

ヘッジ付き米国債利回りが一時マイナスに-為替変動リスクのヘッジコスト上昇とその理由

米国10年国債を為替予約(3ヶ月)で為替変動リスクをヘッジしたときの運用利回りが2016年9月末にマイナスになった。利回り低下の主な要因は、為替変動リスク...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2016年10月17日

収穫の秋、運用では種まきの秋

54104_ext_03_0_S.jpg

「春は種まき、秋は収穫」と言うが、運用の世界では逆のようだ。運用では、秋に投資を開始(種まき)し、春に売却(収穫)する方が、春に投資を開始し秋に売却するよ...

続きを読む

千田 英明
2016年10月12日

円高は再び株価を押し下げるか-想定為替レートの変更事例から中間決算を読む

54080_ext_03_0_S.jpg

日経平均が1万7,000円を本格的に回復できない状態が続いている。円高による今後の業績下方修正を市場は警戒しているようだが、試算によると7%程度の下方修正...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2016年10月05日

低PBR株の復活は時期尚早か

リーマン・ショック以降、日本の株式市場で低PBR株のパフォーマンスが相対的に低迷してきた。足元やや復調の兆しが見えるが、これまで低迷してきた要因を考えると...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

証券市場のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

証券市場のレポート Topへ