証券市場

「証券市場」の一覧では、株式市場、債券市場、社債市場、リート市場等の特色やそれぞれの市場の課題をとらえ、市場参加者、運用者の立場から提言を行います。アベノミクス効果を受け大幅に上昇した株式市場について外国人や個人等の投資家別売買動向、企業業績動向、各国との株価や株価収益率の比較等から、客観的かつ科学的な分析で株式相場の先行きを見通します。

年で絞り込む

2017年09月08日

新興国株式投資は分散が重要?~2017年8月の投信動向~

56594_ext_03_0_S.jpg

2017年8月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、内外REIT以外は資金流入しており、全体で5,000億円を超える資金流入があっ...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2017年09月05日

資本コストから見たPBR効果~要因分析から今後の動向を考える~

日本の株式市場では、低PBR銘柄への投資は高PBR銘柄へ投資するよりも高い収益が得られる傾向があります(本稿ではこの傾向を「PBR効果」と呼びます)。アベ...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2017年08月10日

監査法人の適正意見とは-“お墨付き”という表現を、早急に改めた方が良いのでは

56385_ext_03_0_S.jpg

新聞やテレビのニュース報道で、上場企業等の有価証券報告書に対して監査法人が発する適正意見を“お墨付き”と説明する事例を見ることがある。しかし、“お墨付き”...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2017年08月08日

日銀のETF買い、やめるなら今が好機ー買入減額・売却時のシミュレーション

最近、日銀による金融緩和の「出口」が話題になることが増えた。出口とは金融緩和の縮小や金融政策の正常化を図ることだが、金融緩和策の目的である「2%の物価安定...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2017年08月07日

人気に陰りが見え始めた毎月分配型~2017年7月の投信動向~

56349_ext_03_0_S.jpg

2017年7月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、国内株式から資金流出していたものの、流出金額は30億円程度と小額であった。国内...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2017年08月03日

NOMURA-BPI総合は年金にとって適切なインデックスなのか

株式や外債においては、時価加重平均型インデックスに対する批判が強くなっている。スマートベータの流行も、単に有効なアクティブ運用が見出せないために、代替的な...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2017年08月01日

主成分分析の観点から見た日本国債金利と米国債金利の連動性-アベノミクス下のイールドカーブの変化を振り返る

米国の金融政策では今後も利上げを行う方向性が示されている一方で、日本では異次元金融緩が継続されると見られている。日本国債金利と米国債金利間の連動性から、米...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2017年07月20日

マイナス金利政策による市場変化と成長-巨大な買い手の存在が金融市場の機能を低下させているか

日本銀行は2016年1月29日の金融政策決定会合において、マイナス金利付き量的・質的金融緩和の導入を決定し、即日、公表した。金融機関等が日本銀行に有してい...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2017年07月13日

資本主義で容認される価格統制-政策目的の市場介入は、違法な相場操縦と何が異なるのか

56167_ext_03_0_S.jpg

輸出入の量をコントロールするなどの目的から、人為的に市場に介入し為替レートを適切と考えられる水準に導くことは、“為替介入“として先進国の間では嫌われ、時に...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2017年07月06日

注目が集まる?中国A株ファンド~2017年6月の投信動向~

56125_ext_03_0_S.jpg

2017年6月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、5月から引き続き国内株式からの資金流出が大きかった【図表1】。流出金額は、5月...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2017年06月28日

日銀のETF買い、やめるなら今が好機-買入減額・売却時のシミュレーション

56046_ext_03_0_S.jpg

最近、日銀による金融緩和の「出口」が話題になることが増えた。出口とは金融緩和の縮小や金融政策の正常化を図ることだが、金融緩和策の目的である「2%の物価安定...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2017年06月07日

逆張りされる国内株式ファンド~2017年5月の投信動向~

55915_ext_03_0_S.jpg

2017年5月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、国内株式からの資金流出が大きく4,000億円に迫った【図表1】。内外REITに...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2017年06月05日

企業数を絞り込んだパッシブ運用が望まれる

パッシブ運用では、ポートフォリオ理論でいうマーケットとは何か、真剣に考えるべきである。アメリカでも日本でも、株式市場を代表するインデックスの上昇率に明確な...

続きを読む

川北 英隆
2017年05月10日

ハイリスク・ハイリターンな新興国株式~2017年4月の投信動向~

55681_ext_03_0_S.jpg

2017年4月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、外国株式とバランス型に資金流入していた。2つの流入金額はともに1,000億円を...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2017年05月08日

猫も杓子も、門前に市をなすのは、投資の基本に反する

日本銀行によるイールドカーブコントロールでも、引続き、短い年限の国債はマイナス利回りのままにある。国内債投資による利回り獲得を期待できないことから、様々な...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2017年05月08日

SDGs達成に向けて投資家が果たす役割と責任

2015年9月にSDGsが公表されたことを契機に、企業セクターはより積極的に社会的課題の解決に向けた取り組みが求められるようになっている。しかし日本企業の...

続きを読む

加賀谷 哲之
2017年04月24日

ヘッジ付き米国債の利回りに復活の兆し-日本円と米ドルの短期金融市場が示唆していること

昨年後半から、ヘッジ付き米国債の利回りが上昇している。利回り上昇の要因として、昨年末までは米国債利回りの上昇が寄与しており、今年に入ってからはヘッジコスト...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2017年04月19日

図表でみる中国経済(株式市場編)~日本との相違点及びMSCI問題

本稿は、中国経済をこれから学ぼうとお考えの方々を対象に、新聞記事やレポートでは通常前提として省略されることが多い基礎的な経済データを、図表を用いて分かり易...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2017年04月11日

株式市場の展望-米政策期待の剥落で、伸び悩む日本の企業業績と株価

55479_ext_03_0_S.jpg

日経平均株価は3月下旬に2万円回復を伺う場面もあったものの、市場の期待と裏腹に下げに転じた。米政治への懸念や地政学リスクが意識される中、2017年度の株式...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2017年04月07日

メキシコ関連ファンドが好調~2017年3月の投信動向~

55452_ext_03_0_S.jpg

2017年3月の国内公募追加投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、外国株式とバランス型への資金流入が大きかった。流入金額はともに2,000億円を超...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

証券市場のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

証券市場のレポート Topへ