アセットアロケーション

「アセットアロケーション」の一覧では、デフレ脱却を見据えた債券運用中心のポートフォリオの見直しやインフラ投資等運用対象の多様化、運用規制のあり方といった年金運用におけるアセットアロケーションに係わる課題を分析し、あるべき運用を提言します。また、金融工学を使ったリスク管理手法の高度化に関する提案や、実体経済を反映した金利モデルの開発等、新たな運用モデルの提案など、理論と実務の架け橋となる有益なレポートを提供してまいります。

年で絞り込む

2018年08月15日

来期予想利益成長率に注目!!~アベノミクス相場以降、高成長銘柄の株価が好調~

59351_ext_03_0_S.jpg

国内株式市場で投資する銘柄を選ぶ際には、「来期予想利益成長率」に注目してみてはいかがでしょうか。アベノミクス相場が始まった2013年度以降、銘柄選択する上...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年08月09日

東京オフィス市場は一段と改善。Jリート市場は好調維持。-不動産クォータリー・レビュー2018年第2四半期

59316_ext_03_0_S.jpg

国内景気は、好調な企業収益を背景とする民間設備投資の増加や、雇用所得環境の改善に伴う民間消費の持ち直しに支えられ、緩やかな回復基調が継続している。住宅価格...

続きを読む

吉田 資

吉田 資

金融研究部

2018年07月31日

はじめての不動産投資入門(1)~不動産投資の心得 5か条~

59210_ext_03_0_S.jpg

不動産市況が活況です。7月7日に発表された相続税路線価によると、銀座4丁目交差点近くの土地の価格は4,432万円/m2となり、前年比+10%上昇しました。...

続きを読む

渡邊 布味子

渡邊 布味子

金融研究部

2018年07月09日

投信購入者の半数が損失!!~銀行での投信販売について~

59024_ext_03_0_S.jpg

銀行で投信を購入した顧客の半数弱が損失を抱えていることが明らかになりました。損失を抱えている顧客の多くが、投資期間が3年以下であると推察されます。過去3年...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年05月10日

外国REITと外国債券からの資金流出が続く~2018年4月の投信動向~

58637_ext_03_0_S.jpg

2018年4月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入をみると、国内株式、外国株式、バランス型へ資金流入していた。ただ、3資産クラスとも流入金...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年05月07日

ESG投資に日本企業はどのように対峙すべきか?

58544_ext_03_0_S.jpg

ESGに関わる関心が高まっている。その背景には、人口増加や都市化の進展に伴う資源限界の問題がある。日本企業はESG投資に関わる取り組みを機会とみて、それが...

続きを読む

加賀谷 哲之
2018年05月01日

築年数が経過しても賃料が下がりにくい地域はどこか?~マンション賃料形成要因の地域別分析

58565_ext_03_0_S.jpg

マンション賃料は、一般的に、築年数の経過に伴い下落する。それ故、賃貸マンション投資を行う際には、築年数が経過しても賃料が大幅に下がらない物件を見極めること...

続きを読む

吉田 資

吉田 資

金融研究部

2018年04月16日

米国債利回りと連動しなくなった日本国債利回り

58429_ext_03_0_S.jpg

日本国債利回りを米国債利回りで回帰すると回帰係数がゼロ近辺にあり、日本国債利回りと米国債利回りが連動しなくなっていると考えられる。主成分分析を用いて日本国...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2018年04月09日

マイナス金利政策による投資家の運用資産の保有割合の変化

58358_ext_03_0_S.jpg

マイナス金利政策導入後、日本の短期金融市場ではマイナス金利が常態化している。家計と確定給付年金は、現預金の保有にコストがかかるため、現預金の保有割合を減少...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2018年04月06日

逆張り投資に利用される国内株パッシブ~2018年3月の投信動向~

58354_ext_03_0_S.jpg

2018年3月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、国内株式と外国株式への資金流入が続き、流入金額は共に3,000億円に迫った。バ...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年04月04日

確定給付型年金と行動経済学上のバイアス

58257_ext_03_0_S.jpg

確定拠出型と同様に、確定給付型年金にも行動経済学の成果が応用できる。運用責任者や運用委員会のメンバーが、資産配分やマネージャーの選択における、行動経済学が...

続きを読む

臼杵 政治
2018年04月04日

マイナス金利が常態化した短期金融市場と現預金への影響

58258_ext_03_0_S.jpg

2016 年1 月末のマイナス金利政策の導入後より、日本の短期金融市場ではマイナス金利の状況が常態化しており、その背景として民間金融機関による日銀当座預金を用...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2018年04月04日

キャッシュ・フローが日本株式の上値を重くする可能性も

58259_ext_03_0_S.jpg

日本株式は昨秋から上昇傾向を強めていたが、1 月下旬から2月中旬に調整した。調整した背景には、キャッシュ・フローの拡大が緩やかで割高感があったことも挙げられ...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年03月12日

利回り低下が継続するヘッジ付き米国債

58129_ext_03_0_S.jpg

ヘッジ付き米国債の利回りの低下傾向が継続している。ヘッジ付き米国債の利回りが低下している原因は、米国債利回りは上昇しているものの、それ以上にヘッジコストが...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2018年02月05日

これからの年金運用を展望する

57715_ext_03_0_S.jpg

日本銀行の金融緩和政策に対して、緩和内容の一部変更を期待する声が高まっている。しかし、仮に金利が少し上昇したとしても、10年国債利回りの水準が現在の0.1...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2018年01月30日

良好な環境が続くも、地政学リスクを注視~価格のピークは東京五輪前、インフラ施設に注目~第14回不動産市況アンケート結果

57760_ext_03_0_S.jpg

不動産市況の現状および今後の方向性を把握すべく、不動産分野の実務家・専門家を対象に「不動産市況アンケート」(第14回)を実施した(回答者数113名、回収率...

続きを読む

吉田 資

吉田 資

金融研究部

2017年11月27日

リーマンショック前の水準にまで上昇した米ドル円のヘッジコスト

57266_ext_03_0_S.jpg

2017年10月末の米ドル円のヘッジコストは1.91%で、リーマンショック前の水準にまで上昇している。2017年のヘッジコストの上昇は、米国の利上げに伴う...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2017年10月30日

さらばNOMURA-BPI総合-浮動債比率を考慮すると見え方が変わる

56995_ext_03_0_S.jpg

日本の債券市場において一般的に用いられているインデックスは、NOMURA-BPI総合である。代表的なところでは、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2017年10月04日

投資判断でのAI活用はどのくらいできるのか~自動車の自動運転と比べて~

56824_ext_03_0_S.jpg

投資の世界ではAI活用の話題が盛り上がっている。この投資におけるAIの活用は大きく2つに分類される。1つ目はAIの登場によって今後新しい技術、商品が生み出...

続きを読む

安孫子 佳弘

安孫子 佳弘

金融研究部

2017年10月04日

何のために年金資産を運用しているのか

私たちは年金資産の運用について、所与のものとして考えがちである。その際には、基本ポートフォリオや投資対象の資産クラスが予め定められており、決められた範囲で...

続きを読む

レポート

アクセスランキング

アセットアロケーションのレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

アセットアロケーションのレポート Topへ