金融市場・外国為替

「金融市場・外国為替」の一覧では、各国の金融政策の方向性、金利見通しや需給動向等を材料に円ドル相場、円ユーロ相場の動きを分析・予測します。また、銀行貸出、マネタリーベース、マネーストックの金融統計や資金循環統計から金融資産の動向について解説したレポートを定期的に提供してまいります。
月次提供レポート:「金融市場の動き」、「マーケット・カルテ」、「マネー統計」等

年で絞り込む

2017年06月22日

それでも緩やかな円安を予想するワケ~マーケット・カルテ7月号

ドルの上値が重い状況が続いている。FRBは6月半ばのFOMCにおいて利上げを実施するとともに、今後の金融引き締めにも前向きな姿勢を示したが、市場の反応は鈍...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2017年06月15日

日銀資産500兆円超え~出口の損失シミュレーションを前提に対応議論を開始すべき

55968_ext_03_0_S.jpg

日銀の資産は、量的・質的金融緩和を導入して以降3倍に膨らみ、先月末に初めて500兆円に達した。資産の膨張に不安の声も強まっており、国会でも出口戦略に関する...

続きを読む

矢嶋 康次

矢嶋 康次

経済研究部

2017年06月09日

貸出・マネタリー統計(17年5月)~不動産向け貸出は過去最高を更新

6月8日に発表された貸出・預金動向(速報)によると、5月の銀行貸出(平均残高)の前年比伸び率は3.3%と前月(前年比3.0%)から大きく上昇した。これは2...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2017年06月05日

株式市場展望~日本株が上昇基調を取り戻すカギ

16 年度の上場企業のROE は3年ぶりに改善し、17 年度もさらに改善が期待できそうだ。欧米政治や地政学リスクなど先行き不透明な中、これらのリスク・イベントを...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2017年06月02日

「予期せぬ原油高でドル高」というシナリオも~金融市場の動き(6月号)

本日、日経平均株価は2万円の節目を突破したが、ドル円レートは未だ111円台で低迷している。その背景にあるのが米長期金利の低迷であり、トランプ政権への過度の...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2017年06月02日

最近の人民元と今後の展開(2017年6月号)~トランプ氏退陣は元安要因、基準値設定方法変更は元高要因

5月の人民元レート(スポット・オファー、中国外貨取引センター)は米ドルに対して上昇、5月末は前月末比1.0%上昇の1米ドル=6.8261元で取引を終えた。...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2017年05月25日

中国経済見通し~景気の好調は今後も続くのか?

中国では経済成長率が加速してきた。4月17日に中国国家統計局が公表した17年1-3月期の実質成長率は前年同期比6.9%増と2四半期連続で上昇、3月開催の全...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2017年05月23日

米経済の真価が問われる~マーケット・カルテ6月号

5月入り後のドル円相場は、欧州政治リスクの後退や米国の6月利上げ観測から一旦ドル高に振れた後、トランプ政権のロシアとの不透明な関係を巡る疑惑(ロシアゲート...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2017年05月12日

貸出・マネタリー統計(17年4月)~マネーの伸びは高水準、投信の減速は止まらず

5月11日に発表された貸出・預金動向(速報)によると、4月の銀行貸出(平均残高)の伸び率は前年比3.0%で前月(前年比3.0%)から横ばいに。引き続き高い...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2017年05月10日

英国のEU離脱とロンドン国際金融センターの未来

17年3月29日、英国のメイ首相が欧州連合(EU)に離脱の意思を通知し、EU基本条約第50条の手続きが始動した。同条に基づけば、英国を除く27カ国が期限延...

続きを読む

伊藤 さゆり

伊藤 さゆり

経済研究部

2017年05月02日

最近の人民元と今後の展開(2017年5月号)~欧州政治に加えて、「一帯一路」国際会議とG7にも注目!

4月の人民元レート(スポット・オファー、中国外貨取引センター)は米ドルに対してほぼ横ばいで推移、4月末は1米ドル=6.8970元で取引を終えた。4月は米中...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2017年05月02日

日銀、「6度目の正直」も困難か~金融市場の動き(5月号)

日銀が先週27日に公表した展望レポートでは、今後の物価上昇率は急ピッチで上昇を続け、「2018年度頃」には物価目標である2%程度に達するとの見通しが維持さ...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2017年04月24日

ヘッジ付き米国債の利回りに復活の兆し-日本円と米ドルの短期金融市場が示唆していること

昨年後半から、ヘッジ付き米国債の利回りが上昇している。利回り上昇の要因として、昨年末までは米国債利回りの上昇が寄与しており、今年に入ってからはヘッジコスト...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2017年04月20日

5月上旬が為替相場の分岐点に~マーケット・カルテ5月号

4月入り後のドル円市場では、シリア・北朝鮮を巡る地政学リスクや仏大統領選への警戒に伴うリスク回避の円買い、トランプ米大統領のドル高牽制と弱めの米経済指標を...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2017年04月19日

図表でみる中国経済(株式市場編)~日本との相違点及びMSCI問題

本稿は、中国経済をこれから学ぼうとお考えの方々を対象に、新聞記事やレポートでは通常前提として省略されることが多い基礎的な経済データを、図表を用いて分かり易...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2017年04月14日

貸出・マネタリー統計(17年3月)~銀行貸出では薄利多売化が進行

日銀が4月12日に発表した貸出・預金動向(速報)によると、3月の銀行貸出(平均残高)の伸び率は前年比3.0%と前月(前年比2.9%)からやや上昇した。3....

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2017年04月07日

メキシコ関連ファンドが好調~2017年3月の投信動向~

55452_ext_03_0_S.jpg

2017年3月の国内公募追加投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、外国株式とバランス型への資金流入が大きかった。流入金額はともに2,000億円を超...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2017年04月07日

円相場の材料点検と見通し~金融市場の動き(4月号)

現在、ドル円を巡る相場の材料は盛りだくさんの状況にある。材料を点検すると、米トランプ政権の政策運営に関しては、減税・インフラ投資、保護主義、為替政策の行方...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2017年04月07日

初の日米首脳会談-同盟強化で一致、日米経済対話を新設

安倍首相とトランプ大統領の初めての日米首脳会談が2月10日に行われ、安全保障、通商、経済協力などが協議された。日米同盟を強化することで一致し、経済関係の強...

続きを読む

矢嶋 康次

矢嶋 康次

経済研究部

2017年04月04日

最近の人民元と今後の展開(2017年4月号)~米中金利差縮小vs米中通商交渉

3月の人民元レート(スポット・オファー、中国外貨取引センター)は米ドルに対して小幅に下落、3月末は1米ドル=6.8910元で取引を終え前月末比0.3%の小...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

レポート

アクセスランキング

金融市場・外国為替のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

金融市場・外国為替のレポート Topへ