アジア・新興国経済

「アジア・新興国経済」の一覧では、韓国、台湾、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、インド等成長を続ける主要アジア新興国・地域の実体経済、インフレ、金融政策の動向につき月次でレポートを行い、四半期毎に各国のGDPについて詳細な解説と先行きの見通しを提供します。また、アジア主要都市のオフィス市場、REIT市場等のアジアの不動産市場の現状について現地調査を踏まえた分析を行います。

年で絞り込む

2018年04月11日

【東南アジア経済】ASEANの貿易統計(4月号)~輸出は旧正月の影響で上下に振れるも、基調に変化みられず

58416_ext_03_0_S.jpg

18年2月のASEAN主要6カ国の輸出(ドル建て通関ベース)は前年同月比8.6%増(前月:同23.3%増)と、8ヵ月ぶりの一桁増まで低下した。輸出は昨年、...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2018年04月06日

若者の「内向き志向」は本当か?ー潜在する動機・意欲を引き出す早期教育の必要性

58348_ext_03_0_S.jpg

日本の若者について、内向き志向で海外への関心や興味が少ないなどと評されることが多い。この点に関し、毎年継続的に実施されている産業能率大学の直近の調査(20...

続きを読む

平賀 富一
2018年03月29日

雇用の不安定化が続く日韓-非正規職の問題をどう解決すればいいだろうか-

58272_ext_03_0_S.jpg

日本では97 年に派遣労働の自由化を盛りこんだ規制緩和推進計画が閣議決定され、99 年には派遣が原則自由化された。その結果、 非正規労働者の増加に拍車がかかり、...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2018年03月29日

保護主義色を強める米国~新たな国際経済体制が必要~

58270_ext_03_0_S.jpg

米国は、安全保障を理由に鉄鋼・アルミ製品に高率輸入関税を適用する措置を発動した。カナダ、メキシコ、EU、韓国などは暫定的に適用除外となったが、日本は除外に...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2018年03月23日

【アジア・新興国】東南アジア・インドの経済見通し~成長ドライバーは外需から内需へ重心シフト

58224_ext_03_0_S.jpg

東南アジア5カ国およびインド経済は、海外経済の回復やITサイクルの改善を受けて電子製品や一次産品などの輸出が好調に推移し、景気回復が続いている。輸出拡大と...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2018年03月14日

無期転換ルール導入の課題は?-雇用保障のみならず処遇改善に対する保障の実施も、韓国の事例から学ぶ-

58151_ext_03_0_S.jpg

日本では、2013年4月に改正労働契約法が施行されることにより、今年の4月から、契約社員やパート・アルバイト、そして派遣社員のような有期契約労働者を対象に...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2018年03月09日

【東南アジア経済】ASEANの貿易統計(3月号)~輸出は旧正月の影響で上振れ、基調読めず

58119_ext_03_0_S.jpg

18年1月のASEAN主要6カ国の輸出(ドル建て通関ベース)は前年同月比23.0%増と、前月の同11.5%増から上昇し、8ヵ月連続の二桁増を記録した。1月...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2018年03月07日

【豪州GDP】10-12月期は前年同期比0.4%増~民間消費が堅調に推移~

58107_ext_03_0_S.jpg

3月7日、オーストラリア統計局(ABS)は、2017年10-12月期のGDP統計を公表した。10-12月期の実質GDP成長率は前期比0.4%増(季節調整済...

続きを読む

神戸 雄堂

神戸 雄堂

経済研究部

2018年03月05日

ブラジルの2017年GDPは3年ぶりのプラス成長~先行きは大統領選挙の結果次第~

58086_ext_03_0_S.jpg

3月1日、ブラジル地理統計院(IBGE)は、2017年10-12月期と2017年通年のGDP統計を公表した。10-12月期の実質GDP成長率は前期比0.1...

続きを読む

神戸 雄堂

神戸 雄堂

経済研究部

2018年03月01日

【インドGDP】10-12月期は前年同期比7.2%増~投資拡大で2期連続の景気回復

58056_ext_03_0_S.jpg

2017年10-12月期の実質GDP成長率は前年同期比7.2%増(前期:同6.5%増)と上昇し、市場予想の同7.0%増を上回った。10-12月期の実質GD...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2018年02月20日

IT×保険で、相互保険を再定義―中国初の生保相互会社の誕生-【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(30)

57930_ext_03_0_S.jpg

日本では100年以上の歴史がある相互保険。近年では、バブル経済の終焉にともなう相互会社の株式会社化なども経験している。一方、中国では、改革・開放政策によっ...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2018年02月19日

【タイGDP】10-12月期は前年同期比+4.0%増~輸出と民間消費が堅調で2期連続の4%成長

57919_ext_03_0_S.jpg

2017年10-12月期の実質GDP成長率は前年同期比4.0%増と、前期の同4.3%増から低下したほか、Bloomberg調査の市場予想(同4.3%増)を...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2018年02月15日

【マレーシアGDP】10-12月期は前年同期比+5.9%-民間部門を中心に高成長が継続

57902_ext_03_0_S.jpg

2017年10-12月期の実質GDP成長率は前年同期比5.9%増 と前期の同6.2%増から低下したものの、Bloomberg調査の市場予想(同5.8%増)を...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2018年02月09日

【東南アジア経済】ASEANの貿易統計(2月号)~輸出は増勢鈍化も、半導体を中心に好調を維持

57862_ext_03_0_S.jpg

17年12月のASEAN主要6カ国の輸出(ドル建て通関ベース)は前年同月比11.0%増と、前月の同16.0%増から低下したものの、6ヵ月連続の二桁増を記録...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2018年02月05日

【インドネシア10-12月期GDP】前年同期比5.19%増~投資拡大で2期連続の成長加速

57817_ext_03_0_S.jpg

インドネシアの2017年10-12月期の実質GDP成長率は前年同期比(原系列)5.19%増と、前期(同5.06%増)から上昇するとともに、市場予想の同5....

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2018年01月30日

若者の「内向き志向」は本当か?-潜在する動機・意欲を引き出す早期教育の必要性-

57759_ext_03_0_S.jpg

日本の若者について、内向き志向で海外への関心や興味が少ないなどと評されることが多い。この点に関し、毎年継続的に実施されている産業能率大学の直近の調査(20...

続きを読む

平賀 富一
2018年01月30日

【ロシア経済】2018年の見通し~2018年の成長率は2017年からほぼ横ばい~

57761_ext_03_0_S.jpg

ロシア経済は原油価格の低迷によって2015年、16年と2年連続で景気後退に陥ったが、原油価格の持ち直しを受けて2017年には3年ぶりのプラス成長を達成する...

続きを読む

神戸 雄堂

神戸 雄堂

経済研究部

2018年01月23日

【フィリピンGDP】10-12月期は前年同期比6.6%増~政府支出の加速と輸出の好調で力強い成長続く

57688_ext_03_0_S.jpg

2017年10-12月期の実質GDP成長率は前年同期比6.6%増と、前期の同7.0%増から低下し、市場予想(同6.7%増)を下回った。なお、2017年通年...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2018年01月22日

財布を持たない、という日常-中国におけるキャッシュレス化の浸透度

57665_ext_03_0_S.jpg

先日、北京出張をした際に、中国の友人と食事をした。中国でキャッシュレス化が進んでいるという話題になると、ふと考えこんだ友人は「そういえば、いつから財布を持...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2018年01月16日

【アジア・新興国】なぜ韓国の高齢者貧困率は高いのか-公的年金が給付面で未成熟、成熟してもなお課題山積-

57639_ext_03_0_S.jpg

OECD(2017) によると、2014年時点の韓国の66~75歳の高齢者の貧困率は42.7%でOECD平均10.6%よりも約4倍も高いことが明らかになった...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

アジア・新興国経済のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

アジア・新興国経済のレポート Topへ