家計の貯蓄・消費・資産

この「家計の貯蓄・消費・資産」の一覧では、1600兆円を越える個人金融資産について、資金循環勘定をもとにしたフロー・ストック両面でのマクロ分析、アベノミクス等の経済政策や税制・社会保障制度の改正が家計に与える影響、株式投資をはじめとする家計の投資行動、資産形成、家計貯蓄率の動向についてタイムリーに分析を行い、ソリューションを提供します。また、個人金融資産には高齢化による取り崩しなど、政府債務残高との逆転など今後予想される動向についてもレポートしていきます。

年で絞り込む

2017年09月21日

商業施設の売上環境はなぜ弱いのか?

今後、少子高齢化と電子商取引市場拡大の影響により、商業施設の売上環境は悪化する見通しである。拙稿の「商業施設売上高の長期予測」の分析では、商業施設売上高は...

続きを読む

佐久間 誠

佐久間 誠

金融研究部

2017年09月20日

資金循環統計(17年4-6月期)~個人金融資産は、前年比77兆円増加の1832兆円に、過去最高を大きく更新

2017年6月末の個人金融資産残高は、前年比77兆円増(4.4%増)の1832兆円となった。残高はこれまでの最高であった昨年12月末(1810兆円)を大き...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2017年09月12日

「パワーカップル」世帯の動向(2)-年収700万円超の妻はDINKSだけでなく、出産前後の30歳代や子育て中もキャリアを積み続けた50歳代のDEWKSでも多い

「パワーカップル世帯の動向(1)」では、夫婦ともに年収700万円超は共働き世帯のわずか1.8%だが、じわりと増加傾向にあること、また、高年収の妻ほど夫も高...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2017年09月07日

使用年数が長期化する電化製品-買い控えはもったいない!?

56489_ext_03_0_S.jpg

皆さんの家にある電化製品は購入してどれくらい経つだろうか。内閣府は、毎年3月に主な耐久消費財の買い替えるまでの平均使用年数を調査している。

続きを読む

白波瀨 康雄

白波瀨 康雄

経済研究部

2017年08月28日

「パワーカップル」世帯の動向(1)-夫婦とも年収700万円超は共働き世帯の約2%でじわり増加。夫が高年収でも働く妻は増加傾向、夫婦間の経済格差拡大か。

少し前から、不動産をはじめとした消費市場で「パワーカップル」(購買力のある共働き夫婦)をいう言葉を耳にする。本稿と次稿では、今後、増えゆく共働き世帯の消費...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2017年08月08日

日銀のETF買い、やめるなら今が好機ー買入減額・売却時のシミュレーション

最近、日銀による金融緩和の「出口」が話題になることが増えた。出口とは金融緩和の縮小や金融政策の正常化を図ることだが、金融緩和策の目的である「2%の物価安定...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2017年07月31日

やりくりに余裕がない家計は変動金利を選択する傾向がある~家計の住宅ローン金利の決定要因分析~

56303_ext_03_0_S.jpg

住宅ローンの選択は家計の重要な意思決定の1つである。米国における研究によれば、住宅ローンの選択は、老後の準備のための貯蓄や株式投資よりも、家計の将来的な収...

続きを読む

北村 智紀

北村 智紀

金融研究部

2017年07月14日

使用年数が長期化する電化製品~買い控えはもったいない!?~

56176_ext_03_0_S.jpg

皆さんの家にある家電やパソコンなどの電化製品は購入してどれくらい経つだろうか。わが家ではテレビは買って9年目、パソコンは5年目、冷蔵庫は4年目、洗濯機は1...

続きを読む

白波瀨 康雄

白波瀨 康雄

経済研究部

2017年07月13日

エンゲル係数の上昇を考える

エンゲルの法則は、家計の所得水準が高いほど生活費(消費支出)に占める食費(食料)の割合が低いというものだ。19世紀のドイツの統計学者、エルンスト・エンゲル...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2017年07月06日

金融リテラシーは向上しているか-優先すべきは消費者視点に基づくチャネルの位置づけの再考

金融庁金融研究センターに設置された「金融経済教育研究会」が2013年4月に取りまとめ、公表した「金融経済教育研究会報告書」を踏まえて同年6月に金融広報中央...

続きを読む

井上 智紀

井上 智紀

生活研究部

2017年06月30日

企業型DC運用改善に向けて

56061_ext_03_0_S.jpg

税制適格年金、厚生年金基金、確定給付企業年金(以下、DB)の3つの確定給付型企業年金の加入者数は年々減少する一方で、企業型確定拠出年金(以下、企業型DC)...

続きを読む

梅内 俊樹

梅内 俊樹

金融研究部

2017年06月28日

日銀のETF買い、やめるなら今が好機-買入減額・売却時のシミュレーション

56046_ext_03_0_S.jpg

最近、日銀による金融緩和の「出口」が話題になることが増えた。出口とは金融緩和の縮小や金融政策の正常化を図ることだが、金融緩和策の目的である「2%の物価安定...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2017年06月27日

資金循環統計(17年1-3月期)~個人金融資産は、前年比48兆円増加の1809兆円に、企業の現預金残高は過去最高を更新

2017年3月末(2016年度末)の個人金融資産残高は、前年比48兆円増(2.7%増)の1809兆円となった。残高は過去最高を記録した昨年12月末(181...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2017年06月15日

「キッズウィーク」への期待と課題~課題は山積み、まずは労働者が柔軟に休める仕組み作りを

政府は骨太の方針にて、2018年度から「キッズウィーク」の創設を打ち出した。地域ごとに夏休みなどの長期休暇の一部をずらし、親の有給休暇取得を促進する。力強...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2017年05月17日

求められる20~40代の経済基盤の安定化-経済格差と家族形成格差の固定化を防ぎ、消費活性化を促す

本稿では、20~40代の経済基盤強化に向けた最近の主な政策を振り返るとともに、雇用情勢や消費の観点から見た意義を述べる。昨年6月に閣議決定された「ニッポン...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2017年05月10日

エンゲル係数の上昇を考える

エンゲルの法則は、19世紀のドイツの統計学者、エルンスト・エンゲルがベルギーの家計支出を調べて見つけ出したもので、家計の所得が増えると「生活費(消費支出)...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2017年05月09日

消費税における軽減税率の効果-景気安定化の観点からの検討

日本では再三再四にわたり消費税率の引上げが延期されている。この背景には1997年及び2014年に実施された過去2回の消費税引き上げで日本経済が大きな影響を...

続きを読む

日本大学経済学部教授 小巻 泰之
2017年04月11日

株式市場の展望-米政策期待の剥落で、伸び悩む日本の企業業績と株価

55479_ext_03_0_S.jpg

日経平均株価は3月下旬に2万円回復を伺う場面もあったものの、市場の期待と裏腹に下げに転じた。米政治への懸念や地政学リスクが意識される中、2017年度の株式...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2017年04月07日

メキシコ関連ファンドが好調~2017年3月の投信動向~

55452_ext_03_0_S.jpg

2017年3月の国内公募追加投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、外国株式とバランス型への資金流入が大きかった。流入金額はともに2,000億円を超...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2017年03月30日

エンゲル係数の上昇を考える

2016年の家計のエンゲル係数は25.8%に上昇し、1987年の26.1%以来の水準になった。長年低下を続けてきたエンゲル係数は2005年を底に上昇に転じ...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

家計の貯蓄・消費・資産のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

家計の貯蓄・消費・資産のレポート Topへ