労働市場

少子高齢化が進み、中長期的な労働力人口の減少が予測されるなかで、非正規雇用の労働者の増加、ワーク・ライフ・バランスの実現、若年層の就労状況、女性労働力率の改善や活躍推進、高齢者の雇用等、多くの課題が山積しています。この「労働市場」の一覧では、雇用、賃金、非正規雇用、失業等、労働市場における諸問題について現状分析を行い、誰もが働きやすく働きがいを感じる労働市場を実現すべく提言を行います。

年で絞り込む

2018年04月20日

世界貿易が直面するリスク-保護主義よりも労働市場の再構築を

58490_ext_03_0_S.jpg

世界貿易機関(WTO)が4月12日に公表した貿易統計によれば、世界貿易量の伸び率は17年に前年比+4.7%となり、18年も世界経済の好調を背景として同+4...

続きを読む

鈴木 智也

鈴木 智也

総合政策研究部

2018年04月17日

働き方改革で家庭での男性活躍推進を~企業に期待される少子化対策の取り組みは(下)~

58440_ext_03_0_S.jpg

結婚、出産後も働く女性が増えた一方で、家庭において、家事・育児の大部分を女性が担う構造は過去20年間ほとんど変わっておらず、女性の負担が大きくなっている。...

続きを読む

坊 美生子

坊 美生子

社会研究部

2018年04月09日

消え行く日本の子ども-人口減少(少子化)データを読む-わずか半世紀たたず、半減へ

58356_ext_03_0_S.jpg

少子化が叫ばれる中、多方面から人口問題に関する講演の話を頂くようになった。それくらい今の日本に住む人々にとって人口減少問題は注目の的であるということだろう...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

2018年03月30日

副業は日本社会に定着するだろうか - 副業の現状や今後の課題 -

58283_ext_03_0_S.jpg

最近、日本では副業・兼業(以下、副業)という働き方が再び注目を集め始めている。安倍首相を議長とする働き方改革実現会議では、2017年3月28日に「働き方改...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2018年03月29日

雇用の不安定化が続く日韓-非正規職の問題をどう解決すればいいだろうか-

58272_ext_03_0_S.jpg

日本では97 年に派遣労働の自由化を盛りこんだ規制緩和推進計画が閣議決定され、99 年には派遣が原則自由化された。その結果、 非正規労働者の増加に拍車がかかり、...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2018年03月29日

AIの産業・社会利用に向けて

58276_ext_03_0_S.jpg

IoT(モノのインターネット)、ビッグデータ、AI(人工知能)、ロボットの技術的ブレークスルーを活用する「第4次産業革命」が、米国やドイツを中心に世界で進...

続きを読む

百嶋 徹

百嶋 徹

社会研究部

2018年03月28日

残業時間の上限規制で残業代は本当に減るのか

58262_ext_03_0_S.jpg

政府が今国会に法案の提出を予定している残業時間の上限規制が導入された場合、残業代が年間5兆円以上減少するとの試算が複数出されている。しかし、これらの試算に...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2018年03月14日

無期転換ルール導入の課題は?-雇用保障のみならず処遇改善に対する保障の実施も、韓国の事例から学ぶ-

58151_ext_03_0_S.jpg

日本では、2013年4月に改正労働契約法が施行されることにより、今年の4月から、契約社員やパート・アルバイト、そして派遣社員のような有期契約労働者を対象に...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2018年03月05日

「妻の就業」×「家事・育児分担」男性の意識47都道府県マトリクス分析-未婚少子化データ考-男性の本音にみるエリア特性

58070_ext_03_0_S.jpg

「イクメン」という言葉だけは非常に有名になったものの、日本における男性の育児休業取得率はわずか100人に3人、というレベルであり、「日本には父親の育児休業...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

2018年03月05日

「働き方改革」と企業年金

57983_ext_03_0_S.jpg

「働き方改革」は労働法制の話であり、企業年金は関係ない――と思ったら大きな間違いである。企業年金が実質的には労働条件の一部である以上、改革の目玉の一つであ...

続きを読む

森戸 英幸
2018年03月02日

人手不足に起因する物流コスト上昇が喚起する物流施設への需要(1)~人手不足に呼応した物流コストの動向について

58057_ext_03_0_S.jpg

2018年1月末に公表された総務省統計局「労働力調査」によれば、2017年の完全失業率(年平均)は2.8%となり、完全雇用とされる3%を下回った。労働需給...

続きを読む

吉田 資

吉田 資

金融研究部

2018年02月13日

「多子化する東京都」-少子化データを読む-大都会型子ども政策に、エリア少子化政策を重ねる危険性(1)

57863_ext_03_0_S.jpg

東京で子どもの中学校・高校の有名校への受験を考える親ならその名前を知らない人がいない大手進学塾の某塾長の言葉が胸に響いた。「東京都の進学塾はかつてない活況...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

2018年01月24日

新たな所得拡大促進税制は企業に賃上げを促すのか?

57692_ext_03_0_S.jpg

賃上げを巡る環境は大きく改善しているものの、企業側の賃上げ機運は十分に高まっておらず、政府からの賃上げ要請は年々強くなっている。その一環として、賃上げを行...

続きを読む

白波瀨 康雄

白波瀨 康雄

経済研究部

2018年01月19日

Crowd work: The rise of unstable work and potential measures to prevent the proliferation of the working poor

57656_ext_03_0_S.jpg

Recently, phrases like “gig economy” and “crowd worker” are commonly used in mass media. “C...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2018年01月16日

保育士の賃金を考える~賃金カーブの改善と保育の質の確保を~

57637_ext_03_0_S.jpg

待機児童問題のネックとなっているのが保育士不足であり、その要因には賃金の低さがある。本稿では、現状における保育士の処遇と背景、改善策について論じる。まず、...

続きを読む

坊 美生子

坊 美生子

社会研究部

2018年01月12日

日本経済のジレンマ~消費主導の景気回復は実現しない?~

57616_ext_03_0_S.jpg

戦後2番目の長さとなった今回の景気回復に実感が伴わない理由のひとつは、経済成長率に比べ個人消費の伸びが低いことである。アベノミクス始動後の個人消費の伸びは...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2018年01月11日

目指すべき賃上げ率は4%

57536_ext_03_0_S.jpg

「目指すべき賃上げ率は4%です」と言うと驚かれることが多い。しかし、4%という数字には根拠がある。春闘賃上げ率は2014年に13年ぶりに2%を上回った後、...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年12月28日

日本経済・社会を活性化する起業の促進のために最も必要なこと

57501_ext_03_0_S.jpg

前回の弊コラム(2017年11月30日付、研究員の眼「世界のビジネスモデルを変革する起業家の出現を期待!」)では、新たな製品・サービス、ビジネスモデルによ...

続きを読む

平賀 富一
2017年12月27日

日本におけるテレワークの現状や課題-長時間労働の改善のための考察-その2-

57498_ext_03_0_S.jpg

最近、政府が働き方改革を推進するとともに、テレワークに対する関心も高まっている。テレワークとは、遠いという意味のteleと仕事のworkを組み合わせた造語...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2017年12月25日

「夫は仕事、妻は家庭」エリア支持率 47都道府県価値観ランキング(2)-未婚社会データ検証「ふたりの居場所はどこにある?」

57463_ext_03_0_S.jpg

前回の繰り返しになるが、個人の恋愛・結婚行動において希望が叶わないケースにおける大きな原因のひとつは、「目的と行動が一致していない」である。これは結婚後の...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

労働市場のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

労働市場のレポート Topへ