日本経済

この「日本経済」の一覧では生産、消費、物価、雇用、貿易、金利をはじめ、日本経済にかかわる問題を定性・定量の両面から調査し、予測・研究を行っており、ビジネスに役立つ情報を日々レポートとして提供します。
分析・予測には消費者物価指数(CPI)、鉱工業生産指数、企業物価指数、雇用統計、貿易統計、日銀統計など様々な角度からの情報を使い、日本経済の現状分析をタイムリーに提供します。

年で絞り込む

2017年10月13日

中期経済見通し(2017~2027年度)

世界経済は緩やかな回復が続いているが、労働需給が引き締まる中でも賃金、物価上昇率は依然として低水準にとどまっている。今後10年間の平均成長率は先進国では過...

続きを読む

経済研究部
2017年10月05日

持続不能な均衡からの軌道修正を

56790_ext_03_0_S.jpg

日本経済は絶好調とまでは言えないが、紆余曲折を経ながらも緩やかな拡大が続き、高度成長期のいざなぎ景気を超える長期の景気拡大となる可能性がある。

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2017年10月05日

2017・2018年度経済見通し

2017年4-6月期の実質GDP(2次速報)は、前期比0.6%(年率2.5%)と6四半期連続のプラス成長となった。

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年09月29日

鉱工業生産17年8月-7-9月期は前期比横ばいも、基調は好調が継続

経済産業省が9月29日に公表した鉱工業指数によると、17年8月の鉱工業生産指数は前月比2.1%(7月:同▲0.8%)と2ヵ月ぶりに上昇し、ほぼ事前の市場予...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年09月29日

消費者物価(全国17年8月)-エネルギー価格の上昇率鈍化から、コアCPI上昇率は1%弱で頭打ちへ

総務省が9月29日に公表した消費者物価指数によると、17年8月の消費者物価(全国、生鮮食品を除く総合、以下コアCPI)は前年比0.7%(7月:同0.5%)...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年09月28日

「人づくり革命」の財源を消費税使途変更で捻出

安倍晋三首相は9月28日臨時国会冒頭に衆院を解散した。首相は総選挙公約の目玉として2兆円規模となる「人づくり革命」を打ち出した。幼児教育の無償化や高等教育...

続きを読む

矢嶋 康次

矢嶋 康次

経済研究部

2017年09月27日

「パワーカップル」世帯の動向(3)-妻の年収と金融資産、経済的余裕は比例するが、持ち家率は必ずしも比例しない

「パワーカップル世帯の動向(2)」では、20~60代の共働き妻の5.3%を占める年収700万円超のパワーカップル妻は、最近ではDINKSだけでなく、第一子...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2017年09月27日

サービスの生産性向上を考える-無形で価値あるものへの適正な対価の重要性

56740_ext_03_0_S.jpg

かつて世界のトップ水準であった、日本の1人当たり国内総生産(GDP)は、2016年度には、世界で22位(38,917ドル)で、アジア地域においてもシンガポ...

続きを読む

平賀 富一

平賀 富一

保険研究部

2017年09月25日

ニッセイ景況アンケート調査結果-2017年度調査

■調査結果のポイント◆企業の景況感は大幅に改善、先行きも好調を維持◆労働時間短縮に取り組む企業は6割強、大企業では、9割近くに上る

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2017年09月25日

最近の訪日外国人消費~旅行者増で消費額増。中国人の「爆買い」は中身が変わるも消費意欲は変わらず。今後はコト消費拡大が鍵。1泊増で+0.4兆円。

日本人の国内消費は力強さに欠けるようだが、訪日外国人旅行客の増加で旅行客による消費は拡大している。一方で2016年では「買い物代」をはじめ1人当たり消費額...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2017年09月25日

人手不足はどこまで深刻なのか

失業率が約22年ぶりの2%台まで低下するなど雇用関連指標は大幅な改善が続いており、企業の人手不足感もバブル期並みの高さとなっている。こうした中、人手不足が...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年09月20日

貿易統計17年8月~米国向けを中心に輸出数量の伸びが急加速

財務省が9月20日に公表した貿易統計によると、17年8月の貿易収支は1,136億円と3ヵ月連続の黒字となり、ほぼ事前の市場予想(QUICK集計:1,200...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年09月19日

「えひめ方式」未婚化への挑戦(3)-小規模運営で大きな効果へ・結婚支援IT化への決断

56645_ext_03_0_S.jpg

前回のコラム「えひめ方式」未婚化への挑戦(2)-未婚化・少子化社会データ再考-「高卒後男女エリア外流出」の現実において、18歳を皮切りに愛媛県から大量に若...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

2017年09月11日

景気ウォッチャー調査(17年8月)~現状は天候要因が下押し、先行きは堅調~

9月8日に内閣府から公表された2017年8月の景気ウォッチャー調査によると、景気の現状判断DI(季節調整値)は49.7と前月から横ばいとなった。家計関連が...

続きを読む

白波瀨 康雄

白波瀨 康雄

経済研究部

2017年09月08日

2017・2018年度経済見通し~17年4-6月期GDP2次速報後改定

2017年4-6月期の実質GDP(2次速報)は設備投資の下方修正を主因として1次速報の前期比1.0%(年率4.0%)から前期比0.6%(年率2.5%)へと...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年09月07日

転換点迎えた先進諸国金融政策-後れをとる日本

56488_ext_03_0_S.jpg

7月下旬から8月上旬にかけて、NY市場ではダウ平均株価が史上最高値を更新し続けた。イエレン議長はFRBの資産規模を縮小する姿勢を見せているものの、利上げに...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2017年09月05日

デフレ脱却と「消費の二極化」-「労働時間縮減」と「所得向上」を目指す「働き方改革」を!

56569_ext_03_0_S.jpg

内閣府が8月14日に公表した2017年4-6月期の実質GDPは、前期比年率で4.0%の増加だった。設備投資や個人消費などの内需が堅調で、家計部門では自動車...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2017年09月05日

19年10月にどのようにたどり着くか~消費税をめぐる2つの論点

2%の税率引き上げと2%の物価安定目標の達成という2つの「2%」の間には、トレードオフの関係がある。両者の優先順位をめぐっては、来年の秋にかけて活発な議論...

続きを読む

中里 透
2017年09月01日

法人企業統計17年4-6月期~企業収益絶好調でも設備投資は低調、4-6月期の成長率は下方修正へ

財務省が9月1日に公表した法人企業統計によると、17年4-6月期の全産業(金融業、保険業を除く、以下同じ)の経常利益は前年比22.6%と4四半期連続の増加...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年08月31日

持続不能な均衡からの軌道修正を

56533_ext_03_0_S.jpg

日本経済は絶好調というわけではないが、紆余曲折を経ながらも緩やかな拡大が続き、高度成長期のいざなぎ景気を超える長期の景気拡大となる可能性がある。7月の失業...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

日本経済のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日本経済のレポート Topへ