日本経済

この「日本経済」の一覧では生産、消費、物価、雇用、貿易、金利をはじめ、日本経済にかかわる問題を定性・定量の両面から調査し、予測・研究を行っており、ビジネスに役立つ情報を日々レポートとして提供します。
分析・予測には消費者物価指数(CPI)、鉱工業生産指数、企業物価指数、雇用統計、貿易統計、日銀統計など様々な角度からの情報を使い、日本経済の現状分析をタイムリーに提供します。

年で絞り込む

2017年03月24日

企業の賃上げ意欲を削ぐ社会保障負担

企業収益が過去最高水準に達しているにもかかわらず、賃金の上昇ペースは依然として遅い。企業が人件費抑制姿勢を緩めていない要因の一つに、社会保障負担増の影響が...

続きを読む

岡 圭佑
2017年03月22日

金融緩和による市場変化と成長~巨大な買い手の存在が金融市場の機能を低下させているか~

日本銀行による強力な金融緩和の実施は、債券市場において投資家構造や価格体系にも大きな影響を与えており、流通市場の機能度低下を懸念する声が高まるなど、ある種...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2017年03月22日

貿易統計17年2月~アジア向けを中心に輸出が好調を維持

財務省が3月22日に公表した貿易統計によると、17年2月の貿易収支は8,134億円と2ヵ月ぶりの黒字となり、ほぼ事前の市場予想(QUICK集計:8,591...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年03月17日

教育無償化と教育国債~憲法改正、財政再建議論も重なり複雑に~

55282_ext_03_0_S.jpg

政府や自民党内で、教育無償化とその財源となる「教育国債」の議論が開始された。1月の施政方針演説の際、安倍首相は「誰もが希望すれば高校にも専修学校・大学にも...

続きを読む

矢嶋 康次

矢嶋 康次

経済研究部

2017年03月14日

残業時間の上限規制、残された課題は?-労働者保護の立場に立った政策の推進を!-

55263_ext_03_0_S.jpg

経団連と連合は13日、働き方改革の一環として残業時間の上限を最大で月60時間(年720時間)までに制限するという、残業時間の上限規制について労使で合意し、...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2017年03月14日

海外資金による国内不動産取得動向(2016年)~アベノミクス開始以前の状況に後退~

2016年の国内不動産取引額は、2年連続の減少となった。J-REITや私募REITによる取得額は増加したものの、その他の海外資金などによる取得額が著しく減...

続きを読む

増宮 守

増宮 守

金融研究部

2017年03月14日

「利便性」はタダではない-適正な「サービス対価」は、労働生産性を向上させる

55259_ext_03_0_S.jpg

宅配便が危機を迎えている。増加する一方の取扱い貨物数に対して、トラックドライバーや配達員などの人出不足が深刻になっているのだ。業界最大手のヤマト運輸では、...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2017年03月08日

2017・2018年度経済見通し~16年10-12月期GDP2次速報後改定

2016年10-12月期の実質GDP(2次速報値)は設備投資の上方修正などから1次速報の前期比0.2%(年率1.0%)から前期比0.3%(年率1.2%)へ...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年03月03日

家計調査17年1月~ヘッドラインは弱いが、実態は持ち直しの兆し

総務省が3月3日に公表した家計調査によると、17年1月の実質消費支出は前年比▲1.2%(12月:同▲0.3%)と11ヵ月連続で減少し、減少幅は前月から拡大...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年03月03日

消費者物価(全国17年1月)~コアCPI上昇率は15年12月以来のプラス

総務省が3月3日に公表した消費者物価指数によると、17年1月の消費者物価(全国、生鮮食品を除く総合、以下コアCPI)は前年比0.1%(12月:同▲0.2%...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年03月01日

法人企業統計16年10-12月期~企業収益の急回復を受けて設備投資も持ち直し、10-12月期の成長率は上方修正へ

財務省が3月1日に公表した法人企業統計によると、16年10-12月期の全産業(金融業、保険業を除く、以下同じ)の経常利益は前年比16.9%と2四半期連続の...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年02月28日

鉱工業生産17年1月~1-3月期の生産は前期から大きく減速する見込み

経済産業省が2月28日に公表した鉱工業指数によると、17年1月の鉱工業生産指数は前月比▲0.8%(12月:同0.7%)と6ヵ月ぶりに低下し、先月時点の予測...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年02月20日

貿易統計17年1月~輸出の急減速から貿易収支が2年4ヵ月ぶりに前年比で悪化

財務省が2月20日に公表した貿易統計によると、17年1月の貿易収支は▲10,869億円と5ヵ月ぶりの赤字となり、赤字幅は事前の市場予想(QUICK集計:▲...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年02月16日

なぜ貿易をするのか~決してゼロサムゲームではない~

55088_ext_03_0_S.jpg

1月20日のトランプ新大統領就任からもうすぐ1カ月。同氏の政策は、大規模な減税やインフラ投資、規制緩和による景気の押し上げ効果が見込まれる一方、過度な保護...

続きを読む

白波瀨 康雄

白波瀨 康雄

経済研究部

2017年02月14日

2017・2018年度経済見通し(17年2月)

2016年10-12月期の実質GDPは外需主導で前期比年率1.0%と4四半期連続のプラス成長となったが、民間消費が4四半期ぶりに減少するなど国内需要は低迷...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年02月13日

初の日米首脳会談:同盟強化で一致、経済対話を新設

安倍首相とトランプ大統領の初めての日米首脳会談が2月10日に行われ、安全保障、通商、経済協力などが協議された。日米同盟を強化することで一致し、日米の経済関...

続きを読む

矢嶋 康次

矢嶋 康次

経済研究部

2017年02月13日

QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.2%(年率1.0%)~外需主導で4四半期連続のプラス成長

2016年10-12月期の実質GDPは、前期比0.2%(年率1.0%)と4四半期連続のプラス成長となった(当研究所予測1月31日:前期比0.4%、年率1....

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年02月10日

企業物価指数(2017年1月)~2015年3月以来の上昇、物価は上昇基調へ

2月10日に日本銀行から発表された企業物価指数によると、2017年1月の国内企業物価は前年比0.5%(12月:同▲1.2%)と2015年3月以来のプラスと...

続きを読む

岡 圭佑
2017年02月09日

景気ウォッチャー調査(17年1月)~回復基調に一服感、トランプ新政権に対する不透明感が重石

2月8日に内閣府から公表された17年1月の景気ウォッチャー調査によると、景気の現状判断DI(季節調整値)は49.8と前月から▲1.6ポイント悪化し、拡大・...

続きを読む

岡 圭佑
2017年02月08日

長く働ける社会-人生100年時代の働き方改革

55008_ext_03_0_S.jpg

日本の平均寿命は、明治時代には男42.8歳、女44.3歳だったが、2015年には男80.79歳、女87.05歳となった。昔は、生まれてすぐに死んでしまう子...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

日本経済のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日本経済のレポート Topへ