日本経済

この「日本経済」の一覧では生産、消費、物価、雇用、貿易、金利をはじめ、日本経済にかかわる問題を定性・定量の両面から調査し、予測・研究を行っており、ビジネスに役立つ情報を日々レポートとして提供します。
分析・予測には消費者物価指数(CPI)、鉱工業生産指数、企業物価指数、雇用統計、貿易統計、日銀統計など様々な角度からの情報を使い、日本経済の現状分析をタイムリーに提供します。

年で絞り込む

2018年08月15日

イノベーションの社会的重要性-人口減少下の「先進国型経済成長モデル」の提案

59353_ext_03_0_S.jpg

新技術・新事業の創出や業務プロセスの効率化・改革といった「イノベーション」が、社会にとって重要であることは論を待たない。本コラムでは、イノベーションの社会...

続きを読む

百嶋 徹

百嶋 徹

社会研究部

2018年08月15日

キャッシュレス先進国にみる金融インフラの効率化

59352_ext_03_0_S.jpg

2018年4月に経済産業省より公表された「キャッシュレス・ビジョン」では、大阪・関西万博(2025年)に向けて、キャッシュレス決済比率4割の達成目標を2年...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2018年08月13日

データで見る「東京一極集中」東京と地方の人口の動きを探る(下・流出編)-人口デッドエンド化する東京の姿-

59330_ext_03_0_S.jpg

前レポートの「上・流入編」では東京都への人口一極集中(地方の人口減少)が加速化している状況を示すとともに、東京都への46道府県からの最新の人口流入をグロス...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

2018年08月13日

2018・2019年度経済見通し(18年8月)

59333_ext_03_0_S.jpg

2018年4-6月期の実質GDPは前期比年率1.9%と2四半期ぶりのプラス成長となった。民間消費、設備投資が揃って高い伸びとなり、民需主導で潜在成長率を上...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2018年08月10日

QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比0.5%(年率1.9%)-消費、設備主導で潜在成長率を上回る高成長も、消費の基調は強くない

59318_ext_03_0_S.jpg

2018年4-6月期の実質GDPは、前期比0.5%(年率1.9%)と2四半期ぶりのプラス成長となった(当研究所予測7月31日:前期比0.2%、年率1.0%...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2018年08月09日

東京オフィス市場は一段と改善。Jリート市場は好調維持。-不動産クォータリー・レビュー2018年第2四半期

59316_ext_03_0_S.jpg

国内景気は、好調な企業収益を背景とする民間設備投資の増加や、雇用所得環境の改善に伴う民間消費の持ち直しに支えられ、緩やかな回復基調が継続している。住宅価格...

続きを読む

吉田 資

吉田 資

金融研究部

2018年08月09日

景気ウォッチャー調査(18年7月)~猛暑奮わず、西日本豪雨が景況感を下押し~

59313_ext_03_0_S.jpg

8月8日に内閣府から公表された2018年7月の景気ウォッチャー調査によると、景気の現状判断DI(季節調整値)は46.6と前月から1.5ポイント低下し、1年...

続きを読む

白波瀨 康雄

白波瀨 康雄

経済研究部

2018年08月08日

高齢者を直撃する物価上昇~世代間で格差~

59275_ext_03_0_S.jpg

2017年の消費者物価指数( 持家の帰属家賃を除く総合、以下も同じ)は前年比0.6%となった。この上昇率は平均的な世帯が消費する財・サービスが基準になってい...

続きを読む

白波瀨 康雄

白波瀨 康雄

経済研究部

2018年08月08日

消費増税前後の需要変動を均すことは可能か

59276_ext_03_0_S.jpg

政府は、過去の欧州の事例を学ぶことによって、2019年10月の消費税率引き上げ時の需要変動を平準化することを目指している。ドイツ、英国といった欧州諸国では...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2018年08月08日

世界経済勢力図の現在・過去・未来

59280_ext_03_0_S.jpg

国際通貨基金(IMF)の統計によると、2017年の世界の国内総生産(名目GDP)は79.9兆米ドル、内訳は世界第一位の米国が19.4兆米ドル、第二位の中国...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2018年08月07日

変容する消費構造-モノからサービス、デパートからネット、BtoCからCtoCへ~消費者の今を知る

59284_ext_03_0_S.jpg

個人消費が盛り上がりに欠ける理由として、既出レポートにて、経済不安をはじめとした6つの理由を述べたが、自動車や百貨店業界など、かつて隆盛を極めた業界が低迷...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2018年08月06日

データで見る「東京一極集中」東京と地方の人口の動きを探る(上・流入編)-地方の人口流出は阻止されるのか-

59261_ext_03_0_S.jpg

今年発表された地域人口推計結果をその5年前に発表された推計結果と比較すると、メディア等ではあまり取り上げられなかったが「ある注視すべき不安要素」が浮かび上...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

2018年08月02日

中小企業の「生産性革命」~IT導入・利活用は進むのか~

59239_ext_03_0_S.jpg

少子高齢化による人手不足や、技術革新を通じた急速なデジタル化が進む中、日本企業の「生産性革命」の必要性が叫ばれている。その流れは中小企業にとっても例外では...

続きを読む

中村 洋介

中村 洋介

総合政策研究部

2018年07月31日

見えない資産が変える経済~知的財産経済の課題~

59209_ext_03_0_S.jpg

企業が行う投資と言えば、工場の建物や生産設備といったものを思い浮かべる。しかし、企業の設備投資は、こうした目に見える形のあるものから、研究開発による特許取...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2018年07月31日

2018年4-6月期の実質GDP~前期比0.2%(年率1.0%)を予測~

59212_ext_03_0_S.jpg

8/10に内閣府から公表される2018年4-6月期の実質GDPは、前期比0.2%(前期比年率1.0%)と2四半期ぶりのプラス成長になったと推計される。外需...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2018年07月31日

鉱工業生産18年6月-4-6月期は2四半期ぶりの増産も、IT関連の在庫積み上がりが続く

59207_ext_03_0_S.jpg

経済産業省が7月31日に公表した鉱工業指数によると、18年6月の鉱工業生産指数は前月比▲2.1%(5月:同▲0.2%)と2ヵ月連続で低下し、事前の市場予想...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2018年07月20日

消費者物価(全国18年6月)-コアコアCPIは3ヵ月連続で上昇率が鈍化

59117_ext_03_0_S.jpg

総務省が7月20日に公表した消費者物価指数によると、18年6月の消費者物価(全国、生鮮食品を除く総合、以下コアCPI)は前年比0.8%(5月:同0.7%)...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2018年07月19日

中小企業の「2025年問題」~根深い事業承継問題~

59110_ext_03_0_S.jpg

経営者が高齢化していく中、後継者が見つからない中小企業が多い。経済産業省と中小企業庁の試算によれば、「現状を放置すると、中小企業廃業の急増により、2025...

続きを読む

中村 洋介

中村 洋介

総合政策研究部

2018年07月19日

貿易統計18年6月-4-6月期の外需寄与度は前期比0.1%程度のプラスに

59108_ext_03_0_S.jpg

財務省が7月19日に公表した貿易統計によると、18年6月の貿易収支は7,214億円と2ヵ月ぶりの黒字となり、事前の市場予想(QUICK集計:5,342億円...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2018年07月18日

拡大する所有者不明土地-求められる対策とは?

59084_ext_03_0_S.jpg

日本全国で所有者不明土地が増加している。所有者不明土地とは、不動産登記簿等の公簿情報などをもとに調査しても所有者が判明しない、または判明しても所有者と連絡...

続きを読む

鈴木 智也

鈴木 智也

総合政策研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

日本経済のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日本経済のレポート Topへ