日本経済

この「日本経済」の一覧では生産、消費、物価、雇用、貿易、金利をはじめ、日本経済にかかわる問題を定性・定量の両面から調査し、予測・研究を行っており、ビジネスに役立つ情報を日々レポートとして提供します。
分析・予測には消費者物価指数(CPI)、鉱工業生産指数、企業物価指数、雇用統計、貿易統計、日銀統計など様々な角度からの情報を使い、日本経済の現状分析をタイムリーに提供します。

年で絞り込む

2018年04月20日

世界貿易が直面するリスク-保護主義よりも労働市場の再構築を

58490_ext_03_0_S.jpg

世界貿易機関(WTO)が4月12日に公表した貿易統計によれば、世界貿易量の伸び率は17年に前年比+4.7%となり、18年も世界経済の好調を背景として同+4...

続きを読む

鈴木 智也

鈴木 智也

総合政策研究部

2018年04月20日

消費者物価(全国18年3月)-コアCPI上昇率は再び1%割れ

58488_ext_03_0_S.jpg

総務省が4月20日に公表した消費者物価指数によると、18年3月の消費者物価(全国、生鮮食品を除く総合、以下コアCPI)は前年比0.9%(2月:同1.0%)...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2018年04月18日

貿易統計18年3月-アジア向け、IT関連輸出が弱い動き、1-3月期の外需寄与度はほぼゼロに

58475_ext_03_0_S.jpg

財務省が4月18日に公表した貿易統計によると、18年3月の貿易収支は7,973億円と2ヵ月連続の黒字となり、事前の市場予想(QUICK集計:3,821億円...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2018年04月13日

月次GDPから見た最近の景気動向~18年1-3月期はマイナス成長の可能性が高まるが、回復基調は維持~

58426_ext_03_0_S.jpg

着実な回復が続いていた日本経済だが、2018年1-3月期の鉱工業生産が8四半期ぶりの減産となることが確実となり、実質GDP成長率の見通しも大幅に下方修正さ...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2018年04月13日

米中貿易摩擦と日本の役割-米国に代わるWTOの基本原則とその精神の主導者が必要!

58425_ext_03_0_S.jpg

米中貿易摩擦が深刻化している。第1段階では米国が安全保障上の脅威を理由に通商拡大法232条に基づく追加関税(鉄鋼25%、アルミ10%)を発動、中国はその対...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2018年04月10日

ベンチャー投資をする上で、知っておきたいこと

58362_ext_03_0_S.jpg

筆者がかつてベンチャー・キャピタリストだった2010年頃、日本のベンチャー業界にはリーマンショックの影響が色濃く残っていた。厳しい事業環境の中、資金調達が...

続きを読む

中村 洋介

中村 洋介

総合政策研究部

2018年04月10日

景気ウォッチャー調査(18年3月)~天候不順による影響が和らぐも、改善は限定的~

58364_ext_03_0_S.jpg

4月9日に内閣府から公表された2018年3月の景気ウォッチャー調査によると、景気の現状判断DI(季節調整値)は48.9と前月から0.3ポイント上昇し、4ヵ...

続きを読む

白波瀨 康雄

白波瀨 康雄

経済研究部

2018年04月06日

米経済政策の行方-株式市場は不安定に

58328_ext_03_0_S.jpg

米国では、有権者の支持を得ようとして景気刺激的な経済政策を行うために、大統領選挙の年に景気が良くなる傾向があるという「ポリティカル・ビジネス・サイクル(政...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2018年04月06日

2018・2019年度経済見通し

58345_ext_03_0_S.jpg

2017年10-12月期の実質GDPは、前期比0.4%(前期比年率1.6%)となった。外需寄与度は2四半期ぶりにマイナスとなったが、民間消費(前期比0.5...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2018年03月30日

鉱工業生産18年2月-1-3月期は8四半期ぶりの減産へ

58279_ext_03_0_S.jpg

経済産業省が3月30日に公表した鉱工業指数によると、18年2月の鉱工業生産指数は前月比4.1%(1月:同▲6.8%)と2ヵ月ぶりに上昇したが、事前の市場予...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2018年03月29日

保護主義色を強める米国~新たな国際経済体制が必要~

58270_ext_03_0_S.jpg

米国は、安全保障を理由に鉄鋼・アルミ製品に高率輸入関税を適用する措置を発動した。カナダ、メキシコ、EU、韓国などは暫定的に適用除外となったが、日本は除外に...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2018年03月29日

AIの産業・社会利用に向けて

58276_ext_03_0_S.jpg

IoT(モノのインターネット)、ビッグデータ、AI(人工知能)、ロボットの技術的ブレークスルーを活用する「第4次産業革命」が、米国やドイツを中心に世界で進...

続きを読む

百嶋 徹

百嶋 徹

社会研究部

2018年03月28日

残業時間の上限規制で残業代は本当に減るのか

58262_ext_03_0_S.jpg

政府が今国会に法案の提出を予定している残業時間の上限規制が導入された場合、残業代が年間5兆円以上減少するとの試算が複数出されている。しかし、これらの試算に...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2018年03月26日

日本の通商戦略の立て直し急務~トランプ政権の保護主義の矛先が日本にも向けられた

58229_ext_03_0_S.jpg

トランプ米大統領による中国に焦点を当てた制裁や輸入制限が動き出す。鉄鋼やアルミニウムの輸入制限に続き、中国による知的財産の侵害を理由に通商法301条を発動...

続きを読む

矢嶋 康次

矢嶋 康次

総合政策研究部

2018年03月23日

シルバー民主主義と若者世代~超高齢社会における1人1票の限界~

58222_ext_03_0_S.jpg

シルバー民主主義とは一般に「高齢者優遇の政治により必要な改革が阻止される現象」と定義される。日本では、シルバー民主主義により高齢者に切り込むことができない...

続きを読む

清水 仁志

清水 仁志

総合政策研究部

2018年03月23日

消費者物価(全国18年2月)-コアCPI上昇率(消費税を除くベース)は3年6ヵ月ぶりの1%台に

58220_ext_03_0_S.jpg

総務省が3月23日に公表した消費者物価指数によると、18年2月の消費者物価(全国、生鮮食品を除く総合、以下コアCPI)は前年比1.0%(1月:同0.9%)...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2018年03月19日

貿易統計18年2月-春節の影響で貿易収支(季節調整値)が2年4ヵ月ぶりの赤字に

58176_ext_03_0_S.jpg

財務省が3月19日に公表した貿易統計によると、18年2月の貿易収支は34億円と小幅ながら2ヵ月ぶりの黒字となり、事前の市場予想(QUICK集計:▲996億...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2018年03月15日

民主主義の赤字としての中央銀行を誰が掌るべきか

58155_ext_03_0_S.jpg

直接選挙では選出されない中央銀行総裁のポスト。情報としての貨幣が取引履歴の匿名性を脅かす現在、プライバシー権の見直しなど法秩序の再編が求められている。「民...

続きを読む

竹田 陽介
2018年03月09日

景気ウォッチャー調査(18年2月)~1月から続く降雪や寒波が景況感を下押し~

58114_ext_03_0_S.jpg

3月8日に内閣府から公表された2018年2月の景気ウォッチャー調査によると、景気の現状判断DI(季節調整値)は48.6と前月から1.3ポイント低下し、3ヵ...

続きを読む

白波瀨 康雄

白波瀨 康雄

経済研究部

2018年03月08日

2018・2019年度経済見通し-17年10-12月期GDP2次速報後改定

58108_ext_03_0_S.jpg

2017年10-12月期の実質GDP(2次速報)は設備投資、民間在庫変動の上方修正から1次速報の前期比0.1%(年率0.5%)から前期比0.4%(年率1....

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

日本経済のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日本経済のレポート Topへ