経済予測・経済見通し

この「経済予測・経済見通し」の一覧では日本経済だけでなく、米国経済、欧州経済をはじめ、中国を中心とするアジア・新興国経済の予測についてのレポートも提供します。米国経済の見通しでは、FRBの金融政策や財政政策などの経済指標などを使い、欧州経済の見通しではECB(欧州中央銀行)の金融政策、雇用対策等を踏まえて、精度の高い経済見通しを随時レポートとして提供します。

年で絞り込む

2017年12月11日

米国経済の見通し-ハリケーンにも拘らず、米経済の基調は底堅い。税制改革も含めた今後の経済政策に注目

57360_ext_03_0_S.jpg

米国の7-9月期成長率(前期比年率)は、+3.3%(前期:+3.1%)と相次ぐハリケーンにも拘らず前期から伸びが加速。消費や投資は鈍化も在庫投資や外需が成...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2017年12月11日

欧州経済見通し-拡大続くユーロ圏/低成長、高インフレの英国-

57365_ext_03_0_S.jpg

2017年のユーロ圏の実質GDPは前年比2.3%と世界金融危機以降で最も高い成長となる。2018年の実質GDPは前年比2.1%と見込む。引き続き個人消費と...

続きを読む

伊藤 さゆり

伊藤 さゆり

経済研究部

2017年12月08日

2017~2019年度経済見通し-17年7-9月期GDP2次速報後改定

57356_ext_03_0_S.jpg

2017年7-9月期の実質GDP(2次速報)は設備投資、民間在庫変動の上方修正などから1次速報の前期比0.3%(年率1.4%)から前期比0.6%(年率2....

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年11月24日

中国経済見通し~成長率は18年6.5%、19年6.2%と鈍化するものの心配は御無用!

57247_ext_03_0_S.jpg

中国国家統計局が公表した17年1-9月期の国内総生産(GDP)は59兆3288億元(日本円換算では約1000兆円)となり、実質成長率は前年比6.9%増と1...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2017年11月16日

2017~2019年度経済見通し(17年11月)

57179_ext_03_0_S.jpg

2017年7-9月期の実質GDPは前期比年率1.4%と7四半期連続のプラス成長となったが、民間消費、住宅投資が7四半期ぶりに減少するなど、家計部門は弱い動...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年11月15日

QE速報:7-9月期の実質GDPは前期比0.3%(年率1.4%)-外需主導で7四半期連続のプラス成長

57177_ext_03_0_S.jpg

2017年7-9月期の実質GDPは、前期比0.3%(年率1.4%)と7四半期連続のプラス成長となった(当研究所予測10月31日:前期比0.4%、年率1.5...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年11月08日

中期経済見通し(2017~2027年度)

57051_ext_03_0_S.jpg

世界経済は緩やかな回復が続いている。世界の実質GDP成長率は2010年の5%台をピークに減速を続け、2016年には3%台前半となったが、2017年は3%台...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年10月31日

2017年7-9月期の実質GDP~前期比0.4%(年率1.5%)を予測

11/15に内閣府から公表される2017年7-9月期の実質GDPは、前期比0.4%(前期比年率1.5%)と7四半期連続のプラス成長になったと推計される。4...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年10月13日

中期経済見通し(2017~2027年度)

世界経済は緩やかな回復が続いているが、労働需給が引き締まる中でも賃金、物価上昇率は依然として低水準にとどまっている。今後10年間の平均成長率は先進国では過...

続きを読む

経済研究部
2017年10月05日

2017・2018年度経済見通し

2017年4-6月期の実質GDP(2次速報)は、前期比0.6%(年率2.5%)と6四半期連続のプラス成長となった。

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年09月22日

【アジア・新興国】東南アジア・インドの経済見通し~底堅い消費と回復が遅れていた投資の復調で安定成長へ

東南アジア5カ国およびインド経済は国毎にバラつきがあるものの、輸出の好調と底堅い消費を支えに堅調な景気が続いている。輸出は昨年後半から電子製品や農産物など...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2017年09月11日

米国経済の見通し-消費主導の景気回復持続も、当面ハリケーンの影響や、米国内政治状況などで経済は流動的

米国の4-6月期成長率(前期比年率)は、+3.0%(前期:+1.2%)と前期から伸びが加速。設備投資の好調に加え、前期に不振であった個人消費が復調し、消費...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2017年09月08日

欧州経済見通し-ユーロ圏では自律的回復続く-

ユーロ圏経済の回復の裾野が着実に広がっている。今後は、拡大ペースはやや鈍化するが、緩和的な金融環境と中立的な財政政策に支えられた内需主導の自律的な成長は続...

続きを読む

伊藤 さゆり

伊藤 さゆり

経済研究部

2017年09月08日

2017・2018年度経済見通し~17年4-6月期GDP2次速報後改定

2017年4-6月期の実質GDP(2次速報)は設備投資の下方修正を主因として1次速報の前期比1.0%(年率4.0%)から前期比0.6%(年率2.5%)へと...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年08月22日

中国経済見通し~景気は党大会後も大丈夫なのか?

中国国家統計局が公表した2017年上期(1-6月期)の国内総生産(GDP)は実質で前年比6.9%増と16年通期の同6.7%増を0.2ポイント上回った。20...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2017年08月15日

2017・2018年度経済見通し(17年8月)

2017年4-6月期の実質GDPは前期比年率4.0%となり、6四半期連続でゼロ%台後半とされる潜在成長率を上回る成長となった。内容的にも、2016年後半の...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年08月14日

QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比1.0%(年率4.0%)~6四半期連続で潜在成長率を上回る高成長

2017年4-6月期の実質GDPは、前期比1.0%(年率4.0%)と6四半期連続のプラス成長となった(当研究所予測7月31日:前期比0.9%、年率3.6%...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年08月08日

EU離脱に揺れる総選挙後の英国ー離脱戦略を巡る不透明感強まる

17年1~3月期の英国の実質GDPは前期比年率0.9%(前期比0.2%)と、英国経済の巡航速度である1%台後半を大きく下回る水準に減速した。減速の主因は、...

続きを読む

伊藤 さゆり

伊藤 さゆり

経済研究部

2017年07月31日

2017年4-6月期の実質GDP~前期比0.9%(年率3.6%)を予測

8/14に内閣府から公表される2017年4-6月期の実質GDPは、前期比0.9%(前期比年率3.6%)と6四半期連続のプラス成長になったと推計される。外需...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年07月07日

2017・2018年度経済見通し

2017年1-3月期の実質GDP(2次速報)は、前期比0.3%(前期比年率1.0%)と5四半期連続のプラス成長となった。輸出が前期比2.1%の高い伸びとな...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

経済予測・経済見通しのレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

経済予測・経済見通しのレポート Topへ