保険・年金フォーカス

「知っているようで知らない保険・年金の話」「海外の保険・年金の今が分かる」「ところ変われば保険も変わる」といったことをキーワードに、とかく難しいといわれる保険・年金の話をできるだけ分かりやすく発信するショートレポート。

年で絞り込む

2017年05月24日

EUソルベンシーIIの動向-EIOPAがUFR(終局フォワードレート)算出のための方法論に関するCPの最終報告書を公表-

生命保険会社の責任準備金の評価において重要な意味を持つ、超長期の金利水準の設定に関連して、EUのソルベンシーIIにおいて導入されているUFR(Ultima...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年05月24日

ベトナム保険業法-特色ある保険監督法

ベトナムにおいては、保険業法にもとづき、財務省(保険監督庁)が保険会社を監督している。保険監督については、わが国と同様、保険会社営業に免許を必要とし、監督...

続きを読む

小林 雅史

小林 雅史

保険研究部

2017年05月23日

欧州における金融リスクの認識-銀行・証券・保険3つの金融監督当局の合同報告書より

欧州の銀行・証券・保険の各金融監督当局の合同委員会が、EUの金融システムにおけるリスクと脆弱性に関するレポート(2017年春)を、4月20日に公表した。保...

続きを読む

安井 義浩

安井 義浩

保険研究部

2017年05月17日

【アジア・新興国】韓国における生命保険市場の現状- 2016年のデータを中心に -

2016年における生命保険の世帯加入率は81.8%で、2015年の87.2%に比べて5.4%ポイント減少した。また、生命保険加入世帯の平均加入件数も3.4...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2017年05月09日

米国では、人々はどのように生命保険に加入しているのか(5)-リムラ&ライフハプンズの保険バロメータースタディより-健康増進を支援する保険は人々の支持を得るか-

米国リムラ&ライフハプンズの“2016インシュアランス・バロメーター・スタディ”のデータを用いて「米国の人々がどのように生命保険に加入しているのか」を紹介...

続きを読む

松岡 博司

松岡 博司

保険研究部

2017年05月02日

年金改革ウォッチ 2017年5月号~ポイント解説:資金運用部会の本来の課題

先月は、年金積立金の管理運用について審議を行う専門の部会として、社会保障審議会に「資金運用部会」が設置されました。当面は、昨年12月に成立した年金改革法に...

続きを読む

中嶋 邦夫

中嶋 邦夫

保険研究部

2017年04月28日

インドネシアの生命保険市場-期待の生保新興市場インドネシアの状況-

インドネシアの生保市場には、わが国からの6社を含め、各国から多くの有力保険会社が参入している。こうした状況は、インドネシア生保市場の将来性に対する期待が非...

続きを読む

松岡 博司

松岡 博司

保険研究部

2017年04月25日

予定利率の開示について-顧客にとってわかりやすい開示とは

保険料は、3つの予定率(契約時に予定された基礎率)をもとに計算されている。過去の統計をもとに、性別・年齢別の死亡者数(生存者数)を予測した数値である予定死...

続きを読む

小林 雅史

小林 雅史

保険研究部

2017年04月18日

中国、年金積立金の株式運用が本格始動【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(25)

中国において、年金積立金による株式運用など、リスク資産への投資が本格始動する。主な目的は、少子高齢化が進む中で、年金積立金を市場で運用し、その収益を活用す...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2017年04月18日

欧州大手保険グループの2016年末SCR比率の状況について(2)-ソルベンシーIIに基づく数値結果報告-

欧州大手保険グループの2016年決算発表に伴い、ソルベンシーII制度に基づく各種数値等も開示されている。前回のレポートでは、欧州大手保険グループのSCR比...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年04月17日

欧州大手保険グループの2016年末SCR比率の状況について(1)-ソルベンシーIIに基づく数値結果報告-

欧州大手保険グループの2016年決算の発表が2月から3月にかけて行われており、それに伴い、ソルベンシーII制度に基づく各種数値等も開示されている。今回は、...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年04月12日

EUソルベンシーIIの動向-EIOPAがUFR(終局フォワードレート)算出のための新たな方法論を公表(2)-

前回のレポートでは、EIOPAが2017年4月5日に公表した、新たな「UFRを算出するための方法論」の内容について説明した。今回のレポートでは、EIOPA...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年04月11日

EUソルベンシーIIの動向-EIOPAがUFR(終局フォワードレート)算出のための新たな方法論を公表(1)-

生命保険会社の責任準備金の評価において重要な意味を持つ、超長期の金利水準の設定に関連して、EUのソルベンシーⅡにおいて、UFR(Ultimate Forwar...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年04月05日

標準利率の引き下げと生保会社の対応-経営努力による新規契約保険料引き上げの抑制

2017年4月に、標準利率が、現在の1%から0.25%に引き下げられた。標準利率とは、1996年の保険業法改正により導入された標準責任準備金制度において、...

続きを読む

小林 雅史

小林 雅史

保険研究部

2017年04月04日

年金改革ウォッチ 2017年4月号~ポイント解説:国民年金保険料の引上げが終了

先月は、2月に設置された「確定拠出年金の運用に関する専門委員会」が2回開催され、本誌先月号でご紹介した投資教育や商品設定について、ヒアリングと議論が活発に...

続きを読む

中嶋 邦夫

中嶋 邦夫

保険研究部

2017年03月28日

地震保険の改定-保険料値上げが続く?

地震保険は、1966年の創設以来、常に内容が見直されてきている。2017年1月には、損害区分の細分化と保険料率の改定が行なわれた。最新の危険度を反映した保...

続きを読む

安井 義浩

安井 義浩

保険研究部

2017年03月21日

【アジア・新興国】タイの生命保険の販売チャネル~バンカシュアランスが急成長

タイの生命保険市場は近年、右肩上がりの成長を続けている。生命保険が普及する背景には、経済成長や人口増加のみならず、販売チャネルの変化も大きく影響しているが...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2017年03月14日

米医療保険制度改革の振り返り-オバマケアは、なぜ人気がなかったのか?

アメリカでは、2014年に、医療保険制度改革(いわゆる「オバマケア」)が実施され、国民皆保険制度の実現に向けた取り組みが進められた。その後3年あまりが経過...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2017年03月07日

ドイツの民間医療保険及び民間医療保険会社の状況(2)-2015年度結果-

前回のレポート「ドイツの民間医療保険及び民間医療保険会社の状況(1)」では、以前の基礎研レポート「ドイツの医療保険制度(2)―公的医療保険の保険者との競争...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年03月07日

年金改革ウォッチ 2017年3月号~ポイント解説:確定拠出年金の資産運用の見直し

先月は、社会保障審議会企業年金部会の「確定拠出年金の運用に関する専門委員会」が新たに開催されました。確定拠出年金の資産運用に関する見直しの細部について、今...

続きを読む

中嶋 邦夫

中嶋 邦夫

保険研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

保険・年金フォーカスのレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

保険・年金フォーカスのレポート Topへ