研究員の眼

タイムリーな時事問題について専門家としての考えを解説するコラム。

年で絞り込む

2018年04月16日

ベンチャー企業の成長ステージ~早いステージや研究開発型ベンチャーならではの難しさ~

58430_ext_03_0_S.jpg

大企業によるベンチャー企業への出資、資本提携が増えつつある。これから、本格的にベンチャー企業との連携を考えようとしている企業もあるだろう。ベンチャー企業と...

続きを読む

中村 洋介

中村 洋介

総合政策研究部

2018年04月13日

米中貿易摩擦と日本の役割-米国に代わるWTOの基本原則とその精神の主導者が必要!

58425_ext_03_0_S.jpg

米中貿易摩擦が深刻化している。第1段階では米国が安全保障上の脅威を理由に通商拡大法232条に基づく追加関税(鉄鋼25%、アルミ10%)を発動、中国はその対...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2018年04月10日

ベンチャー投資をする上で、知っておきたいこと

58362_ext_03_0_S.jpg

筆者がかつてベンチャー・キャピタリストだった2010年頃、日本のベンチャー業界にはリーマンショックの影響が色濃く残っていた。厳しい事業環境の中、資金調達が...

続きを読む

中村 洋介

中村 洋介

総合政策研究部

2018年04月09日

消え行く日本の子ども-人口減少(少子化)データを読む-わずか半世紀たたず、半減へ

58356_ext_03_0_S.jpg

少子化が叫ばれる中、多方面から人口問題に関する講演の話を頂くようになった。それくらい今の日本に住む人々にとって人口減少問題は注目の的であるということだろう...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

2018年04月06日

逆張り投資に利用される国内株パッシブ~2018年3月の投信動向~

58354_ext_03_0_S.jpg

2018年3月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、国内株式と外国株式への資金流入が続き、流入金額は共に3,000億円に迫った。バ...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年04月05日

創造都市横浜の旗艦、錨をあげる-BankART is moving

58325_ext_03_0_S.jpg

3月31日、横浜からBankART Studio NYKの灯が消えた。横浜ばかりか日本の創造都市の原点、象徴とも言える存在だった。運営母体のBankART 19...

続きを読む

吉本 光宏

吉本 光宏

社会研究部

2018年04月03日

数字の「9」は縁起の悪い数字なのかそれとも縁起の良い数字なのか-国によっても捉えられ方は異なっている-

58297_ext_03_0_S.jpg

数字の「9」について、皆さんはどんな印象を持っておられるだろうか。人それぞれ感じ方は異なっているものと思われる。今回は、この数字の「9」の捉えられ方を巡る...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2018年04月03日

「割合」と「比」と「率」-疫学では、死亡率は「率」だが、乳児死亡率は「率」ではない !?

58299_ext_03_0_S.jpg

物事の現状を観測したり、過去の出来事を調査したりする場合、ある状態の出現や発生の頻度が問題になることがある。そして、頻度が高いものは、より注意深く、観測や...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2018年03月30日

自動運転が普及したときのまちづくり-完全自動運転が普及した社会とまちづくり。その9

筆者が完全自動運転の移動サービスに最も期待することは、すべての人をあらゆる移動制約から解放することだ。クルマがなくても自由に移動できる。免許がなくても自由...

続きを読む

塩澤 誠一郎

塩澤 誠一郎

社会研究部

2018年03月30日

自動運転の普及のために大切なこと-完全自動運転が普及した社会とまちづくり。その8

58282_ext_03_0_S.jpg

そもそも完全自動運転の普及になにが重要になるのだろうか?そのためには、まず完全自動運転の前に、望ましい移動手段とは何かを考える必要がある。日頃利用している...

続きを読む

塩澤 誠一郎

塩澤 誠一郎

社会研究部

2018年03月30日

第1四半期のJリート市場は7期ぶりに国内株をアウトパフォーム~海外資金の流入が市場を下支え

58285_ext_03_0_S.jpg

2018年第1四半期のJリート(不動産投資信託)市場を振り返ると、市場全体の値動きを表わす東証REIT指数(配当除き)は概ね1,700を挟んで±50の範囲...

続きを読む

岩佐 浩人

岩佐 浩人

金融研究部

2018年03月30日

自動運転の普及を見越したまちづくり-完全自動運転が普及した社会とまちづくり。その7

58280_ext_03_0_S.jpg

現在多くの自治体が、市街地のコンパクト化に取り組んでいる。もう少し正確に言うと、現在のまちづくりの方向性は、「コンパクトシティ・プラス・ネットワーク」だ。...

続きを読む

塩澤 誠一郎

塩澤 誠一郎

社会研究部

2018年03月29日

もっと知ろう!福祉用具や介護ロボットのこと-国際福祉機器展や福祉用具のセミナーに参加してみよう-

58273_ext_03_0_S.jpg

英国の世界的な物理学者スティーヴン・ホーキング博士(76歳)が3月14日(現地時間)に亡くなった。博士は「車いすの物理学者」として世界的に知られ、難病(A...

続きを読む

青山 正治

青山 正治

社会研究部

2018年03月29日

自動運転の普及と駐車場の集約化-完全自動運転が普及した社会とまちづくり。その6

58275_ext_03_0_S.jpg

完全自動運転の普及によって、都市空間から必要なくなるものの代表選手が駐車場である。少し踏み込んでまちづくりの観点から完全自動運転の普及を見据えた駐車場のあ...

続きを読む

塩澤 誠一郎

塩澤 誠一郎

社会研究部

2018年03月29日

自動運転の普及とその道のり-完全自動運転が普及した社会とまちづくり。その5

58271_ext_03_0_S.jpg

前回、2030年頃には完全自動運転の移動サービスが社会に広く普及するだろうと予測したのであるが、それまでしばらくは、所有型とサービス型が並走するのではない...

続きを読む

塩澤 誠一郎

塩澤 誠一郎

社会研究部

2018年03月29日

AIの産業・社会利用に向けて

58276_ext_03_0_S.jpg

IoT(モノのインターネット)、ビッグデータ、AI(人工知能)、ロボットの技術的ブレークスルーを活用する「第4次産業革命」が、米国やドイツを中心に世界で進...

続きを読む

百嶋 徹

百嶋 徹

社会研究部

2018年03月28日

自動運転の普及とその時期-完全自動運転が普及した社会とまちづくり。その4

58265_ext_03_0_S.jpg

2013年8月のニュースに当時筆者は非常に驚いた。日産自動車が2020年までに複数車種において自動運転を実用化すると発表したからだ。当時の感覚では、あと7...

続きを読む

塩澤 誠一郎

塩澤 誠一郎

社会研究部

2018年03月28日

自動運転の普及とMaaS-完全自動運転が普及した社会とまちづくり。その3

58260_ext_03_0_S.jpg

自動運転を強力にサポートするのは、土木構造物としてのインフラではなく、MaaS(マース)というシステムである。これは、新たな交通インフラと言ってもよい。M...

続きを読む

塩澤 誠一郎

塩澤 誠一郎

社会研究部

2018年03月27日

多彩な小型ロボットが活躍する超高齢社会(その3)-「分身ロボット」を介して人とコミュニケーションする-

58232_ext_03_0_S.jpg

「写真-1」は、高さ21.5センチメートルの遠隔操作型の小型ロボット「OriHime(オリヒメ)」である。開発者はコミュニケーションを支援する「分身ロボッ...

続きを読む

青山 正治

青山 正治

社会研究部

2018年03月27日

自動運転の普及と都市の形-完全自動運転が普及した社会とまちづくり。その2

58235_ext_03_0_S.jpg

自動車が誕生した当時は、インフラも一緒に造る必要があった。T型フォードが生産され、自家用車の普及にあわせて、全米にハイウェイが張り巡らされていった。自家用...

続きを読む

塩澤 誠一郎

塩澤 誠一郎

社会研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

研究員の眼のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

研究員の眼のレポート Topへ