基礎研レポート

ニッセイ基礎研究所の各研究分野における研究成果を公表するレポート。

年で絞り込む

2017年11月16日

麻酔医療の現状-これからの麻酔医療は、誰に担ってもらうか?

57180_ext_03_0_S.jpg

麻酔科医は、手術に際して、患者に麻酔をかけることを、主な仕事としている。麻酔は、手術を安全に、安心して行うための前提条件であり、手術の成否を左右する重要な...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2017年11月07日

EIOPAがソルベンシーIIレビューに関する第1の助言セットを欧州委員会に提出

57069_ext_03_0_S.jpg

ソルベンシーIIに関しては、EIOPA(欧州保険年金監督局)が、欧州委員会からの要請を受けて、その見直しの検討を行っている。EIOPAは、2017年7月4...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年11月06日

若年・子育て世帯で厳しさを増す住宅負担~改正住宅セーフティネット法で負担軽減制度スタートへ~

57060_ext_03_0_S.jpg

単身の若年世帯や子育て世帯にとって、過去約20年で生活は厳しくなり、家計で大きなウェートを占める住宅費の負担が重くなっている。バブル経済崩壊後に非正規雇用...

続きを読む

坊 美生子

坊 美生子

社会研究部

2017年11月01日

資本コストから見たPBR効果2~リーマン・ショック以降、なぜ効果が見られにくくなったのか~

57026_ext_03_0_S.jpg

日本の株式市場では、低PBR銘柄への投資は高PBR銘柄へ投資するよりも、高い収益が得られる傾向があります。近年、PBR効果があまり見られなくなっていました...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2017年10月31日

都道府県別にみた最低賃金引き上げの労働者への影響

日本経済は長期にわたって景気回復が続いているが、賃金は伸び悩んでおり、個人消費の回復は緩やかなものになっている。政府としても、総雇用者所得を増加させ、経済...

続きを読む

白波瀨 康雄

白波瀨 康雄

経済研究部

2017年10月31日

アセアンにおける華人・華人企業経営(2)-アセアンにおける華人企業グループの形成・発展-

「アセアンにおける華人企業グループの形成・発展」をテーマとして、有力華人企業グループの典型例として、マレーシア最大、アセアンでも有数の富豪である華人企業家...

続きを読む

平賀 富一

平賀 富一

保険研究部

2017年10月30日

J-REIT市場の事業環境と今後の収益見通し~今後5年間の分配金レンジは▲6%~+13%の見通し~

不動産ファンダメンタルズが良好な一方で年初よりJ-REIT市場が軟調に推移している。その要因の1つに、今後不動産市況がピークアウトしJ-REITの収益が悪...

続きを読む

岩佐 浩人

岩佐 浩人

金融研究部

2017年10月24日

既存の国際秩序を揺るがす中国と身構える旧西側諸国~社会主義強国を目指す中国との共存共栄の道を探る

世界第2位の経済大国となった中国が既存の国際秩序を揺るがし始めた。2013年10月、中国の習近平国家主席は、日米が主導するアジア開発銀行(ADB)では賄い...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2017年10月20日

地域創生トレセン・フィールドワークレポート-地域創生のプレイヤー達をつなぎ、育てる取り組み

2011年の東日本大震災以降、日本の地域内および地域間の繋がりの重要性が改めて注目されてきた。地産地消や郷土料理、その地域ならではの体験など、地域の魅力発...

続きを読む

和良地 克茂
2017年10月19日

先進医療などの対象となる医療技術の変遷-30年間における新技術の定着と保険適用の拡大

公的医療保険制度においては、全国民一律の医療サービスの提供が原則とされてきたが、患者の選択肢を広げ、利便性を向上させる観点から、1984年10月、高度先進...

続きを読む

小林 雅史

小林 雅史

保険研究部

2017年10月19日

株式市場の展望と投資戦略-日経平均は2万2000円を無理なく達成へ

56894_ext_03_0_S.jpg

日経平均株価は10月13日に2万1,000円を超えた。終値で2万1,000円を回復するのは1996年11月29日以来の約21年ぶりとなる。北朝鮮問題など地...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2017年10月16日

金融政策の超長期国債金利への影響について考える-金融政策による超長期国債金利の押し下げ効果の測定

20年国債金利を「10年国債金利」と「20年国債金利と10年国債金利の差分(スプレッド)」に分解して、物価の安定目標の導入による時間軸効果も含めて、日本銀...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2017年10月05日

家族に関わる女性の不安-多様化する女性のライフコースと不安、政策にも多様性の観点を

女性のライフコースが多様化する一方、依然として家庭内の負担は妻に偏る家庭が多い。また、そもそも女性は子を生む性であるため、家族形成に関わる不安を抱えがちだ...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2017年09月28日

「人づくり革命」の財源を消費税使途変更で捻出

安倍晋三首相は9月28日臨時国会冒頭に衆院を解散した。首相は総選挙公約の目玉として2兆円規模となる「人づくり革命」を打ち出した。幼児教育の無償化や高等教育...

続きを読む

矢嶋 康次

矢嶋 康次

経済研究部

2017年09月26日

EUと米国の間の再保険規制を巡る動きについて-カバード・アグリーメントがついに署名された-

「欧州連合(EU)と米国の対話プロジェクト(EU-US Dialogue Project)」及びそこで協議されていた「カバード・アグリーメント(Covered ...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年09月25日

欧州大手保険グループの2017年上期末SCR比率の状況について-ソルベンシーIIに基づく数値結果報告-

欧州大手保険グループの2017年上半期決算の発表が8月に行われており、それに伴い、ソルベンシーII制度に基づく各種数値等も開示されている。今回は、各社の2...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年09月05日

資本コストから見たPBR効果~要因分析から今後の動向を考える~

日本の株式市場では、低PBR銘柄への投資は高PBR銘柄へ投資するよりも高い収益が得られる傾向があります(本稿ではこの傾向を「PBR効果」と呼びます)。アベ...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2017年09月01日

問題公表による他社株価への影響-持合ネットワーク構造を用いた分析

日本の企業社会に残る「株式持ち合い」を企業間ネットワークと捉え、金融機関を除く東証一部上場会社のネットワーク構造分析を実施した。ネットワーク構造分析の結果...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2017年08月31日

商業施設売上高の長期予測~少子高齢化と電子商取引市場拡大が商業施設売上高に及ぼす影響~

商業施設の売上環境は、雇用・所得環境が改善するなど、足元では明るい兆しも見られる。しかし、今後は少子高齢化や電子商取引市場拡大による下押し圧力が高まること...

続きを読む

佐久間 誠

佐久間 誠

金融研究部

2017年08月31日

子ども・高齢者ともに骨折は増加

骨折は、子ども時代と高齢期に多い。健康保険組合による2010~2016年度のレセプトデータを使って、子どもと高齢者のそれぞれについて、最近の骨折状況をみる...

続きを読む

村松 容子

村松 容子

保険研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

基礎研レポートのレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

基礎研レポートのレポート Topへ