基礎研REPORT(冊子版)

日本経済の動きから消費者動向にいたるまで幅広い題材を取り上げ、世の中の流れをタイムリーに分析する情報誌です。
(月刊:原則毎月初第5営業日)

年で絞り込む

2017年03月21日

海外発の円高リスクがくすぶる~マーケット・カルテ4月号

ドル円相場は、今月上旬に米利上げペースの加速期待からドルが買われ、一時115円台に乗せたが、15日のFOMCで利上げ加速が示唆されなかったことでドルが売ら...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2017年03月08日

始動したトランプ政権

55221_ext_03_0_S.jpg

1月20日に就任したトランプ米大統領の動向は、2017年の世界がどうなるかを左右する最大の要因だ。トランプ大統領は就任当日、前任のオバマ大統領の下で成立し...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2017年03月08日

高齢者は何歳からか?-准高齢者に求められる65歳からの“意識改革・生き方改革”

55223_ext_03_0_S.jpg

もともと65歳以上の人を「高齢者」として取り扱う通例は、確かな定義の由来は定かでないものの、1959年の国連(United Nations)の報告書において...

続きを読む

前田 展弘

前田 展弘

生活研究部

2017年03月08日

自動運転の普及と住宅-完全自動運転が普及した社会を想像する

55224_ext_03_0_S.jpg

現在、既に一部の操作を自動化した乗用車が市販されており、自動運転技術に関する話題を目にする機会が増えている。自動運転車の普及に対する消費者の期待も高まって...

続きを読む

塩澤 誠一郎

塩澤 誠一郎

社会研究部

2017年03月08日

加速する「働き方改革」。-長時間労働や残業のない社会は本当にやってくるのか?データで見る働き方改革の理由

日本政府は人口や労働力人口が継続して減少している中で、長時間労働・残業などの悪しき慣習が日本経済の足を引っ張って生産性低下の原因になっていると考え、最近、...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2017年03月08日

トランプ政権が発足-選挙公約から政策の軌道修正は不可避

トランプ大統領が選挙期間中に掲げてきた経済政策は、大きくは個人・法人に対する減税などの税制改革、インフラ投資拡大などの財政政策、金融・エネルギー関連の規制...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2017年03月08日

Jリート市場は年間6%上昇。物件取得額は過去3番目の高水準-不動産クォータリー・レビュー2016年第4四半期

10-12月期のGDP成長率は4四半期連続のプラス成長となり、住宅市場は分譲マンションを除いて堅調に推移している。東京のオフィス市場は空室率が低位で推移す...

続きを読む

岩佐 浩人

岩佐 浩人

金融研究部

2017年02月21日

春は円高に振れやすい時間帯に~マーケット・カルテ3月号

ドル円相場は膠着感が強まっている。円安誘導批判が懸念された日米首脳会談を無風で通過したものの、市場が期待するトランプ大統領の減税・インフラ投資に関する情報...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2017年02月08日

長く働ける社会-人生100年時代の働き方改革

55008_ext_03_0_S.jpg

日本の平均寿命は、明治時代には男42.8歳、女44.3歳だったが、2015年には男80.79歳、女87.05歳となった。昔は、生まれてすぐに死んでしまう子...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2017年02月08日

「年金カット法案」が示す「世代相互の思いやり」

55009_ext_03_0_S.jpg

2016年9月26日に始まった臨時国会では、野党から「年金カット法案」と呼ばれた国民年金法等改正案(2016年3月11日提出、同年12月14日成立)が注目...

続きを読む

中嶋 邦夫

中嶋 邦夫

保険研究部

2017年02月08日

GDP統計の改定で1%近くまで高まった日本の潜在成長率-ゼロ%台前半を前提にした悲観論は間違いだった?

55010_ext_03_0_S.jpg

内閣府は2016年12月に国民経済計算(GDP統計)の最新国際基準である2008SNA(従来は「1993SNA」)への対応を含む基準改定(2005年基準→...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年02月08日

最近の不妊治療について

日本産婦人科学会から、2014年に国内で行われた体外受精(顕微授精を含む)により過去最多の47,322人の新生児が誕生したと報告された。つまり、新たに生ま...

続きを読む

白水 知仁
2017年02月08日

トランプ政権が舵を取る米国経済-議会との協調体制が、成功のカギか

米国経済は、労働市場の回復を背景に個人消費主導の景気回復が持続している。16年7-9月期の実質GDP成長率は前期比年率で+3.5%と前期の+1.4%から大...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2017年02月08日

大卒女子、育休2回で生涯所得2億円!?-女性が働きやすい環境を作る重要性

政府は「女性の活躍促進」政策や「働き方改革」により、仕事と子育ての両立環境の整備を進めている。しかし、依然として、女性が働き続けることは容易ではない。都市...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2017年01月23日

トランプ大統領就任、為替相場の行方は?~マーケット・カルテ2月号

年初から、円高ドル安が進行している。トランプ新大統領の経済政策(減税やインフラ投資等)の具体的中身が出てこない一方で、保護(貿易)主義やドル高牽制と捉えら...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

基礎研REPORT(冊子版)のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

基礎研REPORT(冊子版)のレポート Topへ