ニッセイ年金ストラテジー

年金運用や年金制度など、年金に関連する情報をタイムリーに発信する情報誌です。
(月刊:毎月初旬発行)

年で絞り込む

2017年09月05日

DBとスチュワードシップ・コード

6月に閣議決定された「未来投資戦略2017-Society 5.0 の実現に向けた改革-」には、DBによるスチュワードシップ・コード受入れの促進などを通じて、...

続きを読む

2017年09月05日

最近の雇用情勢と公的年金財政への影響

新しい公的年金財政の見通しの作業が始まった。新しい見通しの作成では、前回の見通しと実績がどう乖離したかの分析が重要になる。近年の加入者の状況を見ると、高齢...

続きを読む

中嶋 邦夫

中嶋 邦夫

保険研究部

2017年09月05日

19年10月にどのようにたどり着くか~消費税をめぐる2つの論点

2%の税率引き上げと2%の物価安定目標の達成という2つの「2%」の間には、トレードオフの関係がある。両者の優先順位をめぐっては、来年の秋にかけて活発な議論...

続きを読む

中里 透
2017年09月05日

総人口の減少を緩和した国内の外国人人口の増加

国内総人口は減少幅の拡大が予測されている。2016年は26万人の減少と予測されていたが、実際には16万人の減少で収まった。その要因のひとつが外国人人口の増...

続きを読む

竹内 一雅

竹内 一雅

金融研究部

2017年08月03日

投資教育で大事なことは

昨今の日本では、「貯蓄から投資」への一環として、金融リテラシー向上の必要性が強く叫ばれている。中でも確定拠出年金制度では加入者の半数近くが預金など元本確保...

続きを読む

2017年08月03日

老後保障と企業年金(退職金)の役割期待

少子高齢化に伴い公的年金の所得代替率が低下すれば、老後保障の不足分を何らかの形で代替する必要がある。職場から支給される退職給付(企業年金・退職一時金)は、...

続きを読む

上野 雄史
2017年08月03日

NOMURA-BPI総合は年金にとって適切なインデックスなのか

株式や外債においては、時価加重平均型インデックスに対する批判が強くなっている。スマートベータの流行も、単に有効なアクティブ運用が見出せないために、代替的な...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2017年08月03日

海外金利の上昇は国内金利に影響するのだろうか?

昨年末以降、米国の利上げペースが加速している。そして、米国の金利上昇は、国内金利の上昇圧力となりうる。当面、「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」の継続が...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2017年07月05日

株主の立場からみた年金資産運用

確定給付年金は、退職給付制度のなかで、依然として中心的な役割を果たしている。年金運用は、加入者・受給者の利益を図るように安定運用を行うことが基本である。投...

続きを読む

北村 智紀

北村 智紀

金融研究部

2017年06月05日

英国政府の要望を退けた欧州連合(EU)の離脱交渉方針

EUは、英国の離脱に関する方針を公表し、将来のFTAの内容、離脱協議とFTA協議の順序、移行期間の位置づけについて、英国の要望を退けた。EU側の残る27カ...

続きを読む

伊藤 さゆり

伊藤 さゆり

経済研究部

2017年06月05日

株式市場展望~日本株が上昇基調を取り戻すカギ

16 年度の上場企業のROE は3年ぶりに改善し、17 年度もさらに改善が期待できそうだ。欧米政治や地政学リスクなど先行き不透明な中、これらのリスク・イベントを...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2017年06月05日

企業数を絞り込んだパッシブ運用が望まれる

パッシブ運用では、ポートフォリオ理論でいうマーケットとは何か、真剣に考えるべきである。アメリカでも日本でも、株式市場を代表するインデックスの上昇率に明確な...

続きを読む

川北 英隆
2017年06月05日

行く末を案じ、来し方を振り返る

4月10 日に新しい将来推計人口が発表された。少子高齢化という大きな流れは継続しているものの、前回の推計と比べて高齢化の進行度合が緩和しているのが特徴だ。2...

続きを読む

2017年05月08日

求められる年金制度体系の改善に向けた検討

今年1月、確定給付企業年金制度に、掛金拠出の平準化を可能とするリスク対応掛金やDBとDCの中間的な特性を有するリスク分担型企業年金が導入された。確定拠出年...

続きを読む

2017年05月08日

猫も杓子も、門前に市をなすのは、投資の基本に反する

日本銀行によるイールドカーブコントロールでも、引続き、短い年限の国債はマイナス利回りのままにある。国内債投資による利回り獲得を期待できないことから、様々な...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2017年05月08日

SDGs達成に向けて投資家が果たす役割と責任

2015年9月にSDGsが公表されたことを契機に、企業セクターはより積極的に社会的課題の解決に向けた取り組みが求められるようになっている。しかし日本企業の...

続きを読む

加賀谷 哲之
2017年05月08日

アセットタイプ別に見た減価償却費と資本的支出の水準

利益を全額分配するJ リートにおいて、建物などの減価償却費は貴重な内部財源であり、内部留保した現金は不動産価値を高めるための資本的支出に再投資される。以下で...

続きを読む

岩佐 浩人

岩佐 浩人

金融研究部

2017年04月05日

不確実性の高まりに如何に備えるか

米国でトランプ政権が誕生して2カ月強が経過したが、新政権で実施される政策は依然として不透明だ。他方、欧州では英国のEU離脱交渉が動き出しつつあり、フランス...

続きを読む

2017年04月05日

株式の低リスク効果について考える

この数年、リスクを抑えることでポートフォリオの効率性が改善するという、低リスク効果を狙った、株式ポートフォリオが注目を集めている。低リスク効果の理由には諸...

続きを読む

臼杵 政治
2017年04月05日

予想インフレ率の上昇と運用資産への影響

昨年後半から、トランプ氏の大統領選勝利やFRBによる利上げ等をきっかけに世界的に予想インフレ率が上昇しており、日本にもその影響が及んでいる。日本銀行による...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

ニッセイ年金ストラテジーのレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ニッセイ年金ストラテジーのレポート Topへ