ニッセイ年金ストラテジー

年金運用や年金制度など、年金に関連する情報をタイムリーに発信する情報誌です。
(月刊:毎月初旬発行)

年で絞り込む

2018年04月04日

実効性のある政策的資産構成割合に向けて

58256_ext_03_0_S.jpg

4月から原則として全ての確定給付企業年金(DB)で、政策的資産構成割合の策定が義務付けられる。従来、努力義務とされ、政策的資産構成割合が策定されていないD...

続きを読む

2018年04月04日

確定給付型年金と行動経済学上のバイアス

58257_ext_03_0_S.jpg

確定拠出型と同様に、確定給付型年金にも行動経済学の成果が応用できる。運用責任者や運用委員会のメンバーが、資産配分やマネージャーの選択における、行動経済学が...

続きを読む

臼杵 政治
2018年04月04日

マイナス金利が常態化した短期金融市場と現預金への影響

58258_ext_03_0_S.jpg

2016 年1 月末のマイナス金利政策の導入後より、日本の短期金融市場ではマイナス金利の状況が常態化しており、その背景として民間金融機関による日銀当座預金を用...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2018年04月04日

キャッシュ・フローが日本株式の上値を重くする可能性も

58259_ext_03_0_S.jpg

日本株式は昨秋から上昇傾向を強めていたが、1 月下旬から2月中旬に調整した。調整した背景には、キャッシュ・フローの拡大が緩やかで割高感があったことも挙げられ...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年03月05日

なぜ賃金上昇の実感が乏しいか

57982_ext_03_0_S.jpg

安倍首相は経済団体首脳に対して、今年も賃金の3%アップを要請したと言う。業績好調な企業が賃上げを行うことは、ステークホルダーである従業員への還元という意味...

続きを読む

2018年03月05日

「働き方改革」と企業年金

57983_ext_03_0_S.jpg

「働き方改革」は労働法制の話であり、企業年金は関係ない――と思ったら大きな間違いである。企業年金が実質的には労働条件の一部である以上、改革の目玉の一つであ...

続きを読む

森戸 英幸
2018年03月05日

平成30年度税制改正について

57984_ext_03_0_S.jpg

平成30年度税制改正大綱は、昨年末に与党が公表し、閣議決定を経て、現在、国会審議に進んでいるところである。年金関係では、公的年金等控除が縮小(増税)される...

続きを読む

安井 義浩

安井 義浩

保険研究部

2018年03月05日

「気候関連財務情報開示タスクフォースによる提言」を巡る動き

57985_ext_03_0_S.jpg

昨年公表された「気候関連財務情報開示タクスフォースによる提言」が、開示制度上どう扱われるかは未だ不明確だ。政府が経済の好循環実現に向けて、投資家と企業の対...

続きを読む

江木 聡

江木 聡

金融研究部

2018年02月05日

アルファを生み出すために

57714_ext_03_0_S.jpg

運用機関評価の時期が近づいてきた。2017年は世界的に成長株や小型株が高い収益率をあげるなど、アクティブ・マネージャー間の成績格差はなくなっていない。そう...

続きを読む

2018年02月05日

これからの年金運用を展望する

57715_ext_03_0_S.jpg

日本銀行の金融緩和政策に対して、緩和内容の一部変更を期待する声が高まっている。しかし、仮に金利が少し上昇したとしても、10年国債利回りの水準が現在の0.1...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2018年02月05日

財政安定化に向けたリスク対応掛金設定の検討

57716_ext_03_0_S.jpg

株価上昇や円安の進展により、確定給付企業年金の平均的な積立状況は数年前に比べ大きく改善している。足もとの積立状況は、20年に一度の頻度で発生が見込まれる積...

続きを読む

梅内 俊樹

梅内 俊樹

金融研究部

2018年02月05日

「スプレッド」(期待運用収益率‐割引率)の上昇の意味

57717_ext_03_0_S.jpg

企業年金に関する学術研究では、母体企業の株主の利害の観点から、経営者が保険数理上の諸仮定の操作を通じて、裁量的に企業年金財政に影響を及ぼす行動をとる可能性...

続きを読む

柳瀬 典由
2018年01月09日

公的年金の給付水準低下と長寿に備える制度の検討

57483_ext_03_0_S.jpg

受給者が死亡するまで年金を受け取れる終身年金は、自分が想定した以上に長生きした場合に、金融資産が枯渇して生活水準を落とさざるを得ないリスク(長寿リスク)に...

続きを読む

2018年01月09日

次期公的年金改革の論点

57484_ext_03_0_S.jpg

公的年金の財政検証が行われる年まで、あと1年となった。並行して検討される次期年金改革では、パート労働者へのさらなる適用拡大などの積み残されていた課題が論点...

続きを読む

中嶋 邦夫

中嶋 邦夫

保険研究部

2018年01月09日

続かなかったバリュー株相場

57485_ext_03_0_S.jpg

日本の株式市場では、2016 年後半にバリュー株相場になった。ただ、長くは続かず2017年の春以降は再びグロース株優位が続いている。バリュー株相場になった要...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年01月09日

中国経済の成長率は2018年6.5%、2019年6.2%と予想

57486_ext_03_0_S.jpg

17年の中国経済の成長率は、個人消費の好調を背景として7年ぶりに前年の伸びを上回る見込みだが、今後は景気対策(金融緩和による住宅販売促進、小型車減税、イン...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2017年12月05日

年金は保険なのか、資産形成の手段なのか

57249_ext_03_0_S.jpg

生命保険会社の提供する年金は一種の生存保険と考えられ、実際に、個人向け商品は年金保険で、企業との契約は企業年金保険である。また、公的年金でも、厚生年金につ...

続きを読む

2017年12月05日

確定拠出年金と親和性が高いロボ・アドバイザーツール

57250_ext_03_0_S.jpg

近年、様々なロボ・アドバイザーツール、通称ロボアドが提供されてきている。ロボアドとはインターネット上でポートフォリオを提案してくれる新しいサービスである。...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2017年12月05日

2018年の株式市場展望 ~日経平均2万5,000円も視野に

57251_ext_03_0_S.jpg

2017年後半の日本株市場は、日経平均株価が1996 年以来の水準を回復するなど急速に活況となった。今後も世界的に堅調な景気と緩やかな円安進行が日本企業の業...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2017年12月05日

地球温暖化と企業の環境パフォーマンス

57253_ext_03_0_S.jpg

地球温暖化の鮮明化、ESG投資の広がりを背景に企業の環境パフォーマンス(CEP)に注目が集まっている。最近の研究によればCEPが高い企業は低い資本コストを...

続きを読む

佐々木 隆文

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

ニッセイ年金ストラテジーのレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ニッセイ年金ストラテジーのレポート Topへ