ニッセイ基礎研所報

経済分析や投資手法の専門分野から、国民生活に直結した生活関連分野にいたるまで、幅広い領域をカバーする研究誌です。

年で絞り込む

2016年07月13日

利益調整に関する財務指標に着目した信用リスク分析-「粉飾」に起因した企業倒産の予見は可能か?

帝国データバンクの『2014年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査』によれば、日本においてコンプライアンス違反 に起因した企業倒産が増加傾向にある。特に...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2016年07月12日

急増する訪日外国人のホテル需要と消費支出-2014年の訪日外国人旅行者数は前年比+29%増、外国人延べ宿泊者数は同+34%増、消費額は同+43%増で2兆円を突破

訪日外国人旅行者数の急増に伴い、ホテルや消費における外国人の存在感が高まっている。2014年の訪日外国人旅行者数は前年比+29.4%の増加で、国内ホテルの...

続きを読む

竹内 一雅

竹内 一雅

金融研究部

2016年07月11日

ギリシャ危機2015-緊迫の3週間を振り返る

2015年夏、ギリシャ情勢は、予想を大きく超える劇的な急展開を辿った。以下に15年6月下旬から7月中旬まで、事態の変化に応じて執筆した4本のレポートを時系...

続きを読む

伊藤 さゆり

伊藤 さゆり

経済研究部

2016年07月08日

中国経済-静かに進む〝抜本的改革″

2015年の中国経済を振り返ると、経済成長率は実質で前年比6.9%増と2014年の同7.3%増から0.4ポイント低下、中国では経済成長率が緩やかに鈍化して...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2016年07月07日

消費税率引き上げの総決算-景気は想定外の悪化も、企業収益、税収は好調

2014年4月に消費税率が5%から8%に引き上げられてから1年以上が経過し、2014年度の実績値がほぼ出揃った。本稿では消費税率引き上げによる日本経済への...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2016年07月06日

北イタリアのまちづくり事例に学ぶ公共空間活用の重要性

一昨年の2月7日から2月19日にかけて、北イタリアのフィレンツェ、ボローニャ、フェラーラ、ヴェネツィア(本島及びメストレ地区)、ヴィアレッジョなどの5都市...

続きを読む

篠原 二三夫

篠原 二三夫

社会研究部

2016年07月05日

地域アーツカウンシル-その現状と展望

本稿は2015年5月に「基礎研レポート」に発表したものである。その後、地域アーツカウンシルに関して、文化庁は「平成28年度文化芸術振興費補助金」の「文化芸...

続きを読む

吉本 光宏

吉本 光宏

社会研究部

2016年06月30日

健康経営とジェロントロジー~従業員の退職後までを視野に入れた健康経営を

「健康経営」という言葉を近年よく見聞きするようになった。本年1月には経済産業省より「健康経営銘柄2016」選定企業として25社が発表されたことが記憶に新し...

続きを読む

前田 展弘

前田 展弘

生活研究部

2016年06月29日

人材育成における3つのジレンマー「優先順位」「配分」「同質性」にどう向き合うか

日本の大企業は、新卒一括採用における競争力も高く、採用時点では企業が求める人材を相対的に確保しやすいはずである。また、日本の大企業においては、効果的・継続...

続きを読む

松浦 民恵

松浦 民恵

生活研究部

2016年06月28日

医薬品・医療機器の現状 2015年度総まとめ

少子高齢化と財政赤字の拡大が進む中で、社会保障制度の改革が必要とされている。特に、医療制度・介護制度の見直しにより、医療費・介護費を抑制することと、高齢化...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2016年06月27日

米国「長寿年金」の動向-適格長寿年金契約(QLAC)に関する税制の確定を受け、401(k)、IRA等、年金プランからの投資が期待される-

米国では、ベビーブーマー世代(1946年~1964年生まれ)の退職が近づくにつれ、退職後の生活資金が枯渇する人が多く出るのではないかとの懸念が高まった。そ...

続きを読む

松岡 博司

松岡 博司

保険研究部

2016年06月24日

2015年度生保決算の概要

2015年度の全社の保険業績を概観する。生命保険協会加盟41社全社(昨年度から1社減少)が決算を公表したが、41社合計では、新契約高は2.1%増加、保有契...

続きを読む

安井 義浩

安井 義浩

保険研究部

2016年06月24日

マイナス金利政策を考える

日本銀行は、2016年1月29日に開催された金融政策決定会合で「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」の導入を決定した。これは、2013年4 月に導入した「量...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2015年07月03日

私立大学のスリム化はなにをもたらすか

■要旨現在、少子化対策としてさまざまな国家政策が打ち出されているが、18歳人口は依然として減少傾向にあり、将来的には大学への進学を希望する人口も現在より縮...

続きを読む

小原 一仁
2015年07月03日

巻き起こる格差議論~ピケティ「21 世紀の資本」の意味~

■要旨フランスの経済学者トマ・ピケティが出版した「21世紀の資本」が注目を集めている。この本の指摘で格差問題に気がついたというよりは、人々が感じていた格差...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2015年07月03日

2014年末の株価予想、的中までの軌跡

■要旨2014年12月末の日経平均株価は17,450円で終えた。一方、筆者が14年末の株価を最初に予想したのは年初14年1月8日付けレポートで述べた17,...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2015年07月03日

東京の外国人人口

■見出しはじめに1. 東京の外国人口2. 全国と東京における外国人人口3. 東京の国籍別外国人人口4. 東京の市区別・国籍別外国人人口5. 東京の外国人の年齢別人口6...

続きを読む

竹内 一雅

竹内 一雅

金融研究部

2015年07月03日

消費税増税における「認知ラグ」の影響

■要約1997年以来17年ぶりに消費税増税が実施された。消費税増税を巡っては,駆け込み需要の反動減を懸念する見方が多く示されている。この背景には,「駆け込...

続きを読む

日本大学経済学部教授 小巻 泰之
2015年07月03日

消費増税及び相続税強化による住宅市場への影響-市場に多大な影響を及ぼさない課税のあり方を模索すべき

■見出し1―はじめに2―1997年増税前後の住宅市場 (1) 住宅着工総戸数の推移と社会経済情勢 (2) 駆け込みと反動減の把握 (3) 持家・貸家・分譲住宅における...

続きを読む

篠原 二三夫

篠原 二三夫

社会研究部

2015年07月03日

顕著な政策効果を発揮するアベノミクスの設備投資減税政策-「生産性向上設備投資促進税制」の考察

■見出し1―はじめに2―生産性向上設備投資促進税制の概要 1│生産性向上設備投資促進税制の特徴 2│A類型とB類型のスキーム概要と違い3―生産性向上設備投資促...

続きを読む

百嶋 徹

百嶋 徹

社会研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

ニッセイ基礎研所報のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ニッセイ基礎研所報のレポート Topへ