ニッセイ基礎研所報

経済分析や投資手法の専門分野から、国民生活に直結した生活関連分野にいたるまで、幅広い領域をカバーする研究誌です。

年で絞り込む

2017年07月21日

通貨スワップ市場の変動要因について考える-通貨スワップの市場環境が与えるヘッジコストへの影響

通貨スワップとは、米ドルや円といった異なる通貨のキャッシュフローを交換する取引のことである。通貨スワップは1年以上の比較的長期で取り組まれることが通例であ...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2017年07月20日

マイナス金利政策による市場変化と成長-巨大な買い手の存在が金融市場の機能を低下させているか

日本銀行は2016年1月29日の金融政策決定会合において、マイナス金利付き量的・質的金融緩和の導入を決定し、即日、公表した。金融機関等が日本銀行に有してい...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2017年07月19日

中国経済-過剰債務問題の本質と展望

中国の過剰債務が世界経済を揺るがすのではないかとの懸念が高まっている。中国の債務残高を国際決済銀行(BIS)の統計で確認すると、金融セクターが非金融セクタ...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2017年07月18日

近づく英国の国民投票-経済的コストへの警鐘が相次いでも落ちないEU離脱支持率

16年6月23日の欧州連合(EU)からの残留か離脱かを問う国民投票は、離脱支持51.9%、残留支持48.1%という結果に終った。世論調査は、拮抗していた。...

続きを読む

伊藤 さゆり

伊藤 さゆり

経済研究部

2017年07月14日

ゼロ%台前半からゼロ%台後半に上振れした日本の潜在成長率

2016年8月に「日本の潜在成長率は本当にゼロ%台前半なのか」を執筆した当時、日本の潜在成長率はゼロ%台前半まで低下しているというのがコンセンサスだった。...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年07月13日

エンゲル係数の上昇を考える

エンゲルの法則は、家計の所得水準が高いほど生活費(消費支出)に占める食費(食料)の割合が低いというものだ。19世紀のドイツの統計学者、エルンスト・エンゲル...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2017年07月12日

進化を続けるリバースモーゲージとヴィアジェ~超高齢社会に向けた英米仏のチャレンジ~

通常の住宅融資の場合、物件の担保評価に基づく融資限度額の範囲内で資金を借入れ、その後は毎月の元利返済に応じて借入残高は減少する。このように融資後に時間の経...

続きを読む

篠原 二三夫

篠原 二三夫

社会研究部

2017年07月11日

東京2020文化オリンピアードへの期待-ロンドン2012大会文化オリンピアードを支えた3つのマークの考察から

2016年7月に本レポートを発表した後、東京2020文化オリンピアードについて様々な進展があった。2016年10月7日にはキックオフイベントとして「幕開き...

続きを読む

吉本 光宏

吉本 光宏

社会研究部

2017年07月10日

大学卒女性の働き方別生涯所得の推計-標準労働者は育休・時短でも2億円超、出産退職は△2億円。働き続けられる環境整備を。

「女性の活躍促進」政策により、仕事と子育ての両立環境の整備が進められている。しかし、依然として、女性が働き続けることは容易ではない。都市部では保育園待機児...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2017年07月07日

今なぜ働き方改革が進んでいるのだろうか?-データで見る働き方改革の理由

日本政府は人口や労働力人口が継続して減少している中で、長時間労働・残業などの悪しき慣習が日本経済の足を引っ張って生産性低下の原因になっていると考え、最近、...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2017年07月06日

金融リテラシーは向上しているか-優先すべきは消費者視点に基づくチャネルの位置づけの再考

金融庁金融研究センターに設置された「金融経済教育研究会」が2013年4月に取りまとめ、公表した「金融経済教育研究会報告書」を踏まえて同年6月に金融広報中央...

続きを読む

井上 智紀

井上 智紀

生活研究部

2017年07月05日

ますます巨大化する米国の大手医療保険会社-国民に医療保障を届ける唯一無二の存在へ-オバマケアの帰趨に左右されない強さ

ビル・クリントン氏が大統領に就任した1993年、ファーストレディとなったヒラリー・クリントン氏は、ホワイトハウスの西館に執務室を構え、厚生、財務、商務、労...

続きを読む

松岡 博司

松岡 博司

保険研究部

2017年07月04日

救急搬送と救急救命のあり方

日本では、高齢化が進んでいる。2025年には、団塊の世代(1947~49年生まれ)が全て75歳以上となり、後期高齢者医療制度に加入する。現在、医療・介護制...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2017年07月03日

トランプ新大統領の誕生-リーダー無き世界の到来

2016年の大統領選挙では、共和党のトランプ候補が民主党のクリントン候補を破り、米国大統領に就任した。トランプ氏は「米国第一」を掲げて選挙を戦い、今後は、...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2017年06月30日

2016年度生命保険会社決算の概要

2016年度の全社の保険業績を概観する。生命保険協会加盟41社全社が、5月までに決算公表したが、41社合計では、新契約高は2.4%増加、保有契約高は0.1...

続きを読む

安井 義浩

安井 義浩

保険研究部

2016年07月13日

利益調整に関する財務指標に着目した信用リスク分析-「粉飾」に起因した企業倒産の予見は可能か?

帝国データバンクの『2014年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査』によれば、日本においてコンプライアンス違反 に起因した企業倒産が増加傾向にある。特に...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2016年07月12日

急増する訪日外国人のホテル需要と消費支出-2014年の訪日外国人旅行者数は前年比+29%増、外国人延べ宿泊者数は同+34%増、消費額は同+43%増で2兆円を突破

訪日外国人旅行者数の急増に伴い、ホテルや消費における外国人の存在感が高まっている。2014年の訪日外国人旅行者数は前年比+29.4%の増加で、国内ホテルの...

続きを読む

竹内 一雅

竹内 一雅

金融研究部

2016年07月11日

ギリシャ危機2015-緊迫の3週間を振り返る

2015年夏、ギリシャ情勢は、予想を大きく超える劇的な急展開を辿った。以下に15年6月下旬から7月中旬まで、事態の変化に応じて執筆した4本のレポートを時系...

続きを読む

伊藤 さゆり

伊藤 さゆり

経済研究部

2016年07月08日

中国経済-静かに進む〝抜本的改革″

2015年の中国経済を振り返ると、経済成長率は実質で前年比6.9%増と2014年の同7.3%増から0.4ポイント低下、中国では経済成長率が緩やかに鈍化して...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2016年07月07日

消費税率引き上げの総決算-景気は想定外の悪化も、企業収益、税収は好調

2014年4月に消費税率が5%から8%に引き上げられてから1年以上が経過し、2014年度の実績値がほぼ出揃った。本稿では消費税率引き上げによる日本経済への...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

ニッセイ基礎研所報のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ニッセイ基礎研所報のレポート Topへ