Weekly エコノミスト・レター

少子・高齢化による人口減少社会の到来、経済活動のグローバル化、経済政策・金融政策の転換といった変革期において、世界規模で経済動向は変化しており、様々な情報が日々飛びかっています。この「Weeklyエコノミスト・レター」の一覧では、日米欧だけでなく、中国や新興国の経済・金融の動向分析や注目点、ニッセイ基礎研独自の予測手法をもとにした経済見通しなどを、タイムリーにお伝えするレポートです。
(原則毎週金曜日)

最新経済見通し


年で絞り込む

2017年11月24日

中国経済見通し~成長率は18年6.5%、19年6.2%と鈍化するものの心配は御無用!

57247_ext_03_0_S.jpg

中国国家統計局が公表した17年1-9月期の国内総生産(GDP)は59兆3288億元(日本円換算では約1000兆円)となり、実質成長率は前年比6.9%増と1...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2017年11月17日

ECBの緩和縮小-景気拡大でも慎重姿勢の3つの理由-

57192_ext_03_0_S.jpg

ユーロ圏の景気拡大が続いている。実質GDPは7~9月期まで4四半期連続で前期比年率2%を超えている。EUの欧州委員会は「2017年秋季経済予測」でユーロ圏...

続きを読む

伊藤 さゆり

伊藤 さゆり

経済研究部

2017年11月17日

税制改革実現は依然不透明-下院共和党案は本会議で可決も、税制改革実現は上院の動向が鍵

57193_ext_03_0_S.jpg

上下院過半数の支持だけで税制改革を可能にする、財政調整指示を盛り込んだ18年度予算決議が可決したことを受けて、上下院共和党主導で税制改革案の策定作業が進ん...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2017年11月16日

2017~2019年度経済見通し(17年11月)

57179_ext_03_0_S.jpg

2017年7-9月期の実質GDPは前期比年率1.4%と7四半期連続のプラス成長となったが、民間消費、住宅投資が7四半期ぶりに減少するなど、家計部門は弱い動...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年11月15日

QE速報:7-9月期の実質GDPは前期比0.3%(年率1.4%)-外需主導で7四半期連続のプラス成長

57177_ext_03_0_S.jpg

2017年7-9月期の実質GDPは、前期比0.3%(年率1.4%)と7四半期連続のプラス成長となった(当研究所予測10月31日:前期比0.4%、年率1.5...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年11月02日

不動の日銀、次の見どころは?~金融市場の動き(11月号)

57054_ext_03_0_S.jpg

昨年9月以降、日銀金融政策は現状維持が続いており、市場で大きく材料視されることも無くなった。ただし、今後1年程度を見据えた場合、注目点は数多く存在する。政...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2017年10月31日

2017年7-9月期の実質GDP~前期比0.4%(年率1.5%)を予測

11/15に内閣府から公表される2017年7-9月期の実質GDPは、前期比0.4%(前期比年率1.5%)と7四半期連続のプラス成長になったと推計される。4...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年10月27日

税制改革実現に一歩前進-財政調整指示を盛り込んだ予算決議が可決。税制改革実現に一歩前進も、紆余曲折を予想

10月より新会計年度がスタートしたが、現在は12月8日を期限とする暫定予算で凌ぐ状況が続いている。10月26日に予算の大枠を決める予算決議が漸く上下両院で...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2017年10月27日

中国経済:17年のこれまでを総括した上で18年の注目ポイントを探る

2017年1-9月期の国内総生産(GDP)は59兆3288億元(日本円換算では約1000兆円)となった。実質成長率は前年比6.9%増と16年通期の同6.7...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2017年10月20日

欧州通貨基金(EMF)構想と欧州預金保険スキーム(EDIS)

欧州連合(EU)の改革の議論が本格化している。ユーロ制度改革は、EU改革の重要テーマの1つであり、今年5月の欧州委員会の考察文書には、2025年のユーロ制...

続きを読む

伊藤 さゆり

伊藤 さゆり

経済研究部

2017年10月13日

中期経済見通し(2017~2027年度)

世界経済は緩やかな回復が続いているが、労働需給が引き締まる中でも賃金、物価上昇率は依然として低水準にとどまっている。今後10年間の平均成長率は先進国では過...

続きを読む

経済研究部
2017年10月10日

ドル円、115円突破の条件~金融市場の動き(10月号)

今年に入って、ドル円レートは概ね110円から115円のレンジでの一進一退の推移が続いている。市場の先々の米利上げ観測が後退し、米長期金利が低迷したためだ。...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2017年10月02日

日銀短観(9月調査)~大企業製造業の景況感は10年ぶりの高水準、先行きは幅広く悪化

日銀短観9月調査では、注目度の高い大企業製造業の業況判断D.I.が22と前回6月調査比で5ポイント上昇し、4四半期連続で景況感の改善が示された。D.I.の...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2017年09月29日

中国経済:景気指標の総点検(2017年秋季号)~党大会前の現状確認と開催中に公表のGDP予想

最近の金融マーケットを概観すると、株価は景気の持ち直しと世界的な株高を背景にじり高、人民元は基準値設定方法の変更やユーロ高を受けて反転上昇、住宅価格はその...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2017年09月22日

【アジア・新興国】東南アジア・インドの経済見通し~底堅い消費と回復が遅れていた投資の復調で安定成長へ

東南アジア5カ国およびインド経済は国毎にバラつきがあるものの、輸出の好調と底堅い消費を支えに堅調な景気が続いている。輸出は昨年後半から電子製品や農産物など...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2017年09月15日

日銀短観(9月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は1ポイント上昇の18と予想

9月調査短観では、大企業製造業で4四半期連続での景況感改善が示されると予想する。大企業非製造業も底堅い景況感が確認されると見込んでいる。前回6月調査以降の...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2017年09月11日

米国経済の見通し-消費主導の景気回復持続も、当面ハリケーンの影響や、米国内政治状況などで経済は流動的

米国の4-6月期成長率(前期比年率)は、+3.0%(前期:+1.2%)と前期から伸びが加速。設備投資の好調に加え、前期に不振であった個人消費が復調し、消費...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2017年09月08日

2017・2018年度経済見通し~17年4-6月期GDP2次速報後改定

2017年4-6月期の実質GDP(2次速報)は設備投資の下方修正を主因として1次速報の前期比1.0%(年率4.0%)から前期比0.6%(年率2.5%)へと...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年09月08日

欧州経済見通し-ユーロ圏では自律的回復続く-

ユーロ圏経済の回復の裾野が着実に広がっている。今後は、拡大ペースはやや鈍化するが、緩和的な金融環境と中立的な財政政策に支えられた内需主導の自律的な成長は続...

続きを読む

伊藤 さゆり

伊藤 さゆり

経済研究部

2017年09月01日

導入から1年、イールドカーブ・コントロールの評価~金融市場の動き(9月号)

昨年9月21日に日銀がイールドカーブ・コントロールを導入して、もうじき一年が経過しようとしている。この一年を振り返ってみると、同政策の導入が発表された際に...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

Weekly エコノミスト・レターのレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

Weekly エコノミスト・レターのレポート Topへ